賃貸ではなく、売却がおすすめの理由とは

一戸建てやマンションなど、憧れのマイホームを購入した後で、転勤の辞令が下りることがあります。勤務先が地域限定の契約になっている会社員でない限り、辞令を断るのは難しいものです。

 

とはいえ、単身赴任をすれば家賃や生活費が多くかかることになりますし、家族は一緒に暮らすべきだという価値観の家庭もあることでしょう。そして、せっかく購入した不動産も、誰も住まない期間が長く続くのはよくありません。

 

そんなとき、賃貸を考えるひともいそうですが、実は売却した方がよいケースもあります。そこで今回は、転勤の際に購入した不動産をどうすべきかについて、一緒に考えてみたいと思います。

 

転勤が決まった場合購入した不動産をどうしたらいいのか?

まず、そもそもの前提として、自分が住むことのできない不動産を持ち続けるのは、あまりおすすめできることではありません。というのも、不動産を所有している限り、毎年固定資産税がかかりますし、住宅ローンを借りている場合は、居住していなくても返済は続きます。では、購入済みの不動産は、転勤にあたってどうしたらよいのでしょうか。

 

不動産を維持する、賃貸に出す、売却する。どれがベストなの?

すでに購入した不動産があるにも関わらず、転勤を命じられたときの選択肢は3つです。

 

  1. 不動産を空き家のまま維持する
  2. 他人に賃貸に出す
  3. 売却する

 

上記の、いずれかを選ぶことになります。この方法のどれがベストなのかは、転勤の期間や住宅ローンの有無によって異なります。

 

>>転勤が決まったとき不動産はどうするのがベストなのかの詳細はこちら

 

不動産を空き家のまま維持する際のメリットとデメリットとは?

まず、購入した不動産を空き家のまま維持する際のメリットとデメリットについて、考えてみましょう。

 

メリットとしては、いつでも持ち家に戻れるという安心感があること、購入した不動産を資産として持ち続けることができることがあげられます。

 

デメリットとしては、所有している不動産をまったく管理せずに放置することはできないうえ、空き家は傷みが激しいので定期的に通気・換気が不可欠なので、親族や管理会社に管理を任せる必要があること、固定資産税などの維持費が発生することなどがあげられます。

 

>>不動産を空き家のまま維持する際のメリット・デメリットの詳細はこちら

 

不動産を所有したままで、賃貸に出す方法

多くのひとは、せっかく購入した不動産なのだから、賃貸に出して維持することを検討するかもしれません。ですが、持ち家を賃貸物件として貸し出すことにも、メリットとデメリットがあります。

 

不動産を所有したまま、賃貸物件として貸すメリットとデメリットは?

所有している不動産を手放さずに、賃貸物件として他人に貸し出すのも、選択肢の一つです。そのメリットとデメリットについて、考えてみましょう。

 

まず、所有する不動産を賃貸に出すメリットには、不動産を資産として持ち続けられることがあります。転勤を終えれば、持ち家で生活することもできるでしょうし、借り手がつけば家賃収入を得ることもできます。

 

一方のデメリットとしては、すぐに借り手がつかず収入が得られない可能性があること、家賃滞納などのトラブルが発生するケースもあること、建物の劣化や設備の故障、固定資産税の支払いの義務は残ることなどがあげられます。

 

>>不動産を賃貸に出すメリットとデメリットは?の詳細はこちら

 

不動産を賃貸に出すには条件がある

住宅ローンを利用して不動産を購入したひとの中には、賃貸に出して、それを家賃収入に充てようと考えるひともいるかもしれません。ですが、住宅ローンを返済している物件は、賃貸に出すことはできません。住宅ローンは、本人が住むことを条件に低金利で貸し出しを行っています。

 

そのため、住宅ローンを返済中の物件を賃貸に出すためには、ローンを一括返済するか、ローン返済中でも貸し出しができるよう、金利の高い投資用のローンに借り換えなければなりません。また、賃貸物件として貸し出した場合は、家賃収入が発生しますので、確定申告する義務を負います。

 

>>転勤をきっかけに、所有する不動産を賃貸に出す方法の詳細はこちら

所有している不動産を売却する方法

転勤の期間が長期化する可能性が高い、住宅ローンと転勤先の家賃を同時に支払っていく経済力がない場合は、売却することも選択肢の一つです。ですが、住宅ローンが残ったままだと、売却できないのではないかと不安に思うひともいるはずです。そこで、不動産を所有し続けるメリットとデメリット、売却方法などについて、お話ししましょう。

 

所有している不動産を売却するメリットとデメリットは?

