不動産の査定は複数社で行いましょう

物件の売却を検討する際には、不動産業者に査定を依頼することが多いのではないでしょうか。ただし一部には顧客を獲得するために、相場よりも割高な査定額を提示する不動産業者なども存在するようです。不動産の査定を依頼する場合には、できるだけ多くの業者に査定を依頼するようにしましょう。

 

複数の業者が提示した査定額を詳細に比較・検討することで、物件の客観的な価値を判断することができるはずです。複数の業者に査定を依頼するためには、インターネットの不動産一括サイトなどを活用してみてください。一回の申し込みで複数の不動産業者に同時に見積もりを依頼することができますので、複数の見積もりを手軽に集めることができます。

 

値下がりしにくい物件を購入するようにしよう

不動産を購入する際には住宅ローンなどについて熱心に研究するという人が多いのですが、さらに売却についても事前にしっかりと検討しておくことをおすすめしたいと思います。日本では一生住み続けることを前提として住宅を購入することが一般的になっているのですが、実際には購入後に様々な事情で売却が必要になることが多いのです。

 

不動産を購入する際には、できるだけ値下がりしづらい物件を選ぶようにしてください。人気の物件は一見すると割高で不利に思えるのですが、実際には高値での売却が期待できるためトータルではお得なのです。特に買い手からの需要が多い首都圏の物件であれば、景気の動向次第では今後の値上がりなどが期待できるかもしれません。近年では投資を目的として、将来の値上がりが期待できそうな物件を購入する投資家が増えているようです。

 

低金利は不動産売却を考えている人に有利

現在の日本では低金利の時代が続いていますので、これは住宅の売却を検討している人にとっても有利だといえるでしょう。中古住宅や中古マンションを購入する際には住宅ローンを利用する人が多いのですが、金利が低ければそれだけ少ない負担で住宅ローンを利用することができますので、買い手は積極的に住宅の購入を検討することになります。買い手が増えて不動産の需要が増加すれば高値での売却が期待できますので、現在の金余りで低金利での状況は住宅の売り手にとっても最高のチャンスなのです。

 

今回は「不動産の査定は複数社で行うので低い価格を提示する担当者には注意」「不動産売却の際は、複数の業者から査定を受けるのがおすすめ」「売却の際に希望があれば担当者に伝えること」などの項目についてご紹介しますので、住宅の売却を検討するための参考として、積極的に活用してみてください。

 

不動産査定は複数社でするのが鉄則です!のカテゴリー内容
  • 不動産の査定は複数社で行うので低い価格を提示する担当者には注意
  • 不動産の売却を希望する場合には不動産業者に物件の査定を依頼することが一般的なのですが、この時に極端に低い査定額を提示する不動産業者には、くれぐれも注意をしてください。極端に低い査定額を提示する不動産業者は、とにかく早く物件を売ってしまいたいと考えていることが多いのです。

     

    不動産の価値は時間の経過とともに低下しますが、定期的な修繕などを行った物件であれば価値の低下は限られますし、また一部の人気エリアの物件では高値での売却が期待できる場合などもあります。売主は正しい知識に基づいて、適正な査定額を提示する不動産業者を選ぶようにしましょう。

     

    >>不動産の査定は複数社で行うので低い価格を提示する担当者には注意の詳細はこちら

     

  • 不動産売却の際は、複数の業者から査定を受けるのがおすすめ
  • 複数の不動産業者に物件の査定を依頼してみると、提示される査定額はそれぞれ異なることが多くなります。不動産の適正な価値を判定することは、プロである不動産業者にとっても難しいのです。売却を希望する物件の正しい価値を判断するために、できるだけ多くの不動産業者に査定を依頼することをおすすめしたいと思います。

     

    物件の査定をしてもらう場合には、しっかりとした説明をしてくれるかどうかに注目をしてください。売主の立場に立って必要な情報をしっかりと伝えてくれる良心的な不動産業者を選ぶようにすれば、物件の高値での売却を期待することができるのです。

     

    >>不動産売却の際は、複数の業者から査定を受けるのがおすすめの詳細はこちら

     

  • 売却の際に希望があれば担当者に伝えること
  • 低金利の時代には住宅の需要が増加しますので、売主にとっても有利になります。多くの人は住宅ローンを利用して住宅を購入するのですが、低金利で住宅ローンが利用できれば利息の負担が減少しますので、より積極的に住宅の購入を検討する人が増えるのです。

     

    住宅やマンションなどの売却を検討している人は、高値での売却に積極的に取り組んでくれる不動産業者を選ぶようにしましょう。一方で安易な値引きを提案する不動産業者には、くれぐれも注意をしてください。現在の低金利の経済状況は、住宅の売却を検討している人にとっても大きなチャンスだといえるでしょう。

     

    >>売却の際に希望があれば担当者に伝えることの詳細はこちら

一括査定ランキング

一括査定ランキングはこちら

不動産を購入する際には、購入のための資金調達や住宅ローンの利用方法などが気になるという人が多いのですが、さらに売却についても検討しておくことをおすすめしたいと思います。ほとんどの人が一生住み続けることを前提に住宅を購入するのですが、実際には様々な事情により売却が必要になることが多いのです。また住宅の価値は購入後には低下することが一般的なのですが、不動産相場の変動などによっては購入時よりも高額で売却...

物件の売却を希望する場合には、できるだけ多くの不動産業者に査定を依頼することをおすすめしたいと思います。複数の業者からの見積もりを得るためには、インターネットの不動産一括査定サイトの活用が便利です。複数の不動産業者にまとめて査定を依頼することができますので、見積もり額や担当者の対応などを参考にしならがら不動産業者を比較・検討してみてください。今回は複数の不動産業者に見積もりを依頼することのメリット...

現在の低金利で金余りの状況は、住宅の売却を希望する人にとっては最高のチャンスだといえるでしょう。中古住宅や中古マンションを売却する際には、金利が低いことが有利になります。住宅の購入を希望する人の大半は住宅ローンを利用することになりますので、低金利で利息の負担が少なくなればより積極的に購入を検討する人が増加するのです。購入を希望する買い手が増えれば、住宅の売却を検討している売り手にとっても有利になり...