不動産売却で高く売りたいなら!これだけは知っておくべき!

住宅を売り出してみてもなかなか買い手が見つからないという場合には、売却希望価格が高すぎることが原因かもしれません。宣伝や広告などに積極的に取り組んでみても買い手が見つからないのであれば、売却希望価格の見直しを検討してみましょう。

 

いくら魅力的な物件であっても、売却希望価格が高すぎれば買い手を見つけることは難しくなります。以前のバブル期であれば住宅を売りに出せばすぐに買い手が見つかったのですが、現在では経済状況の変化などにより住宅の買い手が見つかりにくくなっているのです。

市場価格を把握して物件を適切な価格で販売しよう

住宅の購入を検討している買い手は、インターネットを活用して住宅の市場価格を確認しています。不動産価格の相場は誰でも簡単に調べることができますので、相場よりも割高な売却希望価格を設定してしまうと買い手からは敬遠されてしまうことになるのです。売り手の側もインターネットを活用して、不動産価格の相場をしっかりと確認するようにしてください。適切な売却希望価格を設定して販売活動に取り組むようにすれば、住宅の買い手が見つかりやすくなるはずです。

 

住宅は多くの人にとって、一生に一度の大きな買い物です。そのため買い手の側は売り手が考える以上に、住宅の購入については慎重に考えています。買い手は購入を検討する住宅については、特に住宅の安全性や、周辺環境などの条件を重視しているようです。

 

安全性については近年の大震災の影響などもあり、耐震性能の高い住宅が人気を集めています。また周辺環境については、駅までの距離や近所にスーパーや公園などがあるかどうかを確認する買い手が多いようです。さらに高齢者には、病院に近いことなどが人気の条件となっています。

 

希少価値の高い物件は高値で売ることも可能に!

住宅の実際の売却価額については、売り手と買い手の合意により決定されることになります。売り手は住宅をできるだけ高値で売却したいと考えていますし、一方で買い手は住宅をできるだけ安値で購入したいと考えていますので、最終的な価格は需要と供給の関係で決まるのです。

 

供給が少ない希少価値の高い住宅であれば、売り手は高値での売却を期待することができます。一方で同じような住宅が複数売り出されている場合には買い手が有利になりますので、売り手は値引きなどを検討することが必要になるのです。

 

今回は「なんで売れない?問い合わせ止まりになる理由は物件の価格設定」「買主が注目する物件は安全性や周辺環境の良さ」「希少価値が高い物件ほど高値での売却できる可能性が大きい」などの項目についてご紹介しますので、住宅を高値で売却するための参考として活用してみてください。

 

お問い合わせは来るのに売れない理由はここ!のカテゴリー内容
  • なんで売れない?問い合わせ止まりになる理由は物件の価格設定
  • 不動産を売り出してみてもなかなか買主が見つからないという場合には、設定された売却希望価額が高すぎるのかもしれません。買主は売主が考えている以上に物件の価格を厳しくチェックしていますので、売却希望価額が高すぎると購入を敬遠されてしまうことになります。

     

    バブル期には高価な住宅を気軽に購入する人が多かったのですが、現在は高価な住宅にはそれに見合うだけの現実的な価値が必要とされています。また大掛かりな修理やリフォームが必要な住宅なども買主からは敬遠されてしまうことになりますので、ある程度の費用をかけて修理をしてから販売することを検討してみてください。

     

    >>なんで売れない?問い合わせ止まりになる理由は物件の価格設定の詳細はこちら

     

  • 買主が注目する物件は安全性や周辺環境の良さ
  • 住宅の購入を検討する買主は、物件の安全性や周辺環境の良さなどの条件を重視しています。住宅の見た目よりも機能にこだわる買主が多く、耐震性能の高い住宅が高い人気を集めているのです。大震災などの影響もあって、安全で安心して暮らせる住宅を購入したいと考える買主が増えています。

     

    さらに周辺環境の良し悪しも重要な条件であり、特に公園や学校や病院などの近くの物件が人気を集めています。一方でお墓や葬祭場やごみ処理施設などの近くの物件は買主に敬遠されてしまうことが多くなりますので、売却のためにはある程度の値下げを検討することが必要になるかもしれません。

     

    >>買主が注目する物件は安全性や周辺環境の良さの詳細はこちら

     

  • 希少価値が高い物件ほど高値での売却できる可能性が大きい
  • 中古住宅に決まった価格はありませんので、実際の売却価額は売主と買主の合意により成立することになります。具体的には需要と供給の関係が大きく影響するため、希少価値が高く購入希望者が多い人気の物件であれば高値での売却を期待することができるのです。

     

    例えば首都圏の人気エリアの物件や新規の建築が制限されているエリアの物件については、中古であっても新築に近い価格での売却が期待できますし、新築よりも高値で売却できる場合などもあるようです。物件の売却価額について詳しく知りたいという人は、まずは不動産業者に売却を希望する物件の査定を依頼してみてください。

     

    >>希少価値が高い物件ほど高値での売却できる可能性が大きいの詳細はこちら

一括査定ランキング

一括査定ランキングはこちら

住宅を売却するために販売活動に積極的に取り組んでいるのに、なかなか売買契約を成立させることができず悩んでいるという売り手が多いようです。積極的に広告や宣伝などを行っても買い手が見つからないという場合には、価格設定が高すぎることが原因かもしれません。相場と比較して価格設定が高すぎれば、いくら良い物件であっても売却を成立させることは難しいのです。今回は住宅の適正な価格設定について、さらに詳しく確認をし...

買い手は住宅の購入を検討する際に、様々な条件をチェックしています。住宅は買い手にとって一生に一度の大きな買い物になりますので、売り手が考える以上に買い手は物件を詳細に確認しているのです。中でも買い手が気にすることが多いのが、住宅の安全性や周辺環境などの条件です。近年では耐震性能に優れた安全性の高い住宅が人気を集めていますし、さらに周辺環境に優れた住宅を希望する人などが増えているようです。今回は住宅...

住宅の実際の売却価額は、売り手と買い手の合意により決まることになります。売り手はできるだけ高い値段で住宅を売却したいと考えていますし、一方の買い手はできるだけ安い値段で住宅を購入したいと考えているのです。売り手は売却希望額を自由に設定することができるのですが、契約の成立そのものを決定する権利は買い手の側にあります。希少な物件であれば購入希望者が多くなり高値での売却が期待できるのですが、逆に希少価値...