不動産売却で高く売りたいなら!これだけは知っておくべき!

不動産の売却の際には、買い手から売却の理由を尋ねられることが多くなります。売却の理由は買い手の印象を大きく左右しますので、事前にしっかりとした理由を考えておくようにしてください。

 

例えば売却の理由が「シロアリが発生した」「近隣住人とトラブルになった」「深夜の騒音がひどい」などであれば、買い手の購入意欲は大幅に低下してしまうことになります。売り手には買い手に対して住宅の欠陥や不具合などを伝える義務があるのですが、だからといってそれをそのまま売却の理由にしてしまうことはおすすめできません。

 

物件を売却する際にはポジティブな理由を考えよう

売り手がネガティブな理由で売却を希望する物件については、買い手の側も同様の印象を感じることになります。特に欠陥や不具合などが理由の場合には、取引そのものを敬遠されてしまうかもしれません。物件を売却する理由については、できるだけポジティブなものを考えておくようにしましょう。

 

たとえば「子供が成長して独立したので小さな家に住みたい」「家族が増えたので広い家に住みたい」「新築住宅に住みたい」「マンションに住みたい」などの理由で売却を希望するのであれば、買い手は安心して購入を検討することができるはずです。

 

売り手が不動産の売却を希望する理由は様々なのですが、一部には様々な理由により割安で売りに出されている物件などもあります。例えば会社の倒産が理由で売り出されている物件は、比較的割安でお買い得であることが多くなります。経営が比較的順調だった頃に経営者が購入した物件であれば、かなりの優良物件であることが期待できます。

 

また会社の倒産の場合には売主はできるだけ早く現金化したいと考えていますので、一般的な市場価格よりも売却価格が割安に設定されていることが多いのです。

 

物件に不具合がある場合には業者を通して伝えよう!

不動産の買い手は、売り手が物件を売却する理由について強い関心を持っています。不動産は多くの人にとって人生で最大の買い物になりますので、購入に関しては大きな不安を感じているのです。売り手には買い手に対して、物件に関する不具合などを伝えることが義務付けられています。

 

ただし売り手が買い手に直接伝える必要はありませんので、不動産業者などを通じて伝えるようにすればそれでOKです。また不具合などを直接の売却の理由にすることはおすすめできません。売却の理由については、できるだけポジティブなものを考えておくようにしてください。

 

今回は「ポジティブなスタンスで悪印象を与えずに家を売却する理由を考える」「売主が売却する物件の情報は必ず聞いて購入は慎重に検討」「売却する物件にトラブルや問題がある場合は必ず業者と買主に連絡」などの項目についてご紹介しますので、不動産の売却の理由を考えるための参考として活用してみてください。

 

売却理由はポジティブな情報が吉のカテゴリー内容
  • ポジティブなスタンスで悪印象を与えずに家を売却する理由を考える
  • 不動産の売却を希望する場合には、買主に悪印象を与えることなく物件が売却できるような理由を考えておくようにしてください。ネガティブな理由で物件の売却を希望すると買主からは購入を敬遠されてしまうことになりますので、できるだけポジティブな理由を考えておくことをおすすめします。

     

    例えば「新築住宅に住み替えたい」「広い家に住み替えたい」「マンションに住み替えたい」「子供が独立したため」「転勤のため」などの理由であれば、買主は安心して購入を検討することができます。物件を売却する理由については、くれぐれも慎重に検討するようにしましょう。

    >>ポジティブなスタンスで悪印象を与えずに家を売却する理由を考えるの詳細はこちら

     

  • 売主が売却する物件の情報は必ず聞いて購入は慎重に検討
  • 不動産の購入を検討する際には、売主が物件の売却を希望する理由を必ずチェックするようにしてください。例えば会社の倒産などが理由で売りに出される物件は、お値打ちでお得な物件であることが多いようです。一方のいわゆる訳あり物件については、やはり敬遠するのが賢明だといえるでしょう。

     

    一方で不動産の売却を希望する売主は、買主が納得して購入できるような売却の理由を考えておくことが必要になります。ただし嘘や隠し事などがあると後々のトラブルの原因になる場合がありますので、物件の不具合や欠陥などの不利な情報は買主に確実に伝えることを心がけてください。

     

    >>売主が売却する物件の情報は必ず聞いて購入は慎重に検討の詳細はこちら

     

  • 売却する物件にトラブルや問題がある場合は必ず業者と買主に連絡
  • 売却を希望する物件に不具合や欠陥などのトラブルがある場合には、買主に正しい情報を確実に伝えることが必要になります。後になってから不利な情報が判明した場合には、売買契約そのものをキャンセルされてしまうかもしれませんし、さらに損害賠償を請求されることなどもあるようです。

     

    不動産の売買契約は売主と買主の信頼関係に基づいて成立するものであり、嘘や隠し事などがあると売主も買主も損をしてしまうことになります。買主の疑問や不安などを解消することが売買を成立させるための重要なポイントですから、売主は買主の質問などには誠実に対応するようにしてください。

     

    >>売却する物件にトラブルや問題がある場合は必ず業者と買主に連絡の詳細はこちら

一括査定ランキング

一括査定ランキングはこちら

住宅の売却を検討する際には、売却の理由をあらかじめ明確にしておくことが必要になります。具体的な理由については売り手の自由なのですが、できれば前向きな理由を考えておくことが望ましいといえるでしょう。ポジティブな理由により売却を希望するのであれば、買い手は納得して物件の購入を前向きに検討してくれるはずです。しかし売却の理由がネガティブなものであれば、買い手は物件の購入に対して消極的になってしまうかもし...

住宅の売却を希望する人には様々な理由があるのですが、近年では別の住宅への住み替えのために現在の住宅の売却を検討するという人が増えています。具体的には「子供が成長したので今よりも広い家に引っ越したい」「子供が独立して夫婦2人だけになったので手入れのしやすい小さな家に引っ越したい」「高齢になって階段がつらいのでバリアフリーの平屋住宅に引っ越したい」「雪かきが大変なのでマンションに引っ越したい」などの理...

不動産の購入を検討している買い手は、様々な不安などを感じています。また売り手が物件を売却する理由について、強い関心を持っているようです。これは様々なトラブルを事前に避けたいと考えていることが、その理由となっています。多くの人にとって不動産は人生における最大の買い物ですから、買い手は物件に関する詳細を慎重に確認しているのです。今回は売却を希望する不動産に関する各種のネガティブな情報について、さらに詳...