机上査定、訪問査定と段階的に査定することでより詳細な売却額が分かる!無料査定を行っている不動産会社を探そう!

ある程度情報収集ができたら次はいよいよ不動産会社に査定を依頼します。査定は数字上、データ上、スペック上だけで判断する『机上査定(簡易査定)』と実際に不動産の調査を行って正確な査定額を見積もる『訪問査定』の2種類があります。

 

机上査定のメリット・デメリット

メリット

なんといっても早いことがメリットです。そのため複数の不動産会社から気軽に査定額を教えてもらうことができます。また最新の不動産情報を持っているのは不動産会社。ネットにまだ反映されていないデータも考慮して計算してもらえるのもメリットと言えます。

 

もちろんできるだけ高値を提示してくれるところを選ぶのが基本になってきますが、次のステップである訪問査定の段階で価格がガクッと下がってしまうケースも。逆に机上査定は微妙な額だったけれど、訪問査定でグッと上がることもあります。

 

なのであくまでも机上査定は大まかな売却額を見計らうためのステップとして考えるのが正解です。

 

また査定額の見積りに合わせて売却プラン・保証プランを提示してもらえるのも嬉しいメリット。各社違った対応になると思うのでメモするなりして比較・検討の材料を揃えておきましょう。

 

デメリット

デメリットは価格が安定しづらいこと、そして複数の業者に手軽に査定を出せるので、どの不動産会社にするべきか悩むことが多い、という点です。もちろん連絡もこまめに取らなくてはならないので、仕事などで自由な時間を作るのが難しい人はちょっと大変かもしれません。

 

訪問査定のメリット・デメリット

メリット

不動産会社に実際に現地まで訪問してもらって、物件の状態、売却状態を詳しく調べてもらうので詳細な売却額が分かるのがメリットです。しかもすべて無料

 

どこか1社だけに絞るのではなく、ここでもできるだけ多くの不動産会社に見てもらったほうが比較・検討に役立ってくれます。

 

ただここでも価格にばらつきがでると思います。そのときは各業者に「どうしてこの価格になったのか」「どれくらいの期間で売却できそうなのか」といったことも訊ねておきましょう。

 

例えば「値段は少々安いけれど、できるだけ短期間で必ず売却できるようにしたい!」「時間はかかるかもしれないが、できるだけ高値で売却したい」など各社で考え方が違うこともあります。

 

デメリット

複数社に訪問依頼を出すときは時間調整をこちらでやらなくてはなりません。基本的に他社同士が同じ時間に訪問することが無いように配慮する必要があります。

 

あえて同じ時間に被せて、価格や販売方法を競争させる人もいますがやりやすくは無いと思います。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら