オープンハウスでのちょっとした工夫が物件の売れ行きを左右します

不動産の広告などで「オープンハウス開催します!」「オープンハウス実施中!」という宣伝文句を見かけることが多いのではないでしょうか。オープンハウスというのは住宅を販売するための一つの方法であり、実際に売りに出されている住宅を開放して購入希望者に自由に見学してもらうという販売方法です。

 

オープンハウスについては新築の場合も中古の場合もありますし、さらに一戸建ての場合もマンションの場合もあります。住宅展示場やモデルルームはあくまでも販売のためのサンプルなのですが、オープンハウスの場合には物件そのものを買い手に見てもらうことになりますので、買い手は住宅の購入をより具体的に検討することができるというメリットがあるのです。

 

今回はオープンハウスを成功させるための方法や工夫などについて、さらに詳しく確認してみたいと思います。住宅の販売を成功させるための参考として活用してみてください。

 

買い手は物件の詳細をしっかりと確認しています

オープンハウスを開催する際に様々な工夫を行うことで、物件の売れ行きを大きく向上させることができます。買い手は新築に近い住宅ほど好印象を感じることになりますので、まずは物件の掃除をしてできるだけきれいな状態にすることを心がけてください。

 

買い手は物件を実際に内覧する際には、売り手が考える以上に細部までしっかりと確認をしています。住宅の購入は高額な買い物になりますので、買い手は物件を隅々まで詳細にチェックしているのです。

 

買い手の第一印象が売買契約の成立に大きく影響することになります

住宅の売買契約が成立するかどうかについては、物件に対する買い手の第一印象が大きく影響することになります。初めて物件を内覧した際に買い手がが好印象を持ってくれれば、物件の細部などの多少の欠点についてはあまり気にならないことが多いようです。

 

一方で最初の時点での印象がイマイチだと、その後様々な交渉をしても売買契約を成立させることは難しいようです。オープンハウスを開催する際にはできるだけ明るいイメージを演出しましょう。室内の照明をすべて点灯して、カーテンや窓なども開けるようにしてください。きれいな花を植えたプランターなどを置いてみることなどもおすすめです。

 

物件をキレイにするためにはハウスクリーニングの活用がおすすめです

買い手は物件の水回りについて、特に厳しくチェックをしています。実際に住宅を購入した後で不具合が発生しやすい箇所であるのが水回りであり、水回りに不具合があると床が腐ったりカビが発生したりする原因になるのです。オープンハウスを開催する直前には、水回りを中心に徹底した清掃を行ってください。自分で清掃を行っても構わないのですが、余裕があれば業者にハウスクリーニングを依頼することをおすすめします。

 

ある程度の費用を支払うことが必要になるのですが、専門の教育を受けたプロが徹底したクリーニングを行いますので、かかった費用以上の効果を期待することができるはずです。特に喫煙者が利用していた物件やペットを飼っていた物件などに有効ですから、ハウスクリーニングの積極的な活用を検討してみてください。

 

不動産一括査定サイトを活用して信頼できる不動産業者を探してみましょう

今回はオープンハウスを成功させるための方法や工夫などについて確認してみましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容について簡単にまとめてみると、以下のとおりとなります。

 

  • 買い手は購入を検討する物件の隅々まで厳しいチェックを行っています
  • 買い手の物件に対する第一印象が売買契約の成立を大きく左右することになります
  • 物件をキレイにするためにハウスクリーニングの活用を検討してみてください

 

オープンハウスの開催で迷った場合には、不動産業者に相談をしてみましょう。不動産業者にはこれまでの販売による様々なノウハウの蓄積がありますので、オープンハウスの開催についても的確なアドバイスを受けることができるはずです。安心して相談ができる不動産業者を探すためには、インターネットの不動産一括サイトを活用してみてください。

 

まとめて複数の不動産業者に見積もりを依頼できますので、担当者の対応や査定額などを比較しながら不動産業者を検討することができます。信頼できる不動産業者を見つけることができれば、それだけ物件を高値で売却できる可能性が高くなるのです。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら