新築(築浅)物件の売却では特に不動産業者選びが重要になります

 

様々な事情により、住宅の売却を検討しているという人が多いようです。特に新築築浅で購入した物件の売却を希望する人には、インターネットの不動産一括査定サイトの活用をおすすめしたいと思います。不動産一括査定サイトを活用すれば複数の不動産業者にまとめて見積もりを依頼することができますので、担当者の対応や実際の査定額などを参考にしながら最適な不動産業者を選ぶことができるのです。

 

今回は新築物件や築浅物件の売却を希望する場合の不動産業者選びについて、さらに詳しく確認してみたいと思います。物件を高額で売却するために、ぜひとも参考にしてみてください。

 

しっかりとした販売活動を行う不動産業者を選びましょう

不動産業者を選択する際には、仲介手数料などが若干高めであってもしっかりとした販売活動を行う不動産業者を選ぶようにしましょう。チラシの配布などの一般的な販売活動しか行わない不動産業者の場合には、なかなか買い手が見つからず売却の成立までに時間がかかってしまうことが多くなります。不動産を高値で販売するためには売り出し直後の期間がチャンスになりますので、この時期に集中的な販売活動を行うことが重要になるのです。

 

買主が見つからない場合には値下げを検討することになります

また販売当初の時点でやる気の感じられない不動産業者の場合には、その後の販売活動についても適当であることが多いようです。販売活動を惰性でダラダラと続けても買主はなかなか見つかりません。住宅の販売価格は売主と買主の合意により決まるのですが、買主が見つからなければ販売そのものが成立しませんし、さらに買主を見つけるためには値下げが必要になります。3000万円の価値がある物件であったとしても、その価格で購入したいという買主が見つからないのであれば、2800万円や2500万円などに値下げをして再度買主を探すことになるのです。

 

住宅ローンの残額が残っている物件の売却には資金計画に注意が必要です

住宅ローンが残っている物件を売却する場合には、物件の売却代金で住宅ローンの残額を返済することになります。この時に売却代金で住宅ローンの残額を全額返済することができれば良いのですが、不足が生じた場合には自己資金で不足分を返済することが必要になるのです。

 

買い手がなかなか見つからず値下げが必要になった場合などに備えて、自己資金はできるだけ多めに確保しておくことをおすすめします。資金計画がギリギリだと、いざという場合に困ってしまうことになるかもしれません。どうしても住宅ローンの残額の返済が難しいという場合には、任意売却などの手続きを検討してみてください。

 

普段からの手入れなどが将来の資産価値を大きく左右することになります

今回は新築物件や築浅物件の売却を希望する場合の不動産業者選びについて考えてみました。主な内容をまとめると以下のとおりとなります。

 

  • しっかりとした販売活動を行う不動産業者を選択しましょう
  • 買主がなかなか見つからない場合には値下げを検討することが必要になります
  • 住宅ローンの支払いが残っている物件を売却する際には資金計画に注意をしてください

 

不動産業者を選択する際には、売主の立場に立って積極的な販売活動を行う不動産業者を選ぶようにしましょう。まずは売主の希望をじっくりと聞いてくれて、それを実現するための販売活動を提案してくれるのが良い不動産業者になります。

 

不動産業者の一部には安易な値引きを提案する不動産業者などが存在するのですが、そのような業者では「早く取引を成立させてさっさと物件を売ってしまいたい」などと考えていることが多いのです。不動産の売却を検討する際には、くれぐれも慎重に不動産業者を選ぶようにしてください。信頼できる不動産業者を選ぶことが、売買を成功させるための重要なポイントなのです。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら