オープンハウスではペットについては特に注意が必要です

オープンハウスを開催する際には、買い手にできるだけ良い印象を持ってもらうことが重要になります。買い手の物件に対する第一印象は物件の売買契約の成立に大きな影響を与えますので、売り手は買い手に良い印象を持ってもらえるような工夫や努力などをしてください。具体的には物件をできるだけきれいな状態にすることが効果的です。

 

水回りなどを中心にしっかりと掃除をして、可能であれば業者にハウスクリーニングを依頼することについても検討をしてみてください。ある程度の費用が必要ですがプロの業者が徹底したクリーニングを行いますので、かかった費用以上の効果を期待することができるはずです。

 

今回は特にペットを飼っている物件を売却する際の注意点について、さらに詳しくご紹介したいと思います。ペットを飼っている物件の売却を検討している人は、ぜひとも参考にしてみてください。

 

ペットは外に連れ出すか人に預けるようにしましょう

ペットを飼っている物件でオープンハウスを開催する際には、買い手とペットは接触させないように注意をしてください。買い手が来場している間については、ペットは散歩に連れ出したり人に預けたりすることをおすすめします。

 

ペットについては苦手な人などもいますので、不特定多数の買い手が訪れるオープンハウスにはふさわしくないのです。またペットが好きでもペットを飼っていた物件は嫌だという買い手などもいるようです。ペットの好き嫌いと物件に関する評価は別になりますので、くれぐれも注意をしてください。

 

ペットを飼っている物件は敬遠されることが多くなります

ペットを室内で飼育していると、どうしても柱や床などに傷がついてしまうことになります。また糞尿の臭いなどが染みついてしまうと、畳や壁紙などを交換することが必要になるかもしれません。そのためオープンハウスで売り手のペットなどを見かけると、その時点で購入対象から除外してしまう買い手などもいるのです。

 

ペットはとてもかわいらしいものなのですが、物件を売却する場合には大きなマイナス原因となってしまうことがほとんどですので、ペットを飼っている物件であることは内緒にしておいた方が有利かもしれません。

 

オープンハウスを開催する際に売り手が立ち会う必要はありません

オープンハウスを開催する場合には、特に必要がなければ売り手が立ち会う必要はありません。実際の買い手との応対などは不動産業者の担当者が行いますので、買い手にアピールしたいポイントなどを不動産業者の担当者にしっかりと伝えておくようにしてください。

 

買い手の立場からは売り手がいない方が、落ち着いてじっくりと物件を吟味することができるようです。売り手には物件を見学に来た人がリラックスできる環境を作るために、オープンハウスの当日は家族全員でどこかに出かけることなどをおすすめしたいと思います。

 

ペットを飼っている物件の不動産業者を探してみましょう

今回はペットを飼っている物件を売却する際の注意点などについて確認してみましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容を簡単にまとめると、以下のとおりです。

 

  • オープンハウスを開催する場合にはペットと買い手を接触させないようにしましょう
  • ペットを飼っている物件についてはこれを敬遠する買い手が多いようです
  • 売り手は外出などをして買い手がリラックスして見学できる環境を作るようにしましょう

 

これまでの販売経験が豊富な不動産業者に相談をすれば、ペットを飼っている物件の売却についても的確なアドバイスを受けることができるはずです。ペットを飼っている物件の売却で困った場合には、不動産業者に相談をしてみてください。

 

信頼できる不動産業者を見つけるためには、インターネットの不動産一括サイトが役立ちます。複数の不動産業者に一度にまとめて見積もりを依頼することができますので、提示された査定額や担当者の対応などを比較検討することで最適な不動産業者を選択することができるのです。ペットを飼っている物件の売却を成功させるために、安心して販売を任せることができる不動産業者を選ぶようにしましょう。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら