不動産を相続したときの遺産分割方法とは?

遺産の相続人が残された配偶者しかいない場合は、相続にトラブルが起こることはありません。ですが、相続する遺産が不動産しかなく、相続人が複数いる場合は、トラブルを避けるために「遺産分割協議書」を作成する必要があります。そこで今回は、不動産を複数の相続人が相続した場合の遺産分割方法について、お話ししたいと思います。

 

遺産分割って何?どんな手続きが必要なの?

被相続人が遺言書を残さずに亡くなってしまった場合、残された遺産は相続人全員の共有財産となります。それをどう分割するのかを、相続人全員で話し合い、分配を決める必要があります。

 

もし、相続した遺産が不動産しかなく、複数の相続人がいる場合には、後々のトラブルを避けるため、遺産分割によって、それぞれの相続人の単独所有にしておく方がよいのです。というのも、相続した不動産が共有名義になっている場合、その相続人全員の同意が必要となります

 

そして、その相続人の中の誰かが死亡すると、そのひとの取り分はその相続人全員に受け継がれます。その結果、いざ不動産の売却を行おうと思った際に、全員の同意が得られないなど、新たなトラブルを生む可能性が高くなるのです。

 

そして、遺産分割を行う方法には「遺産分割協議」「遺産分割調停」「遺産分割裁判」があります。遺産分割協議は、相続人間で話し合いを行い、遺産分割協議書を作成するという方法です。

 

遺産分割調停とは、相続人間の話し合いで結論が出なかったときに、家庭裁判所で遺産分割調停や審判の手続きを行うことをいいます。それでも決着しなかった場合には、遺産分割審判に自動的に移行し、裁判で争われることになります。

 

遺産が不動産しかない場合の遺産分割方法とは?

相続する遺産が不動産しかない場合には、3つの遺産分割方法があります。

 

相続した遺産を共有名義にする

まず、相続した遺産を共有名義にすることです。建物を分割することはできませんが、不動産の持ち分を分割することはできます。ですが、売却にあたっては相続人全員の同意が必要なこと、共有相続人の誰かが亡くなった場合に死亡した共有者の相続人が持ち分を相続しますので、より売却しにくくなってしまうというデメリットがあります

 

相続人の1人が相続して他の人に清算する

次に、相続人の1人が不動産を相続し、ほかの相続人に対して金銭的な清算を行うことです。相続人によって法定相続分が決まっていますので、相続した不動産の資産評価額に基づいて、取り分に見合うだけの現金を、不動産の相続人が支払うのです。お金が用意できること、資産の評価額の算出方法に、相続人全員が納得することが前提となる方法です。

 

相続した不動産を売却する

最後は、相続した不動産を売却し、その持ち分に見合った現金の分配を行うことです。その際には、売却のために相続登記をしなければなりません。

 

どの方法がよいのかは、相続人の考えによります。当事者間で話し合いがうまく進まないときには、司法書士や弁護士に相談してみましょう。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら

関連ページ

相続した不動産を放置した場合固定資産税ってどうなるの?
相続した不動産を放置したら資産価値はどうなるの?
相続した不動産を放置していると権利を失ってしまうって本当?
相続した不動産を売却するベストなタイミングとは?
相続した不動産を売却する前に相続税はどのように評価されるのか知っておこう
相続した不動産を売却する方法とは?不動産会社に頼んだ場合
相続した不動産を売却するのに不動産コンサルティング会社を使う場合
相続した不動産を売却する時に不動産一括査定サイトを利用すると便利
相続した不動産を売却するには遺産分割協議が必要
相続した不動産を売却するためには不動産の名義人の変更が必要に!
相続した不動産を売却するために仲介業者に依頼する方法とは?
相続した不動産を売却するための方法とは?
相続した不動産を売却するために必要な手続きの確定申告と納税方法とは?
相続した不動産を売却する際にかかる費用 印紙税とは
相続した不動産を売却する際にかかる費用 仲介手数料と消費税
相続した不動産を売却する際にかかる費用 取得費とは
相続した不動産を売却する際にかかる費用 譲渡費用と譲渡所得税
相続した不動産を売却する際にかかる税金のこと 相続税と申告期限
相続した不動産を売却する際にかかる税金 税金の計算方法