不動産売却で高く売りたいなら!これだけは知っておくべき!

不動産を売り出した場合には、売り手は買い手から値引きを求められることが多いようです。不動産の取引価格は売り手と買い手の合意で決まりますので、買い手からの値引き交渉にはある程度応じることが必要だといえるでしょう。ただし物件の売却希望価格を安易に値引きすることはおすすめできません。

 

特に優良な物件の売却を希望する場合には、値引きについてはくれぐれも慎重に検討するようにししてください。値引きを行うことは物件の価値を下げることになりますので、値引きについては売買交渉を成立させるための最後の手段であると考えるようにしましょう。

 

物件の値下げをする際には目的を再度確認しよう

その一方でなかなか物件の買い手が見つからないという場合には、売り手は物件の値引きを積極的に検討することが必要になります。物件には比較的売れやすい時期があり、売り出しの直後が物件を高値で売却するための最大のチャンスになるのです。

 

この時期に買い手を見つけることができないと、その後は長期売れ残り物件になってしまう可能性が高くなります。売れないことが原因でさらに売れなくなるという悪循環に陥ってしまいますので、買い手が見つからない場合には値下げにより早めに売り切ってしまうことをおすすめしたいと思います。

 

値引きについて検討する際には、住宅を売却する目的をもう一度確認するようにしましょう。値下げをすれば物件の買い手は見つかりやすくなるのですが、売却の目的を満たすことができなければ意味がなくなってしまうのです。

 

例えば新居を購入するために現在の住居を売却するという場合には、値下げをすると新居を購入するための資金が不足してしまうかもしれません。今後のライフプランのための資金を獲得することが目的であれば、売却希望価格で購入してくれる買い手を気長に探すことが必要になります。

 

住宅ローン特約とは?

住宅の購入は高額な買い物になりますので、多くの人が住宅ローンを利用することになります。ただし住宅ローンを利用するためには金融機関の審査を受けてこれに通過することが必要です。審査に落ちによる様々なトラブルを避けるために、不動産の売買契約では「住宅ローン特約」を設定することが一般的になっています。

 

住宅ローン特約は住宅ローンの審査に落ちてしまった場合に、違約金などを支払うことなく売買契約を解除できるという特約になります。売り手は買い手が安心して住宅購入を検討できるように、住宅ローン特約の設定を検討してみてください。

 

今回は「買い手の値下げ要求にはどう対処?価格交渉の注意点は物件の価値!」「家を売却する際にはその理由を再度確認」「住宅ローンの特約については業者に相談して適正な判断を」などの項目についてご紹介しますので、値下げについて検討するための参考として活用してみてください。

 

値下げ要求にはこう応じろ!価格交渉のポイントのカテゴリー内容
  • 買い手の値下げ要求にはどう対処?価格交渉の注意点は物件の価値!
  • 不動産を売り出す場合には、買主から値下げを要求されることが多いようです。売却価格について買主と交渉する際には、売却を希望する物件の価値をしっかりと把握することが必要になります。正しい価値が判断できないと、せっかくの物件を安売りして損をしてしまうかもしれません。

     

    不動産の適正な価格については一般の人には判断が難しくなりますので、経験豊富な不動産業者に見積もりを依頼してみてください。また買主からの値下げの請求を拒んでしまうと、その後長期売れ残り物件になってしまう可能性がありますので、ある程度の値下げをして売り切ってしまうのも一つの選択肢だといえるでしょう。

     

    >>買い手の値下げ要求にはどう対処?価格交渉の注意点は物件の価値!の詳細はこちら

     

  • 家を売却する際にはその理由を再度確認
  • 住宅の売却を検討する際には、売却の目的をしっかりと確認するようにしましょう。住宅に決まった価格はありませんので、割安な売却希望価額を提示すれば買主は必ず見つかります。ただし安易に値引きをしてしまうと、住宅を売却する本来の目的が達成できなくなってしまうかもしれません。

     

    例えば新居の購入を目的として現在の住宅を売却する場合には、値引きをしてしまうと新居を購入するための資金が不足してしまうことになります。本来の目的が達成できなければ住宅の売却そのものが無意味になってしまいますので、値引きを判断する際には売却の目的をしっかりと確認しておくことが必要なのです。

     

    >>家を売却する際にはその理由を再度確認の詳細はこちら

     

  • 住宅ローンの特約については業者に相談して適正な判断を
  • 住宅は高価な買い物になりますので、買主は住宅ローンを利用することが一般的です。住宅ローンを利用するためには審査が必要になるのですが、住宅ローンの審査に落ちてしまった場合には住宅の売買契約のキャンセルができるという契約が、住宅ローンの特約になります。

     

    その他には現在売りに出している住宅が売れなかったら新しい住宅の売買契約のキャンセルができるという、買い替えの特約などもあるようです。住宅ローンの特約を買主から請求された場合には、これに応じることを検討しましょう。ただし買い替えの特約の請求については、くれぐれも慎重に判断するようにしてください。

     

    >>住宅ローンの特約については業者に相談して適正な判断をの詳細はこちら

一括査定ランキング

一括査定ランキングはこちら

住宅を実際に売り出した場合には、売却価格の値引きを買い手から求められるかもしれません。買い手はできるだけ安い値段で住宅を購入したいと考えていますので、売り手は買い手から価格交渉を提案されることが多くなります。住宅の売買契約は売り手と買い手の合意により成立しますので、ある程度の値引きについてはこれを検討することが必要になります。ただし安易に物件の売却価格を値引きすることはおすすめできません。特に物件...

不動産業界には「売れない物件はない」という格言があるのですが、これは住宅などが売れない場合には売却希望価格が高すぎることが原因であり、市場価格よりも割安な売却希望価格を提示すればすぐに買い手は見つかるということを意味しているのです。不動産は売り手と買い手の合意により売買契約が成立しますので、買い手がなかなか見つからないのであればある程度の値引きを検討することが必要になります。ただし安易に値引きをし...

借り入れ資金で住宅を購入する場合には、住宅ローンの審査に落ちてしまうと住宅の購入ができなくなってしまうことになります。そのため住宅ローンを利用して住宅を購入する場合には売買契約の際に、「住宅ローンが利用できなくなった場合には売買契約を白紙にすることができる」という特約を設定することが一般的なのです。この特約が「住宅ローン特約」であり、売買契約が撤回された場合でも買い手が契約違反に問われることはなく...