不動産売却にはお金がかかる?お金がない人、借金がある人でも売却するためのステップ

不動産を売却するときは不動産会社にお願いして販売してもらう形がほとんど。自分で買主を見つけられるなら利用しなくても良いのですがそれもなかなか難しいですし、法的な手続きなども自分でやるのはあまり現実的ではありません。ならば仲介手数料がかかってしまうのはネックですが、不動産会社にお願いしたほうがスムーズに進められます。

 

仲介手数料は不動産会社への報酬的な意味合いで支払うお金になり、宅地建物取引業法によって上限額が決められています。もちろん上限さえ超えなければ問題ないので、会社によっては仲介手数料を割引するところも。

 

「ただ安ければ良い」というものではなく、安心して不動産売却を任せられるところを選ぶことを最優先に考えましょう。

 

仲介手数料はどれくらいの金額になる?計算方法は?

仲介手数料はあくまでも報酬金。なので実際に売買契約が成立して始めて支払うことになります。もしも売却できなかった場合は支払わなくてもOKです。

 

気になる報酬額(上限額)は以下の表の通りとなります。

 

取引価格(税別) 仲介手数料
200万円以下の金額 5%以内の額(+消費税)
200万円〜400万円以下の金額 4%以内の額(+消費税)
400万円を超える金額 3%以内の額(+消費税)

 

例えば2000万円の物件を売却したケースの仲介手数料だと…

 

A 200万円以下の金額(200万円×5%) 10万円
B 200万円〜400万円以下の金額(200万円×4%) 8万円
C 400万円を超える金額 (1600万円×3%) 48万円

 

A、B、Cそれぞれを合算して66万円(税別)が仲介手数料になります。

 

仲介手数料早見表

なお表の税金は消費税8%で計算した場合です。

 

取引価格 仲介手数料(税別) 仲介手数料(税込)
500万円 210000円 226800円
1000万円 360000円 388800円
1500万円 510000円 550800円
2000万円 660000円 712800円
2500万円 810000円 874800円
3000万円 960000円 1036800円
3500万円 1110000円 1198800円
4000万円 1260000円 1360800円
4500万円 1410000円 1522800円
5000万円 1560000円 1684800円
6000万円 1860000円 2008800円
7000万円 2160000円 2332800円
8000万円 2460000円 2656800円
9000万円 2760000円 2980800円
1億円 3060000円 3304800円

 

仲介手数料に広告費や販売活動費が含まれている!

不動産売買初心者の方に注意して欲しいのが仲介手数料には広告費・販売活動費が含まれているということ!なので特殊な販売依頼を出していないのなら、「別途、広告費がかかります」と言われても断るようにしましょう。

 

不動産会社によっては仲介料が安いことも

上記した仲介手数料はあくまでも不動産会社が受け取っても良い上限額です。つまりこれよりも高いと問題ですが、安い分には全く問題ありません。実際に会社によっては手数料を何割か安くしたり、半額にまで下げるサービスで営業しているところもあります。

 

ただ不動産のやりとりは信頼できる会社を選ぶのが基本中の基本。例えばいくら仲介手数料が安くても全然営業活動を行っていなければなかなか買い手が見つからず、不動産価値ばかりが下がってしまって…というケースは十分ありえます。逆に仲介手数料は上限額いっぱいでもプロモーションに力を入れて、不動産価値が下がる前に買い手を見つけ出してくれるところもあります。

 

仲介手数料が安いに越したことはありませんが、買い手が見つからなければ本末転倒。どのような営業活動を行っているのか、過去にどういった売却実績があるのかも吟味した上で選ぶようにしたいものです。

 

なお不動産業者を通さず、自分で買い手を見つけて個人で売買すれば仲介手数料は発生しません。もしも相手がすでに見つかっている、見込みのある人がいるのなら利用せずともOKです。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら