不動産を高値で売却するためには物件をきれいにすることが重要です

 

不動産を売りたいという人の希望は様々なのですが、多くの場合には「とにかくできるだけ早く売りたい」か、あるいは「時間がかかってもかまわないのでできるだけ高く売りたい」のいずれかになるようです。

 

いずれの場合にも売買を成立させるためには戦略が必要になるのですが、「早く売りたい」のか「高く売りたい」のかによって、実際の戦略は変わってくることになるのです。今回はそれぞれの方針に応じた売却戦略について、さらに詳しく確認してみたいと思います。

 

不動産を「早く売りたい」場合にはどうすればよいのでしょうか?

不動産の世界には「売れない不動産はない」という格言があります。これは不動産がなかなか売れない場合には価格設定が高すぎることが原因であり、逆に市場価格よりも安い価格を設定すればすぐに買い手が見つかるということを意味しているのです。

 

不動産を早く売りたいのであれば、価格についてはある程度の妥協をすることが必要です。市場価格などをしっかりと調査して、相場よりも割安な価格を設定すれば早期の売却を実現することができるはずです。

 

不動産を「高く売りたい」場合にはどうすればよいのでしょうか?

逆に不動産を高く売りたいという場合には、買主を見つけることが難しくなります。買主は様々な物件を比較検討することができますので、売却希望価格が割高だと判断されると買主からは敬遠されてしまうのです。不動産を高く売りたいのであれば、まずは販売力や集客力に優れた不動産業者に売買の仲介を依頼することが必要になります。

 

優秀な不動産業者には様々なネットワークがありますので、売主の希望に合致する買主が見つかりやすくなるはずです。また売りに出してもなかなか買い手が見つからないという場合には、値引きなどを検討することが必要になるかもしれません。実際になかなか問い合わせのなかった物件を値引きしてみると、急に問い合わせが増加したというケースなども多いようです。

 

「すぐに高値で売る」ことはなかなか難しいようです

不動産の売主としては「すぐに高値で売れる」ことが理想なのですが、現実にはなかなかそうはいかないようです。実際には事前に「高く売りたい」のか「早く売りたい」のかの方針を決めて、これに応じた売却希望価格を設定することが必要になります。高く売りたいのであればまずは高めの売却希望価格を設定して、買主の反応を見ながら少しずつ値段を下げる方法などを検討してみてください。

 

ある程度の値引きを行うことを前提として、最初から若干高めの価格を設定するという方法などもあるようです。また早く売りたいのであればできるだけ安い価格を設定することを検討してみてください。相場よりも割安な価格を設定すれば多くの人に興味を持ってもらうことができますので、早期の売却を実現するために有利になるはずです。

 

売却の方針に応じた適切な戦略を検討しましょう

今回は不動産を高値で売りたい場合や早く売りたい場合の売却戦略についてご紹介しました。主な内容をまとめてみると以下のとおりとなります。

 

  • 価格を高く設定すると買主を見つけることが難しくなります
  • 妥協をして価格を安くすれば買主を見つけやすくなります
  • 売却の方針に合わせて適切な戦略を検討してみてください

 

高値ですぐに不動産が売れたのであれば、それは単に「運が良かった」ということなのです。不動産の売却を成功させるためには、売却の方針に合わせた適切な戦略が必要になります。たとえば値引きのタイミングなどについても、売却の方針に応じて検討をしてみてください。

 

できるだけ高値で売りたいのであれば売却希望価格を高めに設定して、買主の反応を見ながら値引きのタイミングを考えることになります。一方でできるだけ早めに売りたいのであれば、最初からできるだけの値引きをした安い価格を提示するようにすれば、すぐに買主が見つかるかもしれません。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら