売主は不動産売買契約書の印紙代は負担しなくても大丈夫!印紙代の金額はどれくらい必要?

不動産売買は契約書を作成し、それを基に売買契約を締結します。これがなくては売却も購入も、譲渡もできません。そして契約書は印紙を貼らなくてはならず、当然印紙代が必要になります。

 

不動産売買契約書に必要な印紙代

印紙代は契約書に記載されている金額に応じて変動します。具体的には以下の表を参考にしてください。

 

記載金額 印紙代
1万円未満 非課税
10万円以下 200円
50万円以下 200円
100万円以下 500円
500万円以下 1000円
1000万円以下 5000円
5000万円以下 1万円
1億円以下 3万円
5億円以下 6万円
10億円以下 16万円
50億円以下 32万円
50億円を超える 48万円

 

例えば契約書に記載されている金額が1000万円だったら5000円の印紙代を、4000万円だったら1万円の印紙代を支払わなくてはなりません。

 

印紙代の負担は買主だけ?売主はコピーで良いの?

実は印紙代を負担するのは買主で、売主は原本をコピーしてもらってそれを保管しておけばOK!な慣例があります。売主側からすればお金を節約できるのでラッキー。

 

しかし気になるのが「コピーでも効力を持つのか」です。実は契約の効力は原本でもコピーでも同じなんですね。あくまでも買主・売主の当事者同士が合意したことを明確にするための書類なので問題ない、という判断になります。

 

ということで契約書の原本を1通作成し、印紙を貼る。それをコピーして、原本は買主が、コピーは売主がそれぞれ保管しておく。という流れが一般的です。

 

どうして買主が原本なのか?

これには理由があって、売買契約書は今後様々な場所・場面で必要になることがあるからです。なので買主が原本を保管します。しかし売主は不動産を手放すと売買契約書を使うことはほぼありません。だからコピーで良い、となっています。

 

印紙代の負担を求められたときはどうする?

事情はともあれ、買主もまたできるだけ安く済ませたいと思うのは当然のこと。そこで売主に「印紙代を負担してもらえませんか?」と言ってくる場合があります。

 

売主からすれば「コピーなんだから負担したくない」のが本音だと思いますし、慣例的にも買主が負担します。なので断っても良いでしょう。

 

しかし揉めるのが嫌なら、印紙代を折半するか、あるいはいっそコピーは取らずにそれぞれが印紙代を出し、それぞれが契約書の原本を1通ずつ保有するのが無難かもしれません。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら