印紙税って何?どのタイミングで支払うの?

相続した不動産を売却する時点で、いくつかの税金を納めなければなりません。今回は、その一つである「印紙税」とは何か、どんな方法で納めるのか、納税金額について、お話しします。

 

印紙税とは?どうやって納税するの?

印紙税とは、相続した不動産の売買契約書を作成する際にかかる税金です。売買契約書に記載される売却金額に応じて金額が定められており、収入印紙を購入し貼り付けます。

 

相続した遺産が1万円未満の場合、印紙税は非課税となります。また、相続した不動産の売買契約を成立させるために作成された文書であれば、文書の名称が違っても課税対象となります。

 

印紙税の金額と軽減措置について

印紙税の金額は以下の通りです。ただし、平成30年3月31日までは印紙税額に軽減措置がありますので、その両方を記載しておきます。参考にしてみてください。

 

印紙税の税率
売買契約書に記載された契約金額 本来の税率 軽減税率
1万円から10万円以下のもの 200円 200円(軽減なし)
10万円を超え50万円以下のもの 400円 200円
50万円を超え100万円以下のもの 1,000円 500円
100万円を超え500万円以下のもの 2,000円 1,000円
500万円を超え1,000万円以下のもの 10,000円 5,000円
1,000万円を超え5,000万円以下のもの 20,000円 10,000円
5,000万円を超え1億円以下のもの 60,000円 30,000円
1億円を超え5億円以下のもの 100,000円 60,000円
5億円を超え10億円以下のもの 200,000円 160,000円
10億円を超え50億円以下のもの 400,000円 320,000円
50億円を超えるもの 600,000円 480,000円

登録免許税って何?どのタイミングで支払うの?

相続した不動産を売却する際に支払う税金の中に、「登録免許税」があります。今回は、登録免許税とは何か、その計算方法について、お話しします。

 

登録免許税とは?その計算方法は?

相続した不動産を売却したいなら、まず相続人に所有権移転登記をしなければなりません。これを「相続登記」といい、その際に「登録免許税」がかかります

 

不動産を相続した場合の登録免許税は、以下のようになっています。

 

  • 固定資産税評価額×0.4%

 

つまり、固定資産税評価額が2000万円の不動産を相続すると、登録免許税は8万円かかる計算になります。固定資産税評価額は、毎年市区町村から送付される固定資産税の納税通知書で金額を確認する科、市役所で固定資産税評価証明書を取得することでわかります。

 

司法書士の手数料がかかることもある

相続登記は相続人本人が行うことができますが、相続登記のためには亡くなったひとの戸籍証明書を揃えなければならないなど、かなりの手間がかかります。

 

そのため、迅速に相続登記を行いたいなら、司法書士に依頼することをおすすめします。司法書士に相続登記を依頼した場合は、証明書を取得吸うための実費や交通費なども含め、登録免許税とは別に、手数料として5〜10万円支払うのが一般的です。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら

関連ページ

相続した不動産を放置した場合固定資産税ってどうなるの?
相続した不動産を放置したら資産価値はどうなるの?
相続した不動産を放置していると権利を失ってしまうって本当?
相続した不動産を売却するベストなタイミングとは?
相続した不動産を売却する前に遺産分割方法について知っておこう
相続した不動産を売却する前に相続税はどのように評価されるのか知っておこう
相続した不動産を売却する方法とは?不動産会社に頼んだ場合
相続した不動産を売却するのに不動産コンサルティング会社を使う場合
相続した不動産を売却する時に不動産一括査定サイトを利用すると便利
相続した不動産を売却するには遺産分割協議が必要
相続した不動産を売却するためには不動産の名義人の変更が必要に!
相続した不動産を売却するために仲介業者に依頼する方法とは?
相続した不動産を売却するための方法とは?
相続した不動産を売却するために必要な手続きの確定申告と納税方法とは?
相続した不動産を売却する際にかかる費用 仲介手数料と消費税
相続した不動産を売却する際にかかる費用 取得費とは
相続した不動産を売却する際にかかる費用 譲渡費用と譲渡所得税
相続した不動産を売却する際にかかる税金のこと 相続税と申告期限
相続した不動産を売却する際にかかる税金 税金の計算方法