任意売却専門と一般の不動産会社の違い

所有している不動産の住宅ローンが残っていても、転勤を機に売却することはできます。ですが、売却方法や任せる不動産会社の選定は、しっかり行う必要があります。そこで今回は、住宅ローンが残っている不動産の売却方法のポイントについて、お話ししたいと思います。

 

一般売却と任意売却の違いと任意売却がおすすめのケース

住宅ローンが残っている不動産を売却する方法には、「一般売却」と「任意売却」があります。

 

本来は、自分が所有する不動産は、自分の意思で売却できるものです。ですが、住宅ローンが残っている場合は、借り主である金融機関の抵当権が設定されています。金融機関は、住宅ローンを完済しない限り、担保の解除を認めませんので、自分が所有する不動産であっても、金融機関の同意を得なければ、売却することはできません。

 

一般売却は、所有する不動産の売却代金で住宅ローンが完済できる、あるいは売却代金で住宅ローンが完済できなかった場合に、残債を自己資金で現金で返済できるときに有効な方法です。一般売却ができるのは、所有する不動産の市場価格が、住宅ローンの残債を上回っているか、所有者の自己資金で返済できる見込みがあるときに限ります。

 

例えば、不動産を購入したてて、所有する不動産の市場価格が住宅ローンの完済額を下回る場合や、差額分を現金で返済できないときには、任意売却をすることになります。任意売却を選択した場合、売却期間の住宅ローンの返済は免除されますが、売却金額は債権者である金融機関が決めることになりますし、それを返済に充てた後の残債の支払い義務は残ります。大抵の場合は、無理のない範囲で分割払いをする契約を取り交わすようです。

 

任意売却専門と一般の不動産会社の違いとは?

不動産会社であれば、任意売却を依頼することはできます。ですがその内容には、大きな差が生まれるので、任意売却専門の業者を選ぶことをおすすめします

 

大手の不動産会社であれば、任意売却を取り扱うことはできます。また、住宅金融支援機構の住宅ローンの場合は、任意売却の手順が決まっているので、それほどストレスなく売却手続きが進むはずです。ですが、任意売却の不動産会社ほど、サービスが充実しているわけではないのが現実です。

 

任意売却を専門にしている不動産会社に依頼すると、金融機関との残債の交渉や契約から引っ越しまでのタイミングのアドバイス、精神的なフォローまで、個々の状況を鑑みたうえで対応してくれるというメリットがあります。ノウハウと実績のある任意妊売却専門の不動産会社を見つけるためにも、不動産一括査定サイトなどを利用してみましょう。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら