新築(築浅)物件の売却時には理由を明確にしましょう

 

新築で購入した物件であっても、様々な事情により売却が必要になる場合などがあるかもしれません。新築で購入した不動産の売却を希望する際には、売却の理由を明確にすることを心がけてください。新築から間もない物件が売りに出されていれば、買い手は「物件に問題があるのだろうか?」「近隣トラブルなどがあるのだろうか?」などと考えることになります。

 

今回は新築物件の売却の際に理由を明確にしておくことの必要性について、さらに詳しく確認してみたいと思います。新築で購入した物件を高額で売却するための参考にしてみてください。

 

買主に不安などを与えてしまうと売買の成立が難しくなります

新築物件を購入後に売却が必要になった場合には、売却の前にその理由を明確にしておくことが必要です。新築物件がすぐに売却に出たという場合には、買い手は様々な疑問を感じることになります。住宅は多くの人にとっては人生における最も高額な買い物ですから、購入については慎重に考える買い手が多いのです。買い手に不安や疑問などを与えてしまうと売買の成立が難しくなりますので、買い手が安心して物件を購入できるような売却の理由を考えておくようにしましょう。

 

賃貸物件として活用することについても検討してみましょう

住宅の買い手がなかなか見つからないという場合には、住宅を売却する以外に賃貸物件にするという選択肢があります。新築で購入した物件であれば好条件で賃借人からの家賃収入を獲得することができますので、賃貸経営を目指してみてはいかがでしょうか。また転勤などにより住宅に住めなくなったという場合などには、物件を転勤留守宅として貸し出す方法もあります。転勤留守宅の場合には一般的な賃貸物件よりは家賃が低めになってしまうのですが、物件を長期間空き家にしておくと傷みが早く進行しますので、住宅の耐用年数を伸ばすためにも転勤留守宅として貸し出す方法を検討してみてください。

 

住宅ローンの残額を返済する方法を検討しておくことが必要です

物件を新築で購入したとしても、誰かが入居して住んだ時点で物件は中古になりますので、物件の価値は新築の時点よりも大きく低下します。ほとんどの場合には、購入時の価額で売却することは難しくなるのです。限度額いっぱいの住宅ローンを利用して住宅を購入した場合などには、売却金額だけでは住宅ローンの残額を返済することは厳しいかもしれません。

 

そのような場合には、住宅ローンの残額を返済するための方法を事前に検討しておくことが必要になります。「貯金などで不足分を補う」「とりあえず賃貸物件として家賃収入で住宅ローンを返済する」「できるだけ高値で売却してくれる不動産業者を探してみる」などの選択肢がありますので、じっくりと検討をしてみてください。

 

普段からの手入れなどが将来の資産価値を大きく左右することになります

今回は新築物件の売却の際に理由を明確にしておくことの必要性について解説しました。主な内容について簡単にまとめてみると、以下のとおりとなります。

 

  • 買主に不安などを与えてしまうと不動産の売却は難しくなります
  • 売却だけでなく賃貸などの選択肢についても検討してみましょう
  • 住宅ローンの残額の支払い方法を事前に確認しておくことが必要です

 

売却の仲介を依頼する不動産業者を選ぶ際には、実績得意とするエリアなどを重視しましょう。とりあえず大手不動産業者に依頼をするという人が多いのですが、過去における契約実績や物件の所在するエリアを得意とする担当者がいるかどうかなどについても、しっかりと確認しておくことが必要になります。

 

不動産業者を選ぶためにはインターネットの不動産一括査定サイトが役立ちます。一度に複数の不動産業者に見積もりを依頼することができますので、査定額担当者の対応などを参考にしながら最適な不動産業者を選ぶことができます。不動産業者選びで迷った場合には、不動産一括査定サイトを積極的に活用してみてください。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら