住宅ローンが残った不動産は担保として抵当権あり!これを解除するためには抵当権の抹消登記が必須!

抵当権が設定されている不動産…つまり住宅ローンが残っている状態の不動産を売却したいなら売却に伴う抵当権の抹消が必要になります。これにかかるお金が『登記費用』です。

 

実際には不動産売買における登記はいくつか種類がありますが、基本的には買主が負担するのが慣例に。なので売主側は抵当権抹消のための登記費用だけ考えれば大丈夫です。

 

抵当権抹消登記は司法書士に依頼するのが一般的

抵当権抹消登記は自分で行うこともできます。しかし法に関する知識が必要不可欠で、手続きも複雑。自力でスムーズに進めるのはちょっと難しい…。できなくはありませんが、面倒は面倒です。なので司法書士に依頼するのが一般的。

 

抵当権の本数、司法書士への報酬金額などでトータルの支払いは変動しますが、「登録免許税1000円」+「司法書士報酬1万円」を目安に考えておけば十分でしょう。

 

抵当権を抹消しないとどうなる?

早い話が金融機関(住宅ローンを提供している銀行など)が不動産を担保として持っていることになるので問題に発展する可能性が考えられます。

 

仮に住宅ローンを完済していたとしても、抵当権抹消登記が完了するまでは返済したとみなしてもらえません。

 

買主側から見ればワケありでデメリットだらけの物件と判断されてしまいます。つまり買い手が見つからず、いつまでも売りに出されて資産価値ばかりが下がってしまう可能性が。

 

また金融機関からの信用を失う原因にもなるので注意を。抵当権を抹消していなかったがために、信頼を失って新しいローンを組めなかったり、場合によっては買主が住宅ローンを組めないケースも。

 

いずれにしてもほんの1、2万円で解決する問題。面倒でも売却時に必ず抵当権を抹消しましょう。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら