不動産の価格交渉のためには適正な物件の価値を知ることが重要です

住宅を実際に売り出した場合には、売却価格の値引きを買い手から求められるかもしれません。買い手はできるだけ安い値段で住宅を購入したいと考えていますので、売り手は買い手から価格交渉を提案されることが多くなります。住宅の売買契約は売り手と買い手の合意により成立しますので、ある程度の値引きについてはこれを検討することが必要になります。

 

ただし安易に物件の売却価格を値引きすることはおすすめできません。特に物件の価値に自信がある場合には、値引きについてはくれぐれも慎重に判断するようにしてください。値引きを行うことは物件の価値そのものを下げてしまうことになりますので、値引きについては最後の手段だと考えるようにしましょう。今回は売り手が買い手との価格交渉を行う際の注意点について、さらに詳しく解説したいと思います。住宅を高値で売却するための目安として役立ててみてください。

 

不動産の取引については一般の人には判断が難しいケースが多いようです

住宅の売却を希望する場合には、不動産業者に売買の仲介を依頼することが必要になります。不動産の取引については一般の人にはわかりにくく販売に関する判断が難しいケースが多いようです。

 

例えばあなたが住宅を3000万円で売出した場合に、2700万円に値引きをしてくれたらすぐに購入をしたいという買い手が見つかったとします。この時に2700万円に値引きをすればすぐに売買契約が成立するのですが、値引きをせずにそのまま販売を続ければ3000万円で購入したいという買い手が見つかる可能性もあるのです。

 

買い手からの値引きの請求を断ってしまうと長期売れ残り物件になってしまうかもしれません

逆に2700万円で購入したいという買い手を断った場合には、次はそれ以上の値引きをしなければ買い手がみつからない可能性もあります。不動産は数千万円以上の高額な取引になりますので、一般の人には適正な売却希望価格を判断することが難しいです。

 

住宅を実際に売り出してみると比較的早い時期に買い手が見つかることが多いのですが、この時にはほとんどの場合には買い手からは値引きを求められることになります。買い手の値引きの請求に応じれば売り手の利益は少なくなってしまうのですが、買い手の値引きの請求を断ってしまうと今度は/r>長期売れ残り物件になってしまう可能性が高いのです。

 

早い時期に値下げをして物件を売り切ってしまうのが結果的には有利になることが多いようです

不動産の売却についてはいわゆる「」のようなものがあり、売り出した直後が最も高値で売りやすいタイミングになります。この時期を逃してしまうと、今度はなかなか買い手が見つからないということが多くなるのです。

 

買い手は物件の情報を詳細にチェックしていますので、売買が長期間成立しない物件については「何か不具合があるのではないか?」「近隣トラブルがあるのではないか?」「訳あり物件なのではないか?」などと警戒されてしまうため、ますます売れにくくなってしまいます。長期売れ残り物件になってしまうと売れないこと自体が原因でさらに売れないという悪循環に陥ってしまいますので、早い時期に値下げをして物件を売り切ってしまうのが結果的に有利になることが多いようです。

 

優秀な担当者がいる不動産業者を選ぶためには不動産一括査定サイトを活用しましょう

今回は売り手が買い手との価格交渉を行う際の注意点について解説しました。主な内容を簡単にまとめると以下のとおりとなります。

 

  • 不動産の取引については一般の人には判断が難しいケースが多いようです
  • 値下げの請求を断ってしまうと長期売れ残り物件になってしまう可能性が高くなります
  • 早めに値下げをして物件を売り切ってしまうのが有利になることが多いようです

 

住宅を売り出してもなかなか買い手が見つからないのであれば、売却価格の見直しが必要になります。売り手の場合には売却価格を相場よりも高めに設定する傾向が強いようです。しかし相場価格が3000万円の物件を3500万円で売り出しても買い手は見つかりませんので、買い手が見つからないのであれば値引きを検討するようにしましょう。

 

相場価格や適正な売却価格などがわからないという場合には、インターネットの不動産一括査定サイトを活用してみてください。複数の不動産業者にまとめて見積もりを依頼することができますので、提示された査定額を比較・検討することで適正な売却希望価格を判断することができるのです。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら