再建築不可物件を相続したときに考えたい5つの利用法

両親から不動産を相続すると普通は嬉しいものです。自分たちで住んでも良いですし、売ったり賃貸に出すこともできます。しかし相続したのに実は「再建築不可物件だった」ということも。

 

再建築不可物件は名前の通り、建て替えが認められない不動産のこと。つまり今ある建物を取り壊すと、その土地には2度と建物を建てることができません。なので相場よりずっと安い値段でしか売れなかったり、そもそも買い手が見つからないことがネックになります。もちろん新築もできません。

 

今回はそんな相続した再建築不可物件を上手く活用する5つの利用方法を紹介していきます。

 

再建築不可物件の5つの利用方法とは?

再建築不可物件は確かに資産価値としては決して高くはありません。なのでそのまま空き家で放置していたり、二束三文で売却するケースも多いのですが、最近ではあえて「再建築不可物件を買い取りたい!」という不動産業者や投資家が増えているのも事実。

 

そこで再建築不可物件を有効活用するために考えられる5つの方法を挙げてみます。

 

  • 建て替えができるよう動いてみる
  • リフォームやリノベーションで新築のような状態にする
  • 更地にして駐車場などにする
  • 賃貸用にリフォームする
  • 隣地に売る

 

再建築不可物件を建て替えできるようにするには?

再建築不可物件はほとんどは道路に2m以上接していない『接道義務』を満たしていません。言い換えれば、これをクリアできれば再建築可能になるかもしれません。例えば隣地の土地を買ったり、建築するときだけ土地を借りることで建て替えが認められることも

 

またよくよく調べてみたら『第43条但し書き』要件を満たしていて、建築許可が取れることもあります。各自治体によって要件は異なるので、住まいの役所の建築指導課やホームページで確認してみましょう。

 

リフォームやリノベーションで再生させる

再建築不可物件は増築に至らない範囲でならリフォームやリノベーションが認められています。また地盤沈下や倒壊寸前の場合は難しいですが…基本的にはリフォームで再生させられることを知っておきましょう

 

建物の状態で耐震補強や耐火補強が必要になることもありますが、フルリフォームなら坪あたり40万〜50万円くらいで新築に近い状態を目指せます。

 

ただ状態がかなり悪いと新築以上にリフォーム費用が発生することも。必ず見積りとって検討してから計画を立てていきましょう。

 

更地にして活用する

例えば車が通れる道路に面している土地なら建物を解体し、更地にして自動車駐車場やバイク駐車場として活用するケースもあります。

 

ただし更地にするのはデメリットも大きいのでよく考えて決めなくてはなりません。例えば固定資産税が高くなります。これは小規模住宅用地特例が受けられなくなるため。また一度解体すれば2度と建築できない点も要注意です。

 

リフォームして賃貸に出し、収益物件にする

賃貸に出すのはアパートやマンションなどの集合住宅のイメージがありますが、一戸建ても一定の人気があります。特に都市部ほど需要が高め。もしも賃貸に出せるほど状態が良くないならリフォームやリノベーションで手直ししてあげればOK。

 

賃貸仲介会社に相談して、一戸建ての賃貸料金などを確認しておいて、リフォーム費用を回収できそうなら契約を、難しそうなら売却を検討するのが良いと思います。

 

隣地の人に売る

再建築不可物件は周辺不動産も同様に再建築不可物件になっているケースが多いです。もしかすると隣地の人も土地を広げ、再建築したいと考えているかもしれません。

 

場合によっては相場よりも高い値段で買い取られることもあり、悪くない選択肢だと言えます。ただし自分自身で話を持ち掛ける…いわゆる個人間取引はトラブルが多いのであまりオススメできません。やはり不動産会社に仲介を依頼するのがベターです。

 

終わりに

相続した再建築不可物件もただ置いておくだけではデメリットのほうが大きいものです。例えばすでに住宅を持っているなら、無理にリフォームして住む必要はありません。売ってしまえばある程度まとまったお金が手に入りますし、固定資産税の心配も不要に。

 

今回紹介した方法を採用する前に、現状でどれくらいの値段になるのかを把握しておくことも大切です。無料一括査定サイトなど便利なサービスを有効活用してみてください。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら

関連ページ

再建築不可を決定づけている建築基準法とは?どんな理由で建て替えが認められないの?
再建築不可物件たらしめる接道規定・接道義務を正しく理解する!
43条但し書きが適用されると再建築不可から外れることも!建て替えができる可能性が!
建ぺい率・容積率がオーバーしてしまうと既存不適格にされる?建築基準法を満たしていない建物でも売ることはできるのか?
再建築不可物件は賃貸に出すのと売却するのとではどちらがお得になる?
再建築不可物件の建て替えはダメだけどリフォームやリノベーションは認められている
再建築不可物件を更地にするとダメな理由とは?
再建築不可物件に限らず空き家の放置はデメリットだらけ!使わないならさっさと売るが吉
2015年から施行された特定空き家措置法はどんな意味を持つ?放っておくと大変なことになるかも
空き家になってしまった再建築不可物件を活用する4つの方法
再建築不可物件の売却相場はどれくらい?ケースで異なるので必ず複数業者に査定してもらう
再建築不可物件を早めに売却することで生まれるメリットとは?
再建築不可物件に人気がないのは融資してもらえないから買い手が限られることが原因だった!
再建築不可物件の取扱業者は少ない?その理由とは
再建築不可物件売却前までに近隣トラブル・もめごとは解決しておくべし!
リフォーム歴や修繕歴は保管しておく!「住まいのカルテ」は資産価値に大きな影響をもたらす
隣地から土地を借りる、買い取ることで建て替えが認められる!道路に2m以上接することが目的
43条但し書きの申請が認められれば再建築可能になることも!建築指導課に事前相談を申し込む
位置指定道路の申請が認められれば再建築できる可能性も!建築指導課に相談してみよう
再建築不可物件を不動産会社に売却依頼するなら媒介契約の種類を選ぶ必要あり!
再建築不可物件を売却する前の現地調査や役所調査はなぜ必要?
再建築不可物件の販売価格を決めるには?複数の業者から査定を受けることが大事!
再建築不可物件をより高く売るためには売主の努力も不可欠!どんな準備を心掛ける?
再建築不可物件に対応している業者は少ない?一括査定サイトを利用して心強いパートナーを見つけよう
再建築不可物件を査定してもらうときに注意したい3つのポイント
再建築不可物件の不動産売買契約はきちんと確認して!買主が一方的に有利な条件になっていることも
再建築不可物件の売却は最終的に受け取れる金額を最重要視するべき!見積額だけに惑わされないで
建物の維持修繕はとても大事!売値に直結するものと心得よう!
再建築不可物件の見積もり査定は1社だけで終わらせない!3社〜5社の複数社から査定を受ける
再建築不可物件を不動産買取業者に買い取りしてもらうときの交渉の仕方