相続した不動産の名義人を変更する方法

不動産を相続しても、名義人を変更しなければ、売却することはできません。そのため、相続した不動産の名義人を、被相続人から相続人に変更することになります。これを「相続登記」といいます。そこで今回は、相続登記とは何か、手続きの方法について、お話ししたいと思います。

 

相続登記って何?いつまでにしなければならないの?

相続登記とは、遺産として相続した不動産の名義を、被相続人から相続人に名義変更することをいいます。実は、相続登記には期限が設けられておらず、名義変更しないで放置しても、罰則規定があるわけではありません。

 

ですが、相続人が複数いて、相続する遺産が不動産しかなかった場合、相続登記をして権利を確定しておかないと、将来的に相続人間でもめる原因になることが多いのです。

 

そのため、相続人全員で遺産分割協議を行い、不動産を相続する場合には、きちんと相続登記をしておく必要があります。

 

それは、全員の同意がなければ不動産を勝手に売却することもできませんし、相続人の誰かが亡くなったことでその子どもに不動産が相続される権利を有するからです。また、不動産を担保に借り入れをする際にも、相続登記が済んでいなければ、金融機関の手続きを進めることはできません。

 

相続登記の方法とは?

では、相続登記の方法について、まとめておきましょう。相続登記を行うときにはまず、所有権を確認するために、登記事項証明書(登記簿謄本)を入手します。

 

次に、相続人を確定するため、被相続人の戸籍謄本や除籍謄本、改製原戸籍謄本など、戸籍関係書類を入手します。そして、相続人全員で遺産分割協議を行い、遺産分割協議書を作成します。その際には、相続人全員の印鑑証明書などを用意する必要があります。

 

すべての書類が揃ったら、相続登記の申請書類を作成し、法務局へ提出します。個人で相続登記を行うことはできますが、不備なくスピーディーに手続きを進めたいなら、司法書士に依頼するのがおすすめです。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら

関連ページ

相続した不動産を放置した場合固定資産税ってどうなるの?
相続した不動産を放置したら資産価値はどうなるの?
相続した不動産を放置していると権利を失ってしまうって本当?
相続した不動産を売却するベストなタイミングとは?
相続した不動産を売却する前に遺産分割方法について知っておこう
相続した不動産を売却する前に相続税はどのように評価されるのか知っておこう
相続した不動産を売却する方法とは?不動産会社に頼んだ場合
相続した不動産を売却するのに不動産コンサルティング会社を使う場合
相続した不動産を売却する時に不動産一括査定サイトを利用すると便利
相続した不動産を売却するには遺産分割協議が必要
相続した不動産を売却するために仲介業者に依頼する方法とは?
相続した不動産を売却するための方法とは?
相続した不動産を売却するために必要な手続きの確定申告と納税方法とは?
相続した不動産を売却する際にかかる費用 印紙税とは
相続した不動産を売却する際にかかる費用 仲介手数料と消費税
相続した不動産を売却する際にかかる費用 取得費とは
相続した不動産を売却する際にかかる費用 譲渡費用と譲渡所得税
相続した不動産を売却する際にかかる税金のこと 相続税と申告期限
相続した不動産を売却する際にかかる税金 税金の計算方法