新築・築浅の不動産売却で気を付ける事

新築の物件を購入したという場合であっても、その後様々な事情により売却を検討することが必要になるかもしれません。新築で購入した不動産を売却したいという場合には、売却を希望する理由をはっきりさせることが必要になります。

 

新築から間もない築浅物件が売りに出された場合には、買い手は「近隣トラブルが原因だろうか?」「物件に不具合などがあったのだろうか?」などと考えて、より慎重に購入を検討することが多くなります。売却を希望する理由が明らかであれば、買い手は安心して購入を検討することができるのです。

 

物件を売却しても住宅ローンの残高が完済できない場合には賃貸で物件として活用する

新築物件を購入しても、一度誰かが入居すればその時点で中古物件になってしまいます。物件を売却する際には築浅であっても、新築時よりも大幅に価値が低下してしまうのです。ほとんどの場合には、購入時の価格で売却することは厳しくなります。

 

特に大きな金額の住宅ローンを利用している場合などには、住宅を売却しても住宅ローンの残額が完済できないことがありますので、不足する資金の調達方法を事前に検討しておくことが必要になります。また売却が難しいという場合には、住宅を賃貸物件として活用する方法もあります。家賃収入を住宅ローンの返済に充てるようにすれば、その後住宅を売却することが可能になるかもしれません。

 

築浅物件の売却には不動産業者選びが重要に

築浅物件の売却を検討する際には、売却を依頼する不動産業者の選択が重要になります。売主の立場に立って、積極的な販売活動に取り組んでくれる不動産業者を選ぶようにしてください。また一部には安易な値引きなどを提案する不動産業者も存在するのですが、そのような業者では「さっさと物件を売却して早く取引を成立させたい」などと考えていることがほとんどなのです。不動産の売却を検討する際には、信頼できる不動産業者を選ぶことが売買を成功させるためのポイントになります。不動産業者はくれぐれも慎重に選ぶようにしてください。

 

不動産業者を探すためには、不動産一括査定サイトを活用してみましょう。インターネットの不動産一括サイトを活用すれば、一回の手続きで複数の不動産業者に見積もりを依頼することができます。提示された査定額や担当者の対応などを比較・確認しながら、じっくりと不動産業者を選ぶことができるのです。利用料金などは基本的に無料となっていますので、不動産一括査定サイトを積極的に活用してみてください。

 

今回は「新築(築浅)の家を売る場合の注意点は業者選び」「新築(築浅)物件の売却をする場合、その理由を明確にする」「家の売却時には不動産一括査定サービスの利用がおすすめ」「近隣トラブルが原因で家を売却する場合の対策案」などの項目についてご紹介しますので、新築で購入した不動産を売却するための参考として活用してみてください。

 

新築、または築浅の家を売却する事になったらのカテゴリー内容
  • 新築(築浅)の家を売る場合の注意点は業者選び
  • 新築物件や築浅物件の売却を希望する場合には、不動産業者選びが重要になります。仲介手数料の多少などにこだわらずに、しっかりとした販売活動を行う不動産業者を選ぶようにしてください。信頼できる不動産業者に依頼をすることが、不動産を高値で売却するためのポイントなのです。

     

    さらに新築物件や築浅物件の場合には、住宅ローンの支払いが残っていることが多くなります。住宅ローンが残っている物件を売却するためには、残額の返済が必要です。売却代金で住宅ローンの残額が返済できれば良いのですが、不足するのであれば任意売却などの方法を検討してみてください。

     

    >>新築(築浅)の家を売る場合の注意点は業者選びの詳細はこちら

     

  • 新築(築浅)物件の売却をする場合、その理由を明確にする
  • 不動産を売却する際には、売却の理由を明確にすることが必要になります。特に新築物件や築浅物件の売却を希望する場合には、買主が納得できる説得力のある理由を考えておくようにしましょう。不動産の購入は人生におけるもっとも高い買い物になりますので、買主は購入を慎重に検討することになります。

     

    新築から間もない物件が売られていれば、買主は「何か訳ありの物件なのだろうか?」「近隣トラブルがあるのではないか?」などと疑うことになります。買主が不安や疑問などを感じてしまうと物件の売却が難しくなりますので、買主が安心して購入できる理由を考えておくようにしてください。

     

    >>新築(築浅)物件の売却をする場合、その理由を明確にするの詳細はこちら

     

  • 家の売却時には不動産一括査定サービスの利用がおすすめ
  • 不動産の価格は売主と買主の合意により決まるのですが、実際には売主と買主の間で利害を調整する不動産業者の実力が大きく影響することになります。売買経験が豊富な不動産業者は様々なノウハウを持っていますので、不動産の売買が高値で成立する可能性が高くなるのです。

     

    信頼できる不動産業者を選ぶためには、不動産一括査定サイトを活用してみてください。一回の手続きで複数の不動産業者に同時に見積もりを依頼することができますし、さらに提示された査定額や担当者の対応などをじっくりと比較・検討しながら、最適な不動産業者を選ぶことができます。

     

    >>家の売却時には不動産一括査定サービスの利用がおすすめの詳細はこちら

     

  • 近隣トラブルが原因で家を売却する場合の対策案
  • 住宅の売却を希望する理由については様々なのですが、近隣トラブルが原因で住宅の売却を希望する人などが多いようです。住宅を購入するといわゆる「ご近所付き合い」が必要になるのですが、様々なトラブルが発生するとその後はストレスを感じながら暮らすことになります。

     

    近隣トラブルがどうしても我慢できないという場合には、住宅を売却して引っ越してしまうことを検討しましょう。ただしローンの支払いが残っている住宅を売却するためには、ローンの残額を返済してしまうことが必要になりますので、詳しくは不動産業者に相談をしてみてください。

     

    >>近隣トラブルが原因で家を売却する場合の対策案の詳細はこちら

 

一括査定ランキング

一括査定ランキングはこちら

様々な事情により、住宅の売却を検討しているという人が多いようです。特に新築や築浅で購入した物件の売却を希望する人には、インターネットの不動産一括査定サイトの活用をおすすめしたいと思います。不動産一括査定サイトを活用すれば複数の不動産業者にまとめて見積もりを依頼することができますので、担当者の対応や実際の査定額などを参考にしながら最適な不動産業者を選ぶことができるのです。今回は新築物件や築浅物件の売...

新築で購入した物件であっても、様々な事情により売却が必要になる場合などがあるかもしれません。新築で購入した不動産の売却を希望する際には、売却の理由を明確にすることを心がけてください。新築から間もない物件が売りに出されていれば、買い手は「物件に問題があるのだろうか?」「近隣トラブルなどがあるのだろうか?」などと考えることになります。今回は新築物件の売却の際に理由を明確にしておくことの必要性について、...

現在住んでいる住宅を売却して新しい住宅に買い替えたいという人の場合には、新しく購入を希望する物件の情報などを事前にしっかりと確認しておくことが必要になります。住宅を買い替える人の中には、買い替えた住宅を些細な理由で手放すことになる人なども多いようです。住宅の買い替えを検討する場合にはまずはその理由を明確にして、そのための条件を満たす物件を選択することが重要になります。また転勤などの可能性が高いとい...

住宅の売却を検討している人には様々な事情などがあるのですが、特に住宅売却の大きな原因となっているのが近隣住人とのトラブルです。住宅を購入するとその後地域住人とのお付き合いが必要になるのですが、この時にトラブルが発生してしまうと様々な精神的ストレスを感じながら暮らすことになります。アパートなどの賃貸住宅であれば気軽に引っ越してしまうことができるのですが、住宅を購入したという場合には売却や引っ越しにつ...