相続した不動産を売却する方法を教えて

相続した不動産を売却するためには、物件の相場を知り、物件に関する資料を揃え、査定を依頼し、売却を依頼する仲介業者を決め、媒介契約を締結します。その後、売却希望価格を決定して、買い主を探し始めるわけですが、依頼先は不動産会社とは限りません。

 

最近は、不動産コンサルティング会社に仲介を依頼するひとが増えているからです。そこで今回は、不動産会社と不動産コンサルティング会社、それぞれに仲介を依頼する方法について、お話ししたいと思います。

 

不動産会社に依頼する方法

一般的には、相続した不動産の売却の仲介は、不動産会社に依頼するものです。その場合は、相続登記から不動産会社の選定まで、相続人が行う必要があります。不動産は高額商品なので、信頼できる不動産会社を見つけるために、複数の会社に査定をお願いするのがセオリーです。

 

不動産会社にも、大手で広告をたくさん売ってくれるところもあれば、中堅でも地元に密着しそのエリアに特化した購入希望者情報をもっているところに依頼する方がよいケースもあり、媒介契約を取り交わすまでに時間がかかることも珍しくないようです。

 

不動産コンサルティング会社に依頼する方法

一方の不動産コンサルティング会社は、不動産の売却だけでなく、その活用方法の提案や不動産投資のアドバイスまで、幅広い業務を手掛けています

 

そして、不動産コンサルティング会社にもいろいろな特色があり、司法書士や弁護士と組んで相続登記から売却まで、さまざまな手続きを請け負ってくれるところもあります。

 

相続人が複数いる場合などは、司法書士と不動産会社別々に手続きを依頼するより、すべてを引き受けてくれる不動産コンサルティング会社に依頼する方がよいと考えるひとが増えているようです。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら

関連ページ

相続した不動産を放置した場合固定資産税ってどうなるの?
相続した不動産を放置したら資産価値はどうなるの?
相続した不動産を放置していると権利を失ってしまうって本当?
相続した不動産を売却するベストなタイミングとは?
相続した不動産を売却する前に遺産分割方法について知っておこう
相続した不動産を売却する前に相続税はどのように評価されるのか知っておこう
相続した不動産を売却する方法とは?不動産会社に頼んだ場合
相続した不動産を売却するのに不動産コンサルティング会社を使う場合
相続した不動産を売却する時に不動産一括査定サイトを利用すると便利
相続した不動産を売却するには遺産分割協議が必要
相続した不動産を売却するためには不動産の名義人の変更が必要に!
相続した不動産を売却するために仲介業者に依頼する方法とは?
相続した不動産を売却するために必要な手続きの確定申告と納税方法とは?
相続した不動産を売却する際にかかる費用 印紙税とは
相続した不動産を売却する際にかかる費用 仲介手数料と消費税
相続した不動産を売却する際にかかる費用 取得費とは
相続した不動産を売却する際にかかる費用 譲渡費用と譲渡所得税
相続した不動産を売却する際にかかる税金のこと 相続税と申告期限
相続した不動産を売却する際にかかる税金 税金の計算方法