では、購入した不動産を売却するメリットとデメリットについて、考えてみましょう。

 

所有している不動産を転勤を機に売却するメリットには、自分が住むことのできない物件にかかる固定資産税や修繕費などの維持費を負担しなくて済むことです。所有している不動産によっては、売却代金で住宅ローンを返却しても、いくらかの売却益が残ることもあります。

 

デメリットとしては、売却にあたって、住宅ローンの債権者である金融機関の同意が必要で、売却代金で残債を一括返済する義務を負うことです。不動産という資産を失うほか、売却代金が住宅ローンの残債を下回れば、残金を一括返済しなければならないことがあげられます。

 

>>所有する不動産を売却するメリットとデメリットは?の詳細はこちら

 

所有している不動産を急いで売るための売却方法は?

転勤は辞令が下りてから、実際に引っ越しをするまでに、それほど時間がないことが多いものです。そして、転勤してしまうと、所有している不動産の売買契約を結ぶのにも、時間や手間がかかります。

 

そのため、急いで所有している不動産を売却したいと考えるひとも多いことでしょう。その場合は、任意売却をすることをおすすめします。任意売却をする際には、住宅ローンを借りている金融機関の同意が必要になります。また、急いで売りたいなら、不動産会社の中でも、任意売却専門業者に依頼するのがおすすめです。

 

>>所有する不動産を急いで売りたいときはどうしたらいい?の詳細はこちら

 

所有している不動産に住宅ローンが残っている際の売却方法は?

住宅ローンが残っている不動産を売却する方法には、「一般売却」と「任意売却」があります。どちらも、売却にあたっては、住宅ローンの債務者である金融機関の同意を得る必要があります。

 

一般売却

一般売却とは、所有している不動産の売却代金をすべて住宅ローンの返済に充て、それでも足りなかったときには、残債を現金で一括返済しなければなりません。また、売却するまでの間は、住宅ローンの返済義務を負います。

 

任意売却

任意売却の場合は、売却期間中は住宅ローンの返済をしなくてもよくなります。自分名義の不動産の売買代金は、すべて住宅ローンの返済に充てられることに変わりはありませんが、それでも残債がある場合には、金融機関との話し合いで、無理のない範囲で分割返済できるケースがほとんどです。

 

>>住宅ローンが残っている不動産を売却する方法とは?の詳細はこちら

 

所有している不動産に住宅ローンがないときの売却方法は?

すでに住宅ローンの返済が終了している不動産の場合は、自分の好きなときに売却をすることができます。その場合、所有している不動産の価値を知り、信頼できる不動産会社を探す意味でも、不動産査定一括サイトを利用することをおすすめします。個人売買もできますが、後々のトラブルを避けたいなら、不動産会社にちゅうかいを頼むのがおすすめです。

 

>>住宅ローンを完済した不動産を売却する方法とは?の詳細はこちら

 

住宅ローンの有無に関わらず、所有する不動産は売却できる!

せっかく不動産を購入したのですから、短期間でいま住んでいる地域に戻ってこられる可能性が高い、すでに住宅ローンを完済していて、賃貸の需要が高い地域に物件を所有している場合には、持ち家を維持したり、賃貸に出すという選択肢があります。

 

ですが、転勤が長期間に及ぶ、海外赴任をする、いま住んでいる地域に戻ってくる可能性が低い場合には、所有する不動産を売却するのがおすすめです。そして、住宅ローンの残債の有無に関わらず、所有する不動産を売却する方法はあります。家族ともよく話し合ったうえで、ベストな選択を見つけてくださいね。

一括査定ランキング

一括査定ランキングはこちら

地域限定社員として採用されない限り、会社員は転勤の辞令を受ける可能性があります。そして、憧れのマイホームを手に入れたからといって、転勤の辞令を断ることもできないはずです。そんなとき、購入した不動産をどうすべきか、悩みますよね。住めなくなる持ち家に対する選択肢は、3つあります。そこで今回は、自分にとってベストな所有する不動産の対応法について、一緒に考えてみましょう。空き家のまま維持する、賃貸に出す、...

