仲介手数料が売買価格×3%+6万円(税別)の根拠は?

不動産会社に支払う仲介手数料の計算は売買価格×3%+6万円が一般的です。本来なら200万円以下は5%、200万円から400万円までが4%、400万円以上が3%…そして消費税が8%必要になって…と計算しなくてはなりません。これを簡略化させるために「売買価格×3%+6万円」が登場しました。

 

+6万円の意味ってなんだろう?

ここで不思議に思う「+6万円って何?」ということ。なんだか不動産会社がちょっとでも儲けるために仕込んでいるのでは?と不安に思いそうなところですが決してそういうわけではありません。

 

試しに1000万円の不動産を売却したときの計算を考えてみよう

分かりやすく1000万円の不動産を売却するとします。上記した速算式に当てはめると…

 

  • 1000万円×3%+6万円=36万円

 

となります。

 

では次に単に売買金額に3%をかけただけの手数料を計算してみると…

 

  • 1000万円×3%=30万円

 

当たり前ですが6万円の差額が生まれてしまいました。

 

仲介手数料は各料率部分まで個別に計算しなくてはならない!

ちょっと分かりづらいかもしれませんが、1000万円の売却額だとすると、正確には「200万円までの料率:A」+「400万円までの料率:B」+「400万円超えの料率:C」を足さなくてはなりません。具体的には…

 

  • A:200万円×5%=10万円
  • B:(400万円-200万円)×4%=8万円
  • C:(1000万円-400万円)×3%=18万円

 

これらを全て合計すると36万円。つまり売買価格×3%+6万円と同じ金額が算出されます。つまり+6万円は調節額だったというわけです。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら