相続した不動産を売却した場合には確定申告が必要です

 

親の死亡などで相続が発生したことにより、住宅を相続する人なども多いのではないでしょうか。相続した住宅を自分の居宅として活用することができればよいのですが、様々な事情により相続した住宅を利用することができない場合などもあるかもしれません。また中には相続した住宅をそのまま放置しているという人などもいるようですが、これについては正直あまりおすすめはできないのです。

 

相続した住宅を放置していると毎年固定資産税を支払うことが必要になりますし、さらに住宅を放置していると住宅の劣化が進行して価値が低下してしまうことになります。さらに近隣トラブルなどの原因となってしまうことなどもあるようです。相続した住宅を活用することが難しいのであれば、早めに売却することを検討しましょう。今回は相続不動産の売却と確定申告の関係について、さらに詳しく確認してみたいと思います。

 

相続した不動産の売却で損失が発生した場合には税務署に申告しましょう

例えば父親が2000万円で購入した住宅を相続して、その後この住宅を1000万円で売却したのであれば、差額の1000万円を損失として申告することができます。購入の際や売却の際にはその他に売却手数料などの各種費用も発生しますので、損が発生していることは明確です。

 

実際に申請を行うためには購入時の代金を領収書契約書などにより証明することが必要になります。また証明できる書類が見つからないという場合には、当時のパンフレットチラシなどで代用することができるかもしれません。詳しくは税務署などに相談をしてみてください。

 

確定申告の時期は契約日と引き渡し日のいずれかにより確定します

契約日引き渡し日のいずれかにより、確定申告の時期が確定します。契約を年度内に完了したという場合には、その年度において確定申告を行うことができるのです。相続物件を売却する場合には、特に高齢者の場合には不安を感じることが多いのではないでしょうか。高額な税金の支払いが必要になると年金収入だけでは支払いが大変になりますので、相続不動産に関する不安や悩みなどがあれば不動産業者税理士などに相談をしてみてください。

 

相続不動産を取り扱った経験が豊富な不動産業者を選ぶようにしましょう

相続不動産の売却を検討しているのであれば、相続や税金に関する知識が豊富な不動産業者を選択するようにしましょう。業者を探すためにはインターネットの不動産一括査定サイトが役立ちます。様々な不動産業者に対して同時に物件の査定を依頼することができますので、査定額や担当者の対応などを参考にしながら最適な不動産業者を選ぶことができるのです。相続不動産を取り扱った経験が豊富な不動産業者であれば、安心して売却を任せることができるでしょう。

 

信頼できる不動産業者を選択することが相続不動産の売却を成功させるための重要なポイントです

今回は相続不動産の売却と確定申告の関係について確認してみましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容を簡単にまとめてみると、以下のとおりとなります。

 

  • 相続不動産の売却で損失が発生した場合には税務署に申告を行いましょう
  • 契約日と引き渡し日のいずれかにより確定申告の時期が確定します
  • 相続不動産の取り扱い経験が豊富な不動産業者を選ぶようにしましょう

 

現在は様々な不動産業者が営業を行っていますので、相続不動産の売却の際にどの不動産業者に依頼をすれば良いのかわからず悩んでいるという人なども多いようです。不動産業者の中には自社の利益だけを優先して、契約をしてしまえばあとは安売りをしてさっさと売ってしまえばよいと考えている悪徳業者なども存在します。

 

相続不動産をできるだけ高値で売却したいのであれば、売主の立場に立って売主の希望を実現するための販売戦略などを提案してくれる不動産業者を選択するようにしましょう。信頼できる良い不動産業者を選択することが、相続不動産の売却を成功させるための重要なポイントなのです。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら