複数社に査定してもらってその中から再建築不可物件に対応する業者を選ぶ方法もある

再建築不可物件の売買はあまり盛んには行われていません。そのため専門にしている業者は東京23区以外にはほぼないのが現状です。しかし全くないわけではありません。そこでここでは再建築不可物件を取り扱う業者の探し方を紹介していきます。

 

一番手っ取り早いのは一括査定サイトを活用すること!

結論から言えば、一括査定サイトを活用するのが最も手早く業者を探す方法だと思います。数ある不動産業者に1社ずつ「再建築不可物件に対応していますか?」と尋ねるのはなかなか骨が折れるもの。

 

しかし一括査定サイトで複数社から査定結果を出してもらい、その中から再建築不可物件に対応している業者を厳選する…という流れが良いのではないでしょうか。

 

ネットで検索するのも手

ネットでお住まいの都道府県…例えば「東京都 再建築不可物件 売却」などキーワードを入力すれば専門業者がヒットすることもあります。地域によってヒット数が異なるでしょうが、その業者に掛け合ってみるのも良いですね。

 

ただ手間がかかりますし、各査定結果が出るまでばらつきがあるので比較・検討が少々面倒に感じられるかもしれません。

 

最寄りの不動産業者に相談してみる

あまりオススメではありませんが、一括査定やネット検索で該当する不動産業者が見つからなかった場合は最寄の不動産業者に相談してみるのもひとつの手。

 

「再建築不可物件に対応している業者を探しているんですが…」と相談すれば、もし対応していなくても知り合いの業者を紹介してもらえるかもしれません。

 

終わりに

やはりオススメなのは最初に紹介した一括査定サイトを活用することだと思います。必ずしも専門業者を選ぶ必要はないのですが、やはり査定額や販売方法に違いが出てきてしまう懸念も。もし希望するほどの値段がつかないなら、売却ではなくリフォームして賃貸に出すことも視野に入れてみましょう。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら

関連ページ

再建築不可を決定づけている建築基準法とは?どんな理由で建て替えが認められないの?
再建築不可物件たらしめる接道規定・接道義務を正しく理解する!
43条但し書きが適用されると再建築不可から外れることも!建て替えができる可能性が!
建ぺい率・容積率がオーバーしてしまうと既存不適格にされる?建築基準法を満たしていない建物でも売ることはできるのか?
せっかく相続したのに再建築不可物件だった!どんな風に活用できる?
再建築不可物件は賃貸に出すのと売却するのとではどちらがお得になる?
再建築不可物件の建て替えはダメだけどリフォームやリノベーションは認められている
再建築不可物件を更地にするとダメな理由とは?
再建築不可物件に限らず空き家の放置はデメリットだらけ!使わないならさっさと売るが吉
2015年から施行された特定空き家措置法はどんな意味を持つ?放っておくと大変なことになるかも
空き家になってしまった再建築不可物件を活用する4つの方法
再建築不可物件の売却相場はどれくらい?ケースで異なるので必ず複数業者に査定してもらう
再建築不可物件を早めに売却することで生まれるメリットとは?
再建築不可物件に人気がないのは融資してもらえないから買い手が限られることが原因だった!
再建築不可物件の取扱業者は少ない?その理由とは
再建築不可物件売却前までに近隣トラブル・もめごとは解決しておくべし!
リフォーム歴や修繕歴は保管しておく!「住まいのカルテ」は資産価値に大きな影響をもたらす
隣地から土地を借りる、買い取ることで建て替えが認められる!道路に2m以上接することが目的
43条但し書きの申請が認められれば再建築可能になることも!建築指導課に事前相談を申し込む
位置指定道路の申請が認められれば再建築できる可能性も!建築指導課に相談してみよう
再建築不可物件を不動産会社に売却依頼するなら媒介契約の種類を選ぶ必要あり!
再建築不可物件を売却する前の現地調査や役所調査はなぜ必要?
再建築不可物件の販売価格を決めるには?複数の業者から査定を受けることが大事!
再建築不可物件をより高く売るためには売主の努力も不可欠!どんな準備を心掛ける?
再建築不可物件を査定してもらうときに注意したい3つのポイント
再建築不可物件の不動産売買契約はきちんと確認して!買主が一方的に有利な条件になっていることも
再建築不可物件の売却は最終的に受け取れる金額を最重要視するべき!見積額だけに惑わされないで
建物の維持修繕はとても大事!売値に直結するものと心得よう!
再建築不可物件の見積もり査定は1社だけで終わらせない!3社〜5社の複数社から査定を受ける
再建築不可物件を不動産買取業者に買い取りしてもらうときの交渉の仕方