家の売却の際には売却の目的を再確認しましょう

不動産業界には「売れない物件はない」という格言があるのですが、これは住宅などが売れない場合には売却希望価格が高すぎることが原因であり、市場価格よりも割安な売却希望価格を提示すればすぐに買い手は見つかるということを意味しているのです。不動産は売り手と買い手の合意により売買契約が成立しますので、買い手がなかなか見つからないのであればある程度の値引きを検討することが必要になります。

 

ただし安易に値引きをしてしまうことについてはおすすめできません。住宅の売却を希望する場合には売主にはそれぞれの理由がありますので、安売りをしてしまうと本来の売却の目的を達成することができない場合などがあるのです。今回は住宅を売却する理由の重要性について、さらに詳しく確認してみたいと思います。

 

値引きについてはくれぐれも慎重に判断することが必要になります

住宅の売却の際に値引きを検討することについては、くれぐれも慎重に判断するようにしてください。買い手からの値引きの請求に応じればすぐに売買契約は成立するのですが、本当にそれで良いのかどうかをしっかりと確認することが必要になります。

 

物件本来の価値に対して適正な売却価額だろうか?」「今後のライフプランのために必要な資金を確保できるだろうか?」などについても、じっくりと考えるようにしましょう。

 

住宅売却の本来の目的を達成することができるかどうかしっかりと確認をしましょう

住宅の値引きをして安く売ってしまうと、次の新居を購入するための資金が不足してしまうかもしれません。住宅売却の目的が新しい住宅の購入資金の確保であれば、住宅を安売りしてしまうと売却の目的を達成することができなくなってしまうことになります。

 

住宅の売却の際には、住宅を売却する理由についてしっかりと確認しておくようにしましょう。住宅売却の目的を達成することができなければ、住宅を売却そのものが無意味になってしまうのです。

 

値引きについては買い手に購入の意思があるかどうかを考えながら判断するようにしましょう

さらに売り手の心理状態を探るために、住宅の値引きを提案する買い手などもいるようです。最初から値引きを前提に割高な価格を設定している場合や、できるだけ早く物件を売却しなければならないので焦っている場合などには、売り手の心理状態が買い手に伝わってしまうと交渉では不利になってしまうかもしれません。

 

買い手からの値引き交渉に応じるかどうかについては、買い手に購入の意思があるかどうかを考えながら判断するようにしましょう。

 

本気で購入を検討している買い手に対してはある程度の値引きを検討することをおすすめします

今回は住宅を売却する理由の重要性について確認をしてみましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容を簡単にまとめてみると、以下のとおりとなります。

 

  • 値引きを行うことについてはくれぐれも慎重に判断するようにしましょう
  • 値引きを判断する際には住宅を売却する理由をしっかりと確認しておくことが重要になります
  • 買い手に購入の意思があるのかどうかを考えながら値引きを判断するようにしましょう

 

購入申込書買い付け証明書を提出する買い手は本気で住宅を購入したいと考えていますので、各種の質問などに対してはできるだけ丁寧に回答することを心がけてください。また値引きの請求を受けた場合には、ある程度これに応じることが必要になるかもしれません。

 

どの程度の値引きに応じればよいのかわからない場合などには、不動産業者に相談をしてみることをおすすめします。インターネットの不動産一括査定サイトを活用すれば同時に複数の不動産業者を手軽に比較・検討することができますので、安心して販売を任せることができる不動産業者を選ぶことができます。信頼できる不動産業者に値引きなどに関する相談をすれば、的確なアドバイスを受けることができるはずです。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら