オープンハウスではできるだけ無臭にすることを心がけてください

物件を売却するためにオープンハウスを開催する際には、特に売却を希望する物件の臭いについて注意が必要になります。物件の売買契約を成立させるためには買い手にできるだけ良い印象を持ってもらうことが重要になりますので、物件の臭いについてもしっかりとした対策を行うことを心がけるようにしましょう。

 

今回はオープンハウスを開催する際の臭いとその対策について、さらに詳しくご紹介したいと思います。物件の売却を成功させるための参考として、積極的に活用してみてください。

 

臭いのする物件は買い手から敬遠されることになります

売り手が考えている以上に買い手にとって気になるのが、物件の臭いです。特にペットの臭いやタバコの臭いなどが染みついた物件は買い手から敬遠されることになりますので、くれぐれもしっかりとした対策を心がけるようにしましょう。

 

芳香剤などを利用して臭いをごまかそうとする人などがいるようですが、これはむしろ逆効果になってしまうことが多いようです。室内を無臭にするためには消臭剤などの活用が効果的になります。さらにエアコンの内部などについてもしっかりと清掃をして、カビの臭いなどを取り除くようにしてください。

 

物件の臭いについては家族や友人などにも確認してもらうようにしましょう

物件の臭いについてはしっかりとした対策を行うことが望ましいのですが、どうしても清掃などのための時間が取れないという場合には換気だけでも行うようにしましょう。空気の循環をスムーズにするために、すべての窓を開放してください。

 

およそ10分程度の室内の換気を行うだけでも、物件の臭いはかなり改善されるはずです。自分が住んでいる部屋の臭いなどについては、売り手本人には感じにくくなります。慣れにより感覚がマヒしてしまうため、自分の部屋の臭いについては鈍感になってしまうのです。物件の臭いについては自分だけで判断するのではなく、家族や友人などにも確認してもらうことをおすすめしたいと思います。

 

オープンハウスの来場者に不快感を与えないようにくれぐれも注意をしてください

夏場などの時期には、生ごみなどの臭いにも注意が必要になります。ごみについてはオープンハウスの前の収集日にすべて出してしまうようにしましょう。またどうしてもごみの処分が難しいという場合には、臭いがしやすい生ごみなどは冷凍しておくようことをおすすめします。

 

その他には洗濯物の臭いについても注意が必要です。生乾きの洗濯物は思った以上に強い臭いがしますので、洗濯物をオープンハウス当日に干すことは控えて来場者に不快感を与えないように心がけてください。

 

オープンハウスに関する知識や経験が豊富な不動産業者を探してみましょう

今回はオープンハウスを開催する際の臭いとその対策について解説しました。主な内容について簡単にまとめてみると、以下のとおりとなります。

 

  • 臭いのする物件は買い手から敬遠されてしまうことになります
  • 物件の臭いについては家族や友人などにも判断してもらうようにしましょう
  • 買い手に不快感を与えないようにくれぐれも注意をしてください

 

その他には宗教などに関するものがあれば、できるだけ買い手の目に触れないように事前に片付けておくことをおすすめします。宗教については様々な考え方がありますので、買い手に嫌悪感や誤解などを与えないようにくれぐれも注意をしましょう。オープンハウスの開催などに関する疑問については、不動産業者のアドバイスが役立ちます。

 

インターネットの不動産一括査定サイトを活用すれば、複数の不動産業者に同時に見積もりを依頼することができますので、オープンハウスに関する知識や経験が豊富な不動産業者を探すことができるのです。担当者の対応や提示された査定額などを参考にすることで、様々な不動産業者を手軽に比較・検討することができますので、不動産の売買契約を成立させるために最適な不動産業者を探してみてください。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら