不動産の売却の際には「早く売りたいのか」「高く売りたいのか」で戦略を変えましょう

 

様々な事情で自宅などの不動産を売却することを検討している人などもいるかもしれません。苦労して手に入れたマイホームを売却するのであれば、やはりできるだけ高値で売却したいと考えるのが自然なことです。不動産をできるだけ高値で売却したいのであれば、物件をできるだけキレイな状態にすることを心がけるようにしましょう。

 

新築とは異なり、中古物件はそれぞれの状態が1件ごとに異なります。物件をキレイにすることにより買主に好印象を与えることができれば、それだけ高値での売却が実現する可能性が高くなるのです。今回は物件をキレイにすることが売買価格に与える影響などについて、さらに詳しく確認してみたいと思います。

 

売却を希望する物件はキレイにしましょう

不動産の売買交渉を有利に行うためには、売却を希望する物件をキレイにすることが重要なポイントになります。さらに物件をキレイな状態にして買主に引き渡すことは不動産売買の基本的なマナーになりますので、マナー違反をしないようにくれぐれも注意をしてください。物件をキレイにするといっても本格的なリフォームを行うことなどは予算の面で難しいかもしれませんが、手軽なハウスクリーニングなどは是非とも実行したいものです。

 

水周りなどの汚れは大きな減点項目になります

室内のインテリアなどに汚れがあると、物件の価値を大きく損なうことになります。特に重要なのは水周りです。水周りに大きな問題があると家の価値そのものに大きな影響を及ぼしますし、それが理由で買主からは価格の引き下げを請求されるかもしれません。水周りの黒ずみやタバコによる壁紙のヤニ汚れなどは大きな減点項目になりますので、高値での売却を希望するのであればしっかりとクリーニングを行うようにしてください。

 

見た目の印象は売買価格に大きな影響を及ぼします

中古住宅には決まった価格などは存在しません。売り手と買い手による需要と供給のバランスが一致した時点で売買が成立しますので、正確な売買価格を予想することはプロである不動産業者であっても難しいのです。ただし中古住宅の場合には買主の印象は物件の見た目に大きく左右されることになりますので、特に物件に一目でわかるような汚れなどがあると高値での売却は難しくなってしまうのです。

 

物件の買い手がなかなか見つからない場合には値引きを検討することも一つの方法なのですが、ハウスクリーニングをある程度の費用をかけて行うことで買い手が見つかりやすくなることなどもあるようです。

 

プロにハウスクリーニングを依頼することも検討してみましょう

今回は物件をキレイにすることが売買価格に与える影響などについて確認してみましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容をまとめてみると以下のとおりです。

 

  • 物件をキレイにすれば売買交渉を有利に行うことができます
  • 水周りを中心にインテリアのクリーニングを行いましょう
  • ある程度の費用をかけてハウスクリーニングを行えば買い手が見つかりやすくなります

 

物件の本格的なリフォームなどを行う必要はありませんが、最低限でも原状回復基本的なハウスクリーニングを行うことを心がけてください。目に付く場所を中心にクリーニングを行うようにしましょう。最も気になるのは水周りの汚れです。特にトイレ浴室キッチンなどについては重点的にクリーニングを行ってください。

 

自分でクリーニングを行ってもかまわないのですが、予算に余裕があればプロにハウスクリーニングを依頼することも検討してみましょう。ある程度の費用がかかったとしても、物件をキレイにすれば買主に好印象を与えることができますので、それだけ高値での売却が成立する可能性が高くなります。物件をキレイにすれば売買交渉を有利にすすめることができるのです。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら