どの媒介契約にするか悩んだら専任媒介契約を選ぶのが良い?各媒介契約のメリット・デメリットのまとめ

不動産会社と契約することを『媒介契約』といいます。要するに「不動産売却の仲介をお願いします」という契約です。この契約を交わすことで…

 

  • 買主を探してくれる
  • 複雑な事務手続きを代行してくれる

 

といった業務を任せられるようになります。ここで問題なのが、媒介契約にはいくつか種類があってそれぞれにメリット・デメリットがあるということ。

 

各媒介契約のメリットとデメリット

媒介契約は大きく分けて3種類があります。

 

  • 専属専任媒介契約
  • 専任媒介契約
  • 一般的媒介契約

 

それぞれ見てみましょう。

 

専属専任媒介契約のメリット・デメリット

依頼者は特定の不動産業者にのみ依頼可能で、他業者に重ねて依頼することはできない契約。簡単に言えば「この不動産売却はあなたのところだけにお任せします」という契約内容です。

 

メリット

比較的売却までのスピードが早いのが最大のメリットです。依頼を受けた不動産会社は契約日から5日以内に指定流通機構に物件登録を済ませなくてはならない義務があるので全体的にスピーディー。

 

指定流通機構に登録された物件は全国各地の不動産会社で共有されるので、物件が紹介される機会が早く、多く、売却につながりやすくなっています。

 

また週に1回の頻度で売却活動状況の報告を受けられるのもメリット。今どういう状況なのかをこまめに教えてもらえます。

 

デメリット

特定の不動産会社だけが売却できる仕組みなので、例えば「もっと良い値段で買いたい!」と申し込まれても売却できないケースがあります。

 

また「自己発見取引」が認められていないので、例えば友人、知人の紹介だったり、身内などに売却することもできません。

 

専任媒介契約

基本的には専属専任媒介契約と同じ内容です。違う点は依頼者が自分で購入希望者を探すことができること、そして2週間に1度以上の頻度で売却活動状況を報告しなくてはならないこと。

 

メリット

専属専任媒介契約では認められなかった「自己発見取引」がOKになります。なのでよりよい値段での買取条件が提示されたときはそちらに販売することが可能。

 

ちなみに専任媒介契約は不動産会社が契約日から7日以内に指定流通機構に登録しなくてはならないため、こちらも比較的スピーディーに売れる可能性があります。

 

また売却活動状況の報告は2週間に1回の頻度。こちらも状況を把握するのに嬉しいペースと言えます。

 

デメリット

やはり複数の不動産会社に依頼ができないのはデメリットです。とはいえ不動産売却の窓口が1社に絞られることでかえってスムーズな売却に繋がるケースがほとんど。一概にデメリットとは言えない、という意見もあります。

 

一般媒介契約

複数の不動産業者に重ねて仲介依頼が出せる契約。売却状況報告義務がなく、また依頼者は自分で購入希望者を見つけられます。

 

メリット

特に制限なく複数の会社に売却依頼を出せるのがメリットです。また自己発見取引も認められているので最も自由度が高い媒介契約と言えます。

 

デメリット

複数の会社が売却窓口になるので、競争原理が働きやすく「早く売却したい!うちの手柄にしたい!」と相場よりも安い値段で売れてしまう可能性があります。他にも購入希望者の値段交渉に応じやすいのもデメリットとして挙げられますが、いずれにしても相場より低い値段になるリスクは覚悟しておかなくてはなりません。
もちろん相場よりも低い値段を提示されたときは断っても大丈夫なのであまり気にしなくても良いのですが、それが結果的に販売意欲をなくしてなかなか買い手がつかないことも。

 

また一般媒介契約は売却状況を定期的に報告する義務がありません。

 

結局どの媒介契約が良い?迷ったら専任媒介契約が無難?

それぞれの媒介契約にメリットとデメリットがあるので一概に「これがオススメ!」とは言いづらいところがあります。ですが悩んでいるのなら専任媒介契約が無難ではないでしょうか。

 

比較的早く売却に移行できること、定期的な報告が受けられること、自己発見取引が認められていることなどメリットが目立ちます。

 

もちろん各社の担当者としっかり話し合って「この媒介契約ならこういった販売プランで…」と説明を受けてから決めることも大事です。

 

今後を左右しうる選択になるので慎重に検討していきましょう。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら