特約については不動産業者のアドバイスを参考にしましょう

借り入れ資金で住宅を購入する場合には、住宅ローンの審査に落ちてしまうと住宅の購入ができなくなってしまうことになります。そのため住宅ローンを利用して住宅を購入する場合には売買契約の際に、「住宅ローンが利用できなくなった場合には売買契約を白紙にすることができる」という特約を設定することが一般的なのです。

 

この特約が「住宅ローン特約」であり、売買契約が撤回された場合でも買い手が契約違反に問われることはなく、支払った手付金などは全額買い手に返還されることになります。今回は住宅ローン特約について不動産業者に相談することの重要性を、さらに詳しく確認してみたいと思います。買い手との間で売買契約を成立させるための参考として活用してみてください。

 

住宅ローン特約の請求には基本的には応じることを心がけるようにしましょう

買い手からの住宅ローン特約の請求があれば、基本的にはこれに応じることを心がけてください。住宅は高価な買い物になりますので、購入資金全額を一度に準備できる人は限られることになります。多くの人は住宅ローンを利用して住宅を購入することになりますので、売買契約を交わす際には住宅ローン特約を設定することが欠かせないのです。

 

住宅ローン特約なしで売買契約を交わした場合には、住宅ローンの利用が認められなかった場合には買い手は資金の不足分を自己責任で調達することが必要になります。しかしほとんどの人の場合には、数千万円の資金を調達することは難しいでしょう。住宅ローン特約を設定することにより、買い手は安心して売買契約をかわすことができるのです。

 

買い替え特約に応じるかどうかは慎重に判断するようにしてください

その他には「買い替え特約」という特約があります。これは現在の自宅を売却した資金で新しい住宅を購入したいと考えている買い手が、売り出している住宅が売れず購入資金を用意することができなかった場合には、新しい住宅の売買契約を白紙にすることができる特約になります。

 

買い替え特約を結ぶことは住宅の売り手にとっては大きな不利になりますので、これを求められた場合には拒否することもできます。しかし実際には「買い替え特約を認めてくれるのであれば契約したいのですが」という買い手が多いため、買い替え特約を認めるかどうかについては判断が難しいのです。

 

特約について迷った場合には不動産業者のアドバイスが役立ちます

特約を認めるかどうかで迷った場合には、不動産業者に相談をしてみることをおすすめします。不動産業者にはこれまでの住宅販売で蓄積した様々なノウハウがありますので、特約を認めるのが有利になるのか、あるいは特約は認めずに別の買い手を探すのが有利なのかについて、適切なアドバイスを受けることができるはずです。

 

相談の際には買い替え特約を希望する買い手の物件売却プランについて詳細に確認しておくことが必要になりますし、さらに特約が実行された場合に発生するリスクなどについても確認しておくことが必要になるでしょう。

 

安心して売却を任せることができる不動産業者を選ぶためには不動産一括査定サイトが役立ちます

今回は住宅ローン特約について不動産業者に相談することの重要性を確認をしてみました。主な内容について簡単にまとめてみると、以下のとおりになります。

 

  • 住宅ローン特約の請求に対しては基本的に応じるようにしましょう
  • 買い替え特約の請求に応じるかどうかは慎重に判断するようにしましょう
  • 特約について迷った場合には不動産業者のアドバイスを参考にしてみてください

 

各種の特約に応じるかどうかで迷った場合には、不動産業者に相談をしてみてください。信頼できる不動産業者を探すためには、インターネットの不動産一括査定サイトの活用をが役立ちます。

 

複数の不動産業者にまとめて見積もりを依頼することができますので、担当者の対応や査定額などを参考にしながら安心して売却を任せることができる不動産業者を探すことができるのです。特約などに関しても適切なアドバイスを受けることができますので、買い手と売買契約を交わす際などに大いに役立つでしょう。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら