複数社からの査定を受けるなら一括査定が便利!今や必須のサービス

再建築不可物件を売却する前に査定を受けるのは当たり前。いくらで売れるのかは誰だって気になりますし、あまりにも安いならリフォームして自分が住んだり、賃貸に出したり…といった選択肢も生まれます。

 

また1社だけで済ませず、複数社に査定してもらうメリットも大きいです。不動産会社を決めるため、そして相場を把握する意味を込めて大事なプロセスになります。

 

一括査定が早くて便利!ぜひ活用したい

これまでは複数社に査定してもらうためには1社ずつ依頼していく必要がありました。しかし時間も手間もかかりますし、当然査定結果が出る時間もまちまち。とても面倒でした。

 

しかし今はネットで簡単に一括査定が受けられるようになっています。1度情報を入力するだけで対応する不動産業者からそれぞれ査定が送られてくる仕組みになっていてとても便利!利用しない手はありませんよね。

 

高い査定額を提示してくれる業者を選んでも良いですし、対応が良いところを選んでもOK。たくさんの査定を受けてみないと分からないことは多いものです。

 

複数の査定を受けることの大事さ

いくら高い査定額を提示する業者でも成約価格が低ければ意味がありません。最初に提示される査定額は『机上査定』という、現物を見ずにスペックだけで判断するものです。つまり「だいたいこれくらいの値段かな?」というあやふやなもの。

 

そこで実際に担当者が見て判断する『訪問査定』を複数社にお願いしましょう。これで成約価格の目安がハッキリとしてきます。

 

もちろん訪問査定で出た価格では結局売れず、値下げせざるを得ないケースもあります。これを極力回避するには複数社の査定を受け、相場を見極めること、そして査定評価が妥当かを見極めることを意識しなくてはなりません。

 

査定額がバラバラ!同じ建物なのにどうして?

一括査定を利用してみると、各社の価格がバラバラで驚くかもしれません。数万円程度ならまだ分かりますが、場合によっては100万円以上差額が出ることも!

 

不動産の査定は過去の事例をもとに計算する『事例比較法』を用いることが大半。これをベースに各社がマニュアルを作っているので基準となるポイントが異なり、評価に違いが出て値段の差につながる…というわけです。また買取の場合だとストックの有無なども関係してきます。売却ノウハウやルートの問題も考えられますね。

 

終わりに

複数社から査定を受けるのは再建築不可物件でもそうでなくても今や当たり前のことになりつつあります。複数社に査定してもらうかそうでないかで100万円以上の差額が出る可能性を考えるとやらない理由がないですよね。

 

一括査定サイトは使い方も簡単。もちろん査定を依頼したからといって絶対に契約しなくてはならない、ということはありません。気軽に試してみてください。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら

関連ページ

再建築不可を決定づけている建築基準法とは?どんな理由で建て替えが認められないの?
再建築不可物件たらしめる接道規定・接道義務を正しく理解する!
43条但し書きが適用されると再建築不可から外れることも!建て替えができる可能性が!
建ぺい率・容積率がオーバーしてしまうと既存不適格にされる?建築基準法を満たしていない建物でも売ることはできるのか?
せっかく相続したのに再建築不可物件だった!どんな風に活用できる?
再建築不可物件は賃貸に出すのと売却するのとではどちらがお得になる?
再建築不可物件の建て替えはダメだけどリフォームやリノベーションは認められている
再建築不可物件を更地にするとダメな理由とは?
再建築不可物件に限らず空き家の放置はデメリットだらけ!使わないならさっさと売るが吉
2015年から施行された特定空き家措置法はどんな意味を持つ?放っておくと大変なことになるかも
空き家になってしまった再建築不可物件を活用する4つの方法
再建築不可物件の売却相場はどれくらい?ケースで異なるので必ず複数業者に査定してもらう
再建築不可物件を早めに売却することで生まれるメリットとは?
再建築不可物件に人気がないのは融資してもらえないから買い手が限られることが原因だった!
再建築不可物件の取扱業者は少ない?その理由とは
再建築不可物件売却前までに近隣トラブル・もめごとは解決しておくべし!
リフォーム歴や修繕歴は保管しておく!「住まいのカルテ」は資産価値に大きな影響をもたらす
隣地から土地を借りる、買い取ることで建て替えが認められる!道路に2m以上接することが目的
43条但し書きの申請が認められれば再建築可能になることも!建築指導課に事前相談を申し込む
位置指定道路の申請が認められれば再建築できる可能性も!建築指導課に相談してみよう
再建築不可物件を不動産会社に売却依頼するなら媒介契約の種類を選ぶ必要あり!
再建築不可物件を売却する前の現地調査や役所調査はなぜ必要?
再建築不可物件の販売価格を決めるには?複数の業者から査定を受けることが大事!
再建築不可物件をより高く売るためには売主の努力も不可欠!どんな準備を心掛ける?
再建築不可物件に対応している業者は少ない?一括査定サイトを利用して心強いパートナーを見つけよう
再建築不可物件を査定してもらうときに注意したい3つのポイント
再建築不可物件の不動産売買契約はきちんと確認して!買主が一方的に有利な条件になっていることも
再建築不可物件の売却は最終的に受け取れる金額を最重要視するべき!見積額だけに惑わされないで
建物の維持修繕はとても大事!売値に直結するものと心得よう!
再建築不可物件を不動産買取業者に買い取りしてもらうときの交渉の仕方