不動産の相続税はどんなふうに評価されるのか

税制が改正され、2015年1月より、相続税の負担が重くなっています。そして、相続する財産が不動産しかないケースも多々あります。そこで、不動産の相続税に関わる評価額について、お話ししておきましょう。

 

相続税って何?支払う義務を負うのは?

そもそも相続税とは、遺産を相続した相続人が得た財産に対してかかる税金のことをいいます。相続税の対象になるのは、預貯金や不動産、有価証券といった財産だけでなく、借入金や未納の税金も含まれます。

 

そのため、すべての財産を引き継ぐ「単純承認」、債務の支払い責任を財産の範囲内にとどめる「限定承認」、すべての財産を引き継がない「相続放棄」が選択できます

 

相続税は、遺産を相続した相続人全員が納税義務を負います。そして、相続で得た遺産は不労所得になるので、税率が高く設定されています。ですが、相続税には基礎控除があり、それを超える分しか課税対象になりません。

 

基礎控除とは、

 

  • 3000万円+600万円×法定相続人の人数

 

で求められます。

 

相続人には相続順位があり、被相続人の配偶者は常に相続人となります。第1順位は養子を含めた子どもで、子どもが死亡している場合はその子どもである孫が相続します。第2順位は親で、子どもがいない場合に相続の権利を得ます。

 

すでに親が死亡し、その親である祖父母がいる場合は、祖父母が相続します。子どもも親もいないときには、第3順位の兄弟姉妹が相続人となります。被相続人の兄弟姉妹が亡くなって、その子どもがいる場合には甥や姪が相続します。

 

相続税に関わる不動産の評価額の算出方法

相続税額を算出するときには、すべての相続財産の総額から基礎控除を引き、そこに相続税率をかけて計算します。ですが、中には相続する財産が不動産ということもあります。その場合は、不動産の評価額を算出する必要があります。

 

土地の評価額は、「路線価方式」か「倍率方式」で算出します

 

路線価方式

路線価がある土地は路線価方式で算出されるので、

 

  • 路線価(千円/平方メートル)[毎年改定] × 面積(平方メートル)× 補正率

 

で計算します。その際、角地や二法道路、散歩王道路、不整形地、京証宅地などの場合は、特別な補正が行われます。

 

倍率方式

路線価のない土地の場合は、倍率方式で算出します。

 

  • 固定資産税評価額 [3年に1度改定] × 国税局長が地域毎に定める倍率[毎年改定]
 

 

で計算します。そして、路線価方式でも倍率王式でも、算出された金額の80%が評価額となることが多いです。

 

一方の建物の評価額は、固定資産税評価額と同額になります。この固定資産税評価額は3年ごとに改定されます。この不動産の評価額から基礎控除額を引けば、課税対象額がわかります。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら

関連ページ

相続した不動産を放置した場合固定資産税ってどうなるの?
相続した不動産を放置したら資産価値はどうなるの?
相続した不動産を放置していると権利を失ってしまうって本当?
相続した不動産を売却するベストなタイミングとは?
相続した不動産を売却する前に遺産分割方法について知っておこう
相続した不動産を売却する方法とは?不動産会社に頼んだ場合
相続した不動産を売却するのに不動産コンサルティング会社を使う場合
相続した不動産を売却する時に不動産一括査定サイトを利用すると便利
相続した不動産を売却するには遺産分割協議が必要
相続した不動産を売却するためには不動産の名義人の変更が必要に!
相続した不動産を売却するために仲介業者に依頼する方法とは?
相続した不動産を売却するための方法とは?
相続した不動産を売却するために必要な手続きの確定申告と納税方法とは?
相続した不動産を売却する際にかかる費用 印紙税とは
相続した不動産を売却する際にかかる費用 仲介手数料と消費税
相続した不動産を売却する際にかかる費用 取得費とは
相続した不動産を売却する際にかかる費用 譲渡費用と譲渡所得税
相続した不動産を売却する際にかかる税金のこと 相続税と申告期限
相続した不動産を売却する際にかかる税金 税金の計算方法