不動産一括査定サイトを活用するメリットとは?

長期の転勤や海外赴任をするにあたり、賃貸に出すのが難しい、あるいは再び同じ地域に戻れる可能性が低い場合は、所有している不動産を売却するのが一番です。

 

すでに住宅ローンの返済が終わっていれば、売却自体は難しくありません。ですが、少しでも高く売却するためには、知恵を絞る必要があります。そこで、自分のプラスになる不動産の売却方法について、お話ししたいと思います。

 

査定のしくみを理解しておこう

所有している不動産を売却するにあたっては、まず査定をしてもらう必要があります。不動産会社が行う査定には、「机上査定」と「訪問査定」があります。

 

机上査定

机上査定とは、物件の立地条件や築年数、最寄り駅、周辺環境などにより、査定額を算出する方法です。

 

訪問査定

一方の訪問査定とは、不動産会社の担当者が物件を訪れ、書類上では確認できない細かな部分をチェックすることで、より詳しい査定額を算出することです。

 

ですが、この査定額と売却価格が必ずしも同じとは限りません。仲介する不動産会社は、査定額で買い主を探しますが、売れない場合は価格を下げることがあります。そして、好条件が揃っていたり、人気があるのに売り物件が少ない地域であれば、所有している不動産が相場より高く売れる可能性もあるのです。

 

査定額や仲介を任せる不動産会社をきちんとチェックすることは、とても重要だということです。

 

不動産一括査定サイトを上手に活用しよう!

とはいえ、身近に信頼できる不動産会社があるひとばかりではありません。所有する不動産をよい形で売却してくれる不動産会社を探す意味でも、所有物件の相場を知る意味でも、不動産査定一括サイトを利用することをおすすめします

 

不動産査定一括サイトとは、自分が所有する物件の情報を登録することで、その取扱いに慣れている不動産会社を複数マッチングし、その情報を提供することで、登録されている何社かの不動産会社から、査定の見積額が届くというしくみになっています。

 

一度の入職で複数の不動産会社からアプローチがあるので、その中から、査定額や対応を見極めたうえで、売却を依頼するところを選べるというメリットがあります。その際には、必ず不動産会社の担当者を対面し、信頼に値できるかどうか確認することが大事です。少しでも高く所有する不動産を売却するためにも、不動産会社選びには力を入れましょう。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら