低金利時代に不動産売却が有利になるメカニズム

低金利の時代は、不動産の売り手にとっても大きなチャンスです。日本においてはここしばらくは低金利の状況が継続しているのですが、金利が低いということは住宅の売却を検討している人にとっても有利な条件になります。多くの人にとって住宅は人生で最大の買い物であり、住宅を現金一括で購入できる人は一部に限られますので、住宅の購入を検討する際には住宅ローンの金利を含めた支払総額で判断することが必要になるのです。

 

金利が低ければ住宅ローンの支払いの負担が減少しますので、買い手は積極的に中古住宅や中古マンションなどの購入を検討することができます。住宅の買い手が増えて住宅価格が上昇することは、結果的に売り手にとっても有利だといえるのです。

 

都市部と地方では二極化傾向が強まっている

ただし一方では、「現在の不動産相場はミニバブルである」という意見などもあります。不動産業界全体の取引総額は2014年において5兆円を超えたのですが、これについては実際には株高や円高ドル安などの経済要因が大きく反映しているようです。

 

都市部においては不動産価格は大きく高騰しているのですが、逆に地方においては不動産価格の下落が続いています。不動産価格の好調は一部の地域に限られたことであり、実際には都市部と地方とで不動産価格の格差が大きくなる、いわゆる「二極化」の傾向が強まっているのです。このような傾向については、今後さらに強まっていくことが予想されています。

 

将来高値で売却できる物件は高品質な住宅!

現在の日本には、およそ700万件の空き家があるとされています。特に地方においては空き家の増加が顕著であり、単純に数だけで判断すればすでに需要を満たすことができる、十分な数の住宅が供給されているといえるのです。

 

買い手は資金があれば余裕を持って必要な住居を探すことができますので、今後の不動産市場においては住宅の数を増やすことではなく、住宅の品質を高めていくことが必要とされています。買い手の希望に応えることができる高品質な住宅であれば、将来において高値での売却を期待することができるはずです。

 

今回は「土地購入を検討する人が多くなる低金利時代は家を売るのに有利」「好条件の物件探しが高まってきている」「不動産価格の高騰は都市部の物件に限られています!」などの項目についてご紹介しますので、低金利を活かして住宅を上手に売却するための参考として活用してみてください。

 

今がチャンス!低金利時代は家売却に有利のカテゴリー内容
  • 土地購入を検討する人が多くなる低金利時代は家を売るのに有利
  • 住宅は多くの人にとって高価な買い物になりますので、購入の際には住宅ローンを利用することが一般的です。住宅ローンを利用した場合には借入金額に利息を加えた金額を返済することになりますので、設定された金利条件は返済の負担に大きく影響することになります。

     

    現在は低金利の時代であり、これは売主にとっても大きなチャンスだといえるでしょう。金利が低ければ住宅ローンの返済の負担が軽くなりますので、多くの人たちが住宅の積極的な購入を検討することになります。住宅の需要が増えればその分だけ、住宅を高値で売却できる可能性が高くなるのです。

     

    >>土地購入を検討する人が多くなる低金利時代は家を売るのに有利の詳細はこちら

     

  • 好条件の物件探しが高まってきている
  • 近年では空き家の割合が増加しており、特に地方では空き家の割合が全体の10%を超えているというデータなどもあります。また地方都市では新規住宅の建設が活発化していますので、これらにより住宅全体の供給量が増加しているのです。

     

    住宅の取引は需要と供給の関係で成立しますので、空き家の増加や新規住宅の建築などによる供給の増加は住宅の価格を低下させることになります。買主は豊富な選択肢の中から最適な物件をじっくりと選ぶことができるのですが、一方の売り手は値引きなどを検討することが必要になるかもしれません。

     

    >>好条件の物件探しが高まってきているの詳細はこちら

     

  • 都市部と地方の不動産価格の違い
  • 現在は不動産のミニバブルであり、特に首都圏において物件の取引が活発化しています。不動産の取引総額は2014年において5兆円を超えたのですが、これは株高や円安ドル高などの状況を反映したものであり、特に海外投資家による投資目的の物件購入が増加しています。

     

    ただしこのような状況は一部の都市部に限られており、不動産の価格は都市部では大幅に上昇しているのに対して、地方では下落が続いているのです。日本においてはいわゆる二極化の傾向が強く、都市部と地方との不動産価格の格差が拡大しているのです。

     

    >>都市部と地方の不動産価格の違いの詳細はこちら

一括査定ランキング

一括査定ランキングはこちら

現在の低金利で金余りの状況は、住宅の売却を希望する人にとっては最高のチャンスだといえるでしょう。中古住宅や中古マンションを売却する際には、金利が低いことが有利になります。住宅の購入を希望する人の大半は住宅ローンを利用することになりますので、低金利で利息の負担が少なくなればより積極的に購入を検討する人が増加するのです。購入を希望する買い手が増えれば、住宅の売却を検討している売り手にとっても有利になり...

現在の日本には、空き家が700万軒以上存在するといわれています。住居の数そのものは十分ですから、お金さえあれば住居に困るということはありません。単純に数だけで判断すれば、すでに必要な住居は十分だということなのです。今後の不動産市場においては住宅の数を増やすことよりも、住宅の質を高めるということが重要になります。高品質で買主の希望に応えることができる住宅であれば、それだけ高値での売却が期待できるので...

不動産相場は現在ミニバブルの状態であるとされています。2014年には不動産の取引総額が5兆円を超えたのですが、これは円安ドル高や株高などの経済状況を大きく反映したものであり、現在の好調がこれからどの程度継続するのかに多くの注目が集まっているのです。ただしこのような状況は一部に限られたものであり、都市部では不動産価格が大幅に上昇しているのに対して、地方では逆に不動産価格は下落を続けています。不動産の...