マイホームを購入した後で転勤の辞令が下り、引っ越しを余儀なくされた場合、空き家のまま維持する、賃貸物件として他人に貸す、売却するという3つの選択肢があります。ここでは、空き家のまま維持するメリットとデメリットについて、考えてみたいと思います。所有する不動産を空き家のまま維持するメリットとデメリット空き家のまま維持するメリットまず、所有する不動産を空き家のまま維持するメリットには、以下のものがありま...

転勤で引っ越しが決まったら、購入した不動産は、空き家のまま維持するか、賃貸物件として他人に貸すか、売却するかを決めなければなりません。ここでは、賃貸に出すメリットとデメリットについて、考えてみたいと思います。所有する不動産を賃貸に出すメリットとデメリットせっかく購入した不動産ですから、できれば保有し続けたいと考えるのは当然のことです。その際、購入した不動産を賃貸物件として他人に貸すことを検討するひ...

すでに所有している不動産の住宅ローンを完済していて、借り手が見つかりやすい立地に持ち家があり、転勤期間が明確な場合は、賃貸物件として他人に貸すという方法がおすすめです。特にマンションの場合は、一戸建てより需要があるでしょう。とはいえ、自分の所有する不動産を賃貸に出すことにはリスクも伴います。合わせて、所有する不動産を賃貸に出す方法についても、お話ししておきましょう。所有する不動産を賃貸に出す方法と...

転勤で引っ越しが決まったら、購入した不動産をどうするのか、早急に決めなければなりません。ここでは、所有する不動産を売却するメリットとデメリットや、それがおすすめのケースについて、お話ししたいと思います。所有する不動産を売却するメリットとデメリットまず、所有する不動産を売却したくても、住宅ローンが残っているひとも多く、それでは売れないだろうと思い込んでいるかもしれません。ですが、住宅ローンが残ってい...

所有する不動産を売却するときには、住宅ローンが残っているかどうかで、状況が変わります。住宅ローンを完済していれば、自分のタイミングで自由に売却ができます。ですが、所有する不動産を転勤を機に急いで売りたいのに、住宅ローンが残っているときには、方法が限られます。そこで、急いで所有する不動産を売るための方法について、お話ししたいと思います。急いで所有する不動産を売る方法とは?今回は、住宅ローンが残ってい...

所有している不動産の住宅ローンが残っていても、転勤を機に売却することはできます。ですが、売却方法や任せる不動産会社の選定は、しっかり行う必要があります。そこで今回は、住宅ローンが残っている不動産の売却方法のポイントについて、お話ししたいと思います。一般売却と任意売却の違いと任意売却がおすすめのケース住宅ローンが残っている不動産を売却する方法には、「一般売却」と「任意売却」があります。本来は、自分が...

長期の転勤や海外赴任をするにあたり、賃貸に出すのが難しい、あるいは再び同じ地域に戻れる可能性が低い場合は、所有している不動産を売却するのが一番です。すでに住宅ローンの返済が終わっていれば、売却自体は難しくありません。ですが、少しでも高く売却するためには、知恵を絞る必要があります。そこで、自分のプラスになる不動産の売却方法について、お話ししたいと思います。査定のしくみを理解しておこう所有している不動...

不動産を売却する人の中には、不動産の購入に失敗して物件を売りに出すという人などがいます。苦労して新築物件を手に入れたのに、近隣トラブルが原因で物件を売却するという人などが多くなっているのです。このような失敗については、事前の下調べや準備が不足していたことがその多くの理由となっています。また転勤などにより物件を仕方なく手放すという人などもいるでしょう。いずれの場合にも物件を売却すれば終わりというわけ...

苦労をして手に入れた住宅であっても、様々な事情により売却が必要になるという場合があるようです。住宅を購入する人の多くは住宅ローンを利用しているのですが、ローンを利用して住宅を購入した場合には物件に対して「抵当権」が設定されることになります。抵当権が設定されている物件については、原則として勝手に売却することはできません。抵当権が設定されている物件を売却をするためには、ローンの残額を完済して抵当権を解...

住宅の売却を希望するのであれば、まずは売却の仲介を依頼する不動産業者を選ぶことが必要になります。不動産の売却価額は売主と買主の合意により決まるのですが、実際には売主と買主の利害を調整する不動産業者の役割が重要なのです。信頼できる不動産業者を見つけるためには、インターネットの不動産一括査定サイトを活用してみてください。複数の不動産業者に対して同時に見積もりを依頼することができますので、提示された見積...