親名義の不動産売却で確認したいポイント

日本では近年において少子高齢化が進行しているのですが、特に高齢化の進行が深刻な問題となっているようです。寿命が延びたこと自体は喜ばしいことなのですが、一方で判断能力が認知症などにより減退して不十分になってしまう高齢者なども増えています。

 

不動産については売買に関する法律的な手続きが必要になりますので、親が高齢になると売却のための手続きが難しくなってしまうかもしれません。親名義の不動産を売却することが必要になった場合に、親自身が手続きを行うことが難しいという場合には、どのように対処をすればよいのでしょうか。

 

親名義の不動産を売却するために必要なこととは?

親名義の不動産を売却するためには、資産売却のための代理人となることが必要です。子供(長男など)が後見人を務めることが一般的なのですが、この場合には法律的な手続きを行うことになります。

 

具体的には「成年後見制度」の申請を申し立てることになるのですが、この制度は軽度の痴呆症や知的障害などの場合にも利用することができますし、さらに禁治産者制度や準禁治産者制度よりも手厚い保護を受けることができますので、積極的に活用したい制度だといえるでしょう。

 

不動産を売却した場合には確定申告が必要になります

不動産を親の死亡などにより相続した場合には、その後相続税などの税金を支払うことが必要になります。またその後不動産を売却した場合には譲渡益に対して譲渡税の支払いが必要になりますので、確定申告を忘れずに行うようにしてください。

 

取得価額と売却価額の差額が譲渡益となるのですが、取得した時期が古い不動産の場合には取得価額がはっきりしないという場合があります。そのような場合には譲渡金額の5%相当が譲渡益であると考えればよいでしょう。手続きなどの詳細については、税理士などの専門家に相談をしてみてください。

 

相続によって損をしないようによく考えて相続しよう

相続では資産と負債を同時に引き継ぐことになりますので、資産よりも負債の方が多いという場合には相続により損をしてしまうことになります。例えば資産1000万円を受け取ることができたとしても、負債2000万円を同時に引き継いだのであれば結果的に1000万円の負債を相続したことになるのです。相続については部分的な放棄は認められていませんので、相続をすることが有利なのかどうかについては資産や負債などの状況をしっかりと確認して、くれぐれも慎重に判断するようにしてください。

 

今回は「親名義の不動産売却するなら資産売却の代理人になる必要がある」「相続不動産を売却する場合、税金が発生するので要注意」「相続不動産を売却したら確定申告が必要になる」「大手不動産業者なら質の高いサービスに期待できる」などの項目についてご紹介しますので、親名義の不動産を売却する場合や相続した不動産を売却する場合などの参考として活用してみてください。

 

不動産の名義が親になっている場合の売却のカテゴリー内容
  • 親名義の不動産売却するなら資産売却の代理人になる必要がある
  • 少子高齢化の進行は現代日本の大きな問題となっているのですが、特に深刻なのが高齢化の進行です。寿命が延びたことはとても素晴らしいことなのですが、その一方では認知症などを発症して、判断能力が不十分になってしまう高齢者なども増加しています。

     

    法律的な手続きが不動産の売買には必要になりますので、例えば親が認知症になってしまった場合などには親自身が住宅売却の手続きを行うことが難しくなります。そのような場合には長男などが成年後見制度の申請をして、法的手続きにより代理人になることを検討してみてください。

     

    >>親名義の不動産売却するなら資産売却の代理人になる必要があるの詳細はこちら

     

  • 相続不動産を売却する場合、税金が発生するので要注意
  • 親が死亡して不動産の相続が発生する場合があるのですが、相続については財産と負債の両方をしっかりと確認することが重要になります。相続では財産と負債の両方を合わせて引き継ぐことになりますので、財産よりも負債の方が多いと結果的に損をしてしまうのです。

     

    さらに相続した不動産を売却して利益が発生した場合には、譲渡税の支払いが必要になります。具体的には確定申告の手続きが必要になりますので、取得費などを事前にしっかりと確認しておくようにしましょう。古い不動産で取得費がわからない場合には、取得費を譲渡金額の5%として算定してください。

     

    >>相続不動産を売却する場合、税金が発生するので要注意の詳細はこちら

     

  • 相続不動産を売却したら確定申告が必要になる
  • 長男などの場合には親が死亡すると、その後不動産を相続することがあるかもしれません。相続した不動産を売却して利益が発生した場合には、譲渡益に対して譲渡税の支払いが必要になります。確定申告が必要になりますので、必要な手続きなどを事前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

     

    また相続した不動産の売却損が発生した場合には、これを損失として確定申告することもできます。確定申告は自分で行うこともできるのですが、手続きに不安を感じる人は税理士などの専門家に相談をしてみてください。不動産の売却に関する各種の税金については、不動産業者に相談してみるのもよいでしょう。

     

    >>相続不動産を売却したら確定申告が必要になるの詳細はこちら

     

  • 大手不動産業者なら質の高いサービスに期待できる
  • 不動産の売却を希望する場合には、不動産業者に売却の仲介を依頼することが必要になります。不動産をできるだけ高値で売却するためには経験が豊富な優秀な不動産業者に依頼をすることが重要であり、不動産の売却価額は不動産業者の実力により大きく変動するのです。

     

    どの不動産業者に依頼をすればよいのかわからないという人は、信頼できる大手不動産業者を選ぶようにしてください。大手不動産業者には長年の営業による様々なノウハウや独自のネットワークなどがありますので、高品質なサービスによる高値での売却を期待することができます。

     

    >>大手不動産業者なら質の高いサービスに期待できるの詳細はこちら

一括査定ランキング

一括査定ランキングはこちら

近年では日本社会の少子高齢化が進行しているのですが、特に高齢化の進行が顕著となっているようです。日本人全体の寿命が延びたことにより、認知症などで判断能力が減退して不十分になってしまう高齢者が増加しています。不動産の売買については法律的な手続きが伴いますので、親が高齢であれば売却の手続きを行うことが難しい場合などもあるかもしれません。様々な事情により親の名義の住宅を売却する必要が生じた際に、親自身が...

親の死亡などにより財産を相続した場合には、税金の支払いが必要になります。また相続については資産だけでなく負債についても相続する必要がありますので、死亡した人の資産よりも負債の方が多かった場合には相続により損をしてしまうことになります。今回は相続不動産と税金の関係について確認してみたいと思います。親の名義の不動産を売却した場合には税金の支払いが必要です親名義の不動産を売却した場合には税金の支払いが必...

親の死亡などで相続が発生したことにより、住宅を相続する人なども多いのではないでしょうか。相続した住宅を自分の居宅として活用することができればよいのですが、様々な事情により相続した住宅を利用することができない場合などもあるかもしれません。また中には相続した住宅をそのまま放置しているという人などもいるようですが、これについては正直あまりおすすめはできないのです。相続した住宅を放置していると毎年固定資産...

不動産の売却を希望するのであれば、まずは不動産業者に売却の仲介を依頼することになります。不動産の売却は個人には難しくなりますので、プロである不動産業者に依頼をして買主を探してもらうことが必要なのです。しかし現在は様々な不動産業者が営業を行っていますので、どの不動産業者に依頼をすればよいのかわからずに困っているという人なども多いようです。不動産業者選びで迷ったという場合には、まずは信頼性の高い大手不...