過去の事例と比較して低い査定価格を提示する担当者には注意しましょう

 

不動産を購入する際には、購入のための資金調達や住宅ローンの利用方法などが気になるという人が多いのですが、さらに売却についても検討しておくことをおすすめしたいと思います。ほとんどの人が一生住み続けることを前提に住宅を購入するのですが、実際には様々な事情により売却が必要になることが多いのです。

 

また住宅の価値は購入後には低下することが一般的なのですが、不動産相場の変動などによっては購入時よりも高額で売却できる場合などもあるようです。今回は不動産の適正な売却価額について、さらに詳しく確認してみたいと思います。不動産購入のための参考として活用してみてください。

 

極端に低い価格を提示する担当者には注意が必要です

物件を売却するために査定を依頼した場合などに、極端に低い査定額を提示する担当者には注意が必要です。売主はできるだけ高い値段で物件を売却したいと考えているのですが、実際に販売を行う不動産会社の担当者は物件の買い手がなかなか見つからないと困るため、高めの査定額の提示を嫌がることが多いのです。担当者に不動産に関する知識が少ない売主だと判断されてしまうと、相場よりも低めの査定額を提示されてしまうかもしれません。

 

過去の事例などを参考にして価格を設定することが多いようです

物件には様々なタイプがあるのですが、特にDINS向けやファミリー向けなどの場合には、価格設定のためには過去の事例が参考になるようです。ただし不動産の実際の売却価額は需要と供給の関係により大きく変動しますので、過去の事例はあくまでも参考程度に考えた方が良いかもしれません。

 

担当者によっては「数年前に同じようなタイプの物件が3000万円で成約したのですが、ここ数年では成約価格が若干低下傾向にありますので、今回は2800万円で売出してみてはいかがでしょうか?」などのように提案してくれることなどもあるようです。

 

一部には購入時よりも高値で売却できる物件なども存在します

時の経過により不動産の価値は低下することがほとんどなのですが、不動産相場の変動などにより購入した時よりも高額で売却できる場合などもあるようです。購入した物件の価値は数年後には下がってしまうと考えている人が多いのですが、3000万円で購入した物件が数年後には3500万円に高騰することなどもあるのです。

 

不動産相場は様々な要因の影響を受けることになりますので、物件の価値が購入後にさらに高くなるというケースなども期待することができます。特に人気が高く需要の多い首都圏エリアの物件の場合には、景気動向によっては更なる価値の上昇が見込めるはずです。将来の値上がりを期待して、投資目的で首都圏の物件を購入する人なども増えています。

 

不動産を購入する際には売却についても検討しておくことをおすすめします

今回は不動産の適正な売却価額について考えてみました。主な内容をまとめると以下のとおりとなります。

 

  • 極端に低い査定金額を提示する担当者には注意が必要です
  • 売却希望価額を決定する際には過去の事例などを参考にしてみてください
  • 一部には購入した金額よりも高額で売却することができる物件などもあるようです

 

不動産を購入する際には、将来の売却のことを考えてできるだけ値下がりしづらい物件を選ぶことをおすすめしたいと思います。予算などの理由から人気のある高額な物件を敬遠する人が多いのですが、むしろ将来高額で売却できる可能性が高くなるため有利だといえるのです。また極端に低い査定金額を提示する不動産業者にも注意が必要になります。

 

そのような業者では自社の利益だけを考えていることがほとんどであり、安くてもかまわないので早く売ってしまいたいと考えているのです。不動産の売却を依頼するのであれば、値下げをしなくても物件を販売することができる実力のある不動産業者を選ぶようにしましょう。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら