親名義の不動産を売りたい場合には代理人になることが必要です

 

近年では日本社会の少子高齢化が進行しているのですが、特に高齢化の進行が顕著となっているようです。日本人全体の寿命が延びたことにより、認知症などで判断能力が減退して不十分になってしまう高齢者が増加しています。不動産の売買については法律的な手続きが伴いますので、親が高齢であれば売却の手続きを行うことが難しい場合などもあるかもしれません。

 

様々な事情により親の名義の住宅を売却する必要が生じた際に、親自身が手続きを行うことが難しいのであればどうすれば良いのでしょうか。今回は親名義の不動産を売却するための方法について、さらに詳しく確認してみたいと思います。

 

親の名義の住宅を売却するためには資産売却のための代理人となることが必要です

資産売却のための代理人となることが、親の名義の住宅を売却するためには必要になります。長男が後見人になることが多いのですが、この場合には法律的な手続きを行うことが必要とされています。具体的には成年後見制度の申請を行うことになるのですが、この制度は軽度の知的障害や痴呆などの場合にも活用することができるのです。従来から利用されている禁治産者制度や準禁治産者制度などに比較すると、保護が手厚いことが成年後見制度の特徴だといえるでしょう。

 

売却を依頼する不動産業者を探すためには不動産一括査定サイトが役立ちます

資産売却の代理人として選任されたのであれば、通常の不動産と同じように親名義の不動産を売却することができます。不動産業者に売却を依頼するための準備を行いましょう。売却を依頼する不動産業者を選ぶためには、インターネットの不動産一括査定サイトの活用をおすすめしたいと思います。

 

複数の不動産業者に一度に売却額の見積もりを依頼することができますので、提示された査定額や担当者の対応などを参考にしながら最適な不動産業者を選ぶことができます。親名義の住宅の売却を担当した経験がある不動産業者などを探すためにも、大いに役立つはずです。

 

売主の立場に立って販売計画を提案してくれる良心的な不動産業者を選ぶようにしましょう

親名義の住宅の売却を依頼する不動産業者を選ぶ場合には、できる限り慎重に選択することを心がけるようにしましょう。不動産の販売価格は売主と買主の合意により成立するのですが、実際には仲介を行う不動産業者の影響が大きいのです。同じような不動産であっても、取り扱う不動産業者が異なれば売却価格に数百万円の違いが生じることになります。

 

さらに契約をしてしまえば後は安売りをしてしまえばよいと考えている不動産業者や、あるいは不動産の知識が乏しい売主の足元を見る不動産業者なども存在しますので、くれぐれも注意が必要です。不動産をできるだけ高値で売却したいのであれば、売主の希望に合わせてしっかりとした販売計画を提案してくれる不動産業者を選ぶようにしてください。

 

任意売却を利用すれば住宅ローンの残額がある物件を売却することができます

今回は親名義の不動産を売却するための方法について確認してみましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容を簡単にまとめてみると、以下のとおりとなります。

 

  • 親の名義の住宅を売却するためには資産売却のための代理人となることが必要です
  • 不動産業者を選ぶためにはインターネットの不動産一括査定サイトを活用してみてください
  • 売主の立場に立って販売計画を提案してくれる不動産業者を選ぶようにしましょう

 

まずは話をじっくりと聞いてくれて、さらに売主の希望を実現するための価格設定や販売戦略などを提案してくれる不動産業者を選ぶようにしてください。安易な値引きを提案する不動産業者では自社の利益を優先して「早く取引を成立させてしまいたい」などと考えていることが多いようです。親名義の不動産をできるだけ高値で売却したいのであれば、信頼できる良心的な不動産業者に依頼をすることが重要になります。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら