引渡し時にやらなくてはならないこと、支払わなくてはならないことのまとめ

いよいよ不動産の引渡し。このときにやらなくてはならないこと、支払わなくてはならないことがいくつかあります。チェックしてみましょう。

 

残代金の決済、所有権移転登記の履行

買主から売主に対して残代金が支払われます。もしも買主が住宅ローンを使うならこのタイミングで実行。決済が完了したら次は売主から買主に領収書、そして所有権移転登記に必要な書類一式を渡します。

 

もしも抵当権が残っている物件なら、このときに同時に抵当権抹消登記も申請されることになります。基本的に司法書士にお願いする形になり、同じタイミングで報酬を支払います。報酬額は各司法書士によって異なりますが、目安は5000円〜1万円前後。事前に確認して用意しておきます。

 

公租公課等の精算

固定資産税や都市計画税、管理費などを精算します。固定資産税は日割り精算するのが一般的で、売主・買主の双方が支払う慣例。精算金を受け取ったら領収書を買主に渡しておきましょう。

 

その他の必要なものを引渡し

物件の鍵や付帯設備の保証書・説明書、実測図、建築関係書類など必要になるものを買主に引渡しましょう。

 

最近ではきちんと必要なものを引き渡したことを証明する『引渡し確認書』を作成するケースもあります。万全を期すなら用意しておいたほうが良いかもしれません。

 

仲介手数料の支払い

無事に引渡しが終わったら媒介契約を結んだ不動産会社に全ての仲介手数料を支払います。領収書を受け取ったら引渡しの全てが完了です。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら