相続した不動産の売却には税金が発生しますので注意してください

 

親の死亡などにより財産を相続した場合には、税金の支払いが必要になります。また相続については資産だけでなく負債についても相続する必要がありますので、死亡した人の資産よりも負債の方が多かった場合には相続により損をしてしまうことになります。今回は相続不動産と税金の関係について確認してみたいと思います。

 

親の名義の不動産を売却した場合には税金の支払いが必要です

親名義の不動産を売却した場合には税金の支払いが必要になります。譲渡益に対して譲渡税を支払うことが必要になりますので、必ず確定申告を行うようにしてください。確定申告の際には減価償却費や取得費などについてもしっかりと確認するようにしましょう。

 

取得費については売買契約書などにより確認することができるのですが、取得から一定の期間が経過してしまったという場合には確認が困難になるかもしれません。そのような場合には算定の目安として、譲渡金額の5%を譲渡益と考えてみてください。相続財産を売却するのであれば、具体的な手続きについては専門家に相談することをおすすめします。手続きを確実でスムーズに行うことができるはずです。

 

資産と負債を同時に相続することになります

相続財産を実際に売却するのであれば他の相続人と、売却代金をどのように分配するのかについて相談しておくことが必要になります。ただし相続した財産のトータルがマイナスになるケースなどもありますので、くれぐれも注意が必要になります。

 

相続については「財産を受け取ることができる」というイメージが強いのですが、実際には資産だけではなく負債についても同時に相続することになりますので、相続財産のトータルがマイナスであればむしろ損をしてしまうことになるのです。例えば資産を1000万円受け取ることができたとしても、同時に負債を2000万円引き継ぐことになれば、トータルでは1000万円の負債を相続することになります。

 

相続に関する判断はくれぐれも慎重に行うようにしてください

相続の際に資産だけを相続して、負債だけを放棄することは認められていません。あくまでも資産と負債を同時に相続するということになりますので、資産と負債をトータルで考えて得になるのか損になるのかを判断することが必要です。一度相続の決定をしてしまうと、その後確認された負債などについても相続の義務が生じることになります。後になってから後悔しないように、事前にしっかりと慎重に確認しておくことが必要になります。

 

相続には単純承認・限定承認・相続放棄の3つの方法が認められています

今回は相続不動産と税金の関係について確認してみました。主な内容を簡単にまとめると以下のとおりです。

 

  • 相続不動産を売却した場合には税金の支払いが必要になります
  • 相続の際には資産だけでなく負債についても引き継ぐことになります
  • 相続の判断はくれぐれも慎重に行うようにしましょう

 

死亡した人の資産よりも負債のほうが多いという場合には、相続を放棄することが認められています。相続については単純承認限定承認相続放棄の3つの方法が認められているのです。単純承認は資産と負債を同時に相続する方法であり、特に手続きを行わない場合には単純承認を選択したものとみなされます。限定承認は資産と負債のどちらが多いのかよくわからない場合におすすめの方法です。資産と負債を相殺した残額がプラスであればこれを相続し、マイナスの場合にはこれを放棄することができます。

 

また最初から負債が多いことが明らかな場合には、すべてを放棄する相続放棄を選択するようにしましょう。ただし限定承認や相続放棄を選択する場合には、家庭裁判所に届け出ることが必要になります。また相続があったことを知った日から3か月が経過すると限定承認や相続放棄を選択することはできなくなりますので、くれぐれも注意が必要になります。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら