超低金利時代は家を売りたい人には大きなチャンスです

 

現在の低金利で金余りの状況は、住宅の売却を希望する人にとっては最高のチャンスだといえるでしょう。中古住宅や中古マンションを売却する際には、金利が低いことが有利になります。

 

住宅の購入を希望する人の大半は住宅ローンを利用することになりますので、低金利で利息の負担が少なくなればより積極的に購入を検討する人が増加するのです。購入を希望する買い手が増えれば、住宅の売却を検討している売り手にとっても有利になります。今回は低金利が住宅販売に及ぼす影響について、さらに詳しく確認してみたいと思います。

 

低金利の時代は不動産の売り手にとっても有利になります

住宅を購入する際に、現金一括で全額を支払うことができる人は少ないようです。ほとんどの人の場合には、住宅を購入する際には住宅ローンを活用することになります。そのため住宅購入の際には住宅の販売価格だけでなく、さらに住宅ローンの金利を含めた支払総額により購入を検討することが必要になるのです。金利の条件や審査の条件などが金融緩和により有利になればそれだけ購入希望者が増加することになりますので、不動産の需要の増加に伴って物件価格の高騰が期待できることになります。

 

低金利の時代は不動産の売り手にとっても大きなチャンスなのです。ただし買い手の一部には「物件の価格が高騰しているから、住宅の購入は価格が安くなるまで控えるようにしよう」と考える人などもいるようです。近年新築物件の在庫が特に都市部で過剰気味となっているのは、このような考えの人が増えていることなどが理由となっているようです。

 

売却のタイミングは販売のプロである不動産業者に相談をしましょう

不動産を売却するタイミングについては、経験が豊富な不動産業者に相談することをおすすめします。知識が豊富なプロに相談をすれば、適切なアドバイスを受けることができるはずです。住宅の購入については非常に熱心に研究する人が多いのですが、その一方で住宅の売却については無頓着であったり、あるいはいくらでもいいから売ってしまいたいなどと考える人が多くなっています。しかしせっかくの良い物件を安売りしてしまうのは、やはりもったいないといえるでしょう。

 

担当者の実力が実際の売却価額を大きく左右することになります

住宅の売却価格は売主と買主の合意により成立するのですが、実際には売主と買主の間を仲介する不動産業者の担当者の実力が大きく影響することになります。担当者の力量により売却価額は大きく変動することになりますし、 実際に売却価額に300万円〜500万円程度の違いが発生することなども多いのです。

 

現在は仲介手数料の割引などを行う業者が人気を集めているのですが、トータルで考えれば物件をできるだけ高値で売却してくれる不動産業者に依頼をすることが最もお得になります。売り手の希望に近い価格で物件を売ってくれるのが、売主にとって良い担当者だといえるのです。

 

不動産業者を選ぶためには不動産一括サイトの活用が役立ちます

今回は低金利が住宅販売に及ぼす影響について確認してみましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容を簡単にまとめてみると、以下のとおりとなります。

 

  • 低金利は住宅の買い手だけでなく売り手にとっても大きなチャンスです
  • プロである不動産業者に売却のタイミングを相談してみましょう
  • 実際の売却価額は担当者の実力により大きく変動することになります

 

たとえ仲介手数料割引などのサービスを受けることができたとしても、売却価額が安くなってしまえば意味がありません。ある程度の仲介手数料を支払ったとしても、物件を高額で売却できる不動産業者を選ぶことがトータルでは有利になるのです。不動産業者を選択する際には、売主の立場で売主の希望に合わせて販売計画などを提案してくれる業者を選ぶようにしてください。

 

良い不動産業者を探すためには、インターネットの不動産一括査定サイトの活用がおすすめです。複数の不動産業者にまとめて見積もりを依頼することができますので、それぞれの業者の見積もり額や対応などを手軽に比較・検討することができるのです。また住宅ローンや各種の税金などに詳しい不動産業者を選ぶことも、有利な選択方法だといえるでしょう。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら