不動産業者選びでは担当者の実績を重視してください

 

不動産業者を選択する際には業者の実績を重視するという人が多いようなのですが、実際には業者の実績だけでなく担当者の実績を確認することが必要になります。業者の実績が高いからといって、担当者の実績が必ず高いとは限りません。一部の業績の高い不動産業者の中には、仲介手数料の値引きや売却価額の値下げなどを提案する安易な業者なども存在しますので、くれぐれも注意をしてください。

 

プロフェッショナルな良い仕事を一定の報酬で行う」担当者を選ぶことが、物件を高値で売却するためには重要なのです。今回は良い担当者を選ぶためのポイントについて、さらに詳しく解説したいと思います。

 

安売りを提案する担当者には注意が必要です

不動産の安売りを提案する担当者にはくれぐれも注意をしてください。価格は不動産を販売する際の重要なポイントであり、値下げをすれば確かに不動産は売れるのですが、だからといって安易に価格を下げることはおすすめできません。安売りばかりを考えていると業界全体のためになりませんし、最終的には破綻してしまうことになります。

 

不動産の販売計画をしっかりと検討して、戦略に基づいて宣伝を行うのが良い担当者になります。まずは適正な売り出し価格を設定して、それでも売り手が見つからない場合にはどのようなタイミングでどれだけの値下げを行うのかを事前に設定しておくことが必要になります。またそのような販売戦略を提案することができない担当者の場合には、契約そのものを慎重に考え直した方が良いかもしれません。

 

売却希望価格は買い手が安いと感じる価格を設定しましょう

買い手側が安いと感じる価格設定が、売却を成功させるためのポイントになります。買い手が高いと感じるのであれば、損物件の売却希望価格の設定は高すぎるということなのです。不動産の売買は売り手と買い手の合意により成立するのですが、契約の成立を決定する権利は買い手の側にあるのです。買い手が高いという印象を持ってしまうと契約の成立は難しくなりますので、買い手の印象を考えながら売却希望価格を設定するようにしてください。

 

例えばですが2000万円と1980万円では20万円しか違わないのですが、買い手の側が受ける印象は大きく異なるようです。また買い手からの値引き交渉を前提として、あらかじめ値引き分を売却希望価格に上乗せしておくという方法もあります。単純なテクニックなのですが、意外と効果がありますので積極的に検討してみてください。

 

良い不動産業者や担当者を探すためには一括査定サイトを活用してみましょう

実際に良い不動産業者や良い担当者を探すためには、インターネットの不動産一括査定サイトなどを活用してみてください。一括査定サイトは複数の不動産業者に対して一度にまとめて査定を申し込むことができるサイトなのですが、査定額だけではなく担当者の対応などを確認するためにも役立つのです。

 

担当者の対応が早いことはもちろんなのですが、査定額が適正かどうか、また対応は丁寧かどうかなどについてもしっかりと確認をしてください。一部には顧客獲得のために高額な査定を提示して、その後安易に値下げを提案する不動産業者や担当者などもいるようですから、くれぐれも慎重に比較検討をして判断するようにしましょう。

 

不動産を高値で売却するためには担当者選びが重要になります

今回は良い担当者を選ぶためのポイントなどについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容についてまとめてみると、以下のとおりとなります。

 

  • 安易な安売りを提案する担当者には注意が必要です
  • 買い手が安いと感じる売却希望価格を設定することが必要になります
  • 一括査定サイトを活用して良い担当者を探してみてください

 

不動産の最終的な売却価格は売主と買主の合意により決定されるのですが、不動産を高値で売却するためには実際の交渉を行う担当者が重要になります。良い担当者を選ぶことが不動産を高値で売却するためには重要なのです。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら