住宅ローンの申し込み時に団体信用生命保険(団信)の加入を勧められる理由

住宅ローンの借り入れをする際に、ほとんどのひとが団体信用生命保険(団信)に加入しています。団体信用生命保険(団信)に加入することで、住宅ローンの名義人とその家族、貸し出しをしている金融機関それぞれにメリットがあります。そこで、団体信用生命保険(団信)に加入するメリットと選び方のポイントについて、お話ししたいと思います。

 

団体信用生命保険(団信)の内容と加入のメリットについて

団体信用生命保険(団信)とは、借入期間が長期にわたることを考慮して、住宅ローンの名義人である債務者が死亡あるいは高度障害に陥ったときに、その残債分が金融機関に保険金として支払われることで免責される、住宅ローン専用の保険商品のことをいいます。

 

住宅金融支援機構の「フラット35」など一部の住宅ローンを除き、金融機関で借り入れをする際には、団体信用生命保険(団信)の加入が条件になっています。

 

団体信用生命保険(団信)に加入するメリットの筆頭は、住宅ローンの名義人が死亡や高度障害になっても、その家族に返済義務が及ばないことです。また、金融機関にとっても貸し倒れのリスクを回避できるというメリットがあります

 

そして、団体信用生命保険(団信)加入が住宅ローンの借り入れ条件になっている金融機関の場合は、その保険料は金利に含まれています。「フラット35」のように、団体信用生命保険(団信)の加入が任意になっている住宅ローンの場合は、別途保険料を支払わなければなりません。

 

団体信用生命保険(団信)の種類と選び方のポイント

団体信用生命保険(団信)の保障内容の基本は、「死亡」と「高度障害」です。ですが近年は、住宅ローンの名義人が病気になった際にもカバーしてもらえる、特約付きの団体信用生命保険(団信)に申し込むひとが増えています

 

死亡と高度障害に加え、がん・脳卒中・急性心筋梗塞にかかった場合の保障がつく「三大疾病保障付団体信用生命保険(団信)」をはじめ、三大疾病保障に高血圧性疾患・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変という4つの疾患もカバーしてくれる「七大疾病保障付団体信用生命保険(団信)」、七大疾病保障付団体信用生命保険(団信)に慢性膵炎を加えた疾病や疾患をカバーしてくれる「八大疾病保障付団体信用生命保険(団信)」などがあります。当然、カバーする範囲が広がれば、それだけ保険料は高くなります。

 

そして、保険料の支払い方法もさまざまです。通常の団体信用生命保険(団信)の場合は、保険料分を金利に上乗せするのが一般的です。また、金融機関が費用を負担してくれることもあります。

 

保障内容が厚くなれば住宅ローンの金利がさらに上乗せされますし、フラット35を借りた場合は、住宅ローンの名義人が別途保険料を支払わなければなりません。そうした条件を考慮して、どの団体信用生命保険(団信)に加入するかを検討しておくことが大事です。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら