転勤するから不動産を処分したい!どうすればいい?

不動産の売却を希望する人の中には、購入に失敗したことが理由で売却を希望する人などもいるようです。せっかく苦労して手に入れた住宅であっても、その後の近隣トラブルなどにより住宅を手放すという人が増えています。このような失敗は、事前の準備や下調べなどが不足していたことが原因だといえるでしょう。

 

また転勤などが理由で購入した住宅を手放すという人などもいるようです。住宅を購入する際には、将来の売却のことを考えて購入を検討することが必要になります。さらに住めなくなった住宅については、売却だけでなく賃貸物件として活用する方法などについても検討してみてください。

 

賃貸物件として家賃収入を獲得する

購入に失敗した住宅や、転勤などにより住めなくなった住宅などについては、賃貸物件として活用することで家賃収入を獲得することができます。賃貸経営を目標として、住宅を完全な貸し物件にしてしまうことを検討してみてください。

 

また転勤による留守宅については、一時的な貸し物件として活用することも可能です。家賃については完全な貸し物件よりも割安になってしまうのですが、住宅を長期間空き家として放置しておくと建物などの劣化が進行することになりますので、賃貸として活用することは住宅の耐用年数を延ばすためにも効果的になります。

 

住宅ローンを利用している方は任意売却も検討しよう

住宅ローンを利用して購入した不動産を売却するためには、まずは住宅ローンの残額を完済することが必要になります。住宅ローンを利用して購入した住宅には金融機関により「抵当権」が設定されていますので、売却のためには住宅ローンの完済と抵当権の解除が必要なのです。この時に住宅を売却した資金で住宅ローンの残額を完済することができれば問題ないのですが、住宅を売却しても住宅ローンの残額を完済することができないという場合には、任意売却の手段を検討してみてください。

 

任意売却住宅ローンの残額が残っている住宅を売却するための方法になります。競売などとは異なり比較的市場価格に近い金額での売却が可能になりますし、また手持ちの資金が少ないという場合にも手続きを行うことができます。任意売却を選択すれば債権者との交渉などは専門家に委任することができますし、さらに引っ越し資金などを確保することもできるのです。

 

今回は「転勤で不動産を売却するなら賃貸物件として活用する方法もあり」「住宅ローンの返済が厳しければ任意売却も検討」「本来の査定額より高額査定を提示する業者には要注意」などの項目についてご紹介しますので、住宅の売却を検討するための参考として活用してみてください。

 

転勤で不動産を売却する事になったらのカテゴリー内容
  • 転勤で不動産を売却するなら賃貸物件として活用する方法もあり
  • 現在は不動産のミニバブルであり、特に首都圏において物件の取引が活発化しています。不動産の取引総額は2014年に5兆円を突破したのですが、これは株高や円安ドル高などの状況を反映したものであり、特に海外投資家による投資目的の物件購入が増加しているようです。

     

    ただしこのような状況は、首都圏など都市部の一部だけに限られています。日本ではいわゆる二極化が進行して、都市部と地方では不動産価格の格差が広がっているのです。不動産の価格は都市部では大幅に上昇しているのに対して、地方では長期的な下落が続いています。

     

    >>転勤で不動産を売却するなら賃貸物件として活用する方法もありの詳細はこちら

     

  • 住宅ローンの返済が厳しければ任意売却も検討
  • 様々な事情により住宅の売却が必要になった場合に、住宅ローンの支払いが残っていると大きな問題になります。住宅ローンを利用して購入した住宅には金融機関が抵当権を設定していますので、売主の都合だけで勝手に売却することはできないのです。

     

    住宅ローンの支払いが残っている物件を売却するためには、設定された抵当権を解除するために住宅ローンの残額を返済することが必要になります。住宅を売却した資金で住宅ローンの残額が返済できれば問題ないのですが、手持ちの資金が乏しいという人は任意売却などの方法を検討してみてください。

     

    >>住宅ローンの返済が厳しければ任意売却も検討の詳細はこちら

     

  • 本来の査定額より高額査定を提示する業者には要注意
  • 住み替えのために住宅を売却するという場合には、住宅を高値で売却することができれば次の住宅を購入する際に有利になります。現在の住宅を売却した資金だけで新しい住宅が購入できるかもしれませんし、さらにより高価な住宅が購入できるかもしれません。

     

    住宅の売却価額は売主と買主の合意により決定されるのですが、実際には売主と買主の利害を調整する不動産業者の役割が大きくなります。不動産業者の実力次第で売却価額には300万円から500万円程度の違いが生じることがありますので、経験豊富で信頼できる不動産業者を選ぶようにしましょう。

     

    本来の査定額より高額査定を提示する業者には要注意

一括査定ランキング

一括査定ランキングはこちら

不動産を売却する人の中には、不動産の購入に失敗して物件を売りに出すという人などがいます。苦労して新築物件を手に入れたのに、近隣トラブルが原因で物件を売却するという人などが多くなっているのです。このような失敗については、事前の下調べや準備が不足していたことがその多くの理由となっています。また転勤などにより物件を仕方なく手放すという人などもいるでしょう。いずれの場合にも物件を売却すれば終わりというわけ...

苦労をして手に入れた住宅であっても、様々な事情により売却が必要になるという場合があるようです。住宅を購入する人の多くは住宅ローンを利用しているのですが、ローンを利用して住宅を購入した場合には物件に対して「抵当権」が設定されることになります。抵当権が設定されている物件については、原則として勝手に売却することはできません。抵当権が設定されている物件を売却をするためには、ローンの残額を完済して抵当権を解...

住宅の売却を希望するのであれば、まずは売却の仲介を依頼する不動産業者を選ぶことが必要になります。不動産の売却価額は売主と買主の合意により決まるのですが、実際には売主と買主の利害を調整する不動産業者の役割が重要なのです。信頼できる不動産業者を見つけるためには、インターネットの不動産一括査定サイトを活用してみてください。複数の不動産業者に対して同時に見積もりを依頼することができますので、提示された見積...