任意売却と専門の不動産会社について

所有する不動産を売却するときには、住宅ローンが残っているかどうかで、状況が変わります。住宅ローンを完済していれば、自分のタイミングで自由に売却ができます。

 

ですが、所有する不動産を転勤を機に急いで売りたいのに、住宅ローンが残っているときには、方法が限られます。そこで、急いで所有する不動産を売るための方法について、お話ししたいと思います。

 

急いで所有する不動産を売る方法とは?

今回は、住宅ローンが残っている不動産の売却について、説明します。所有する不動産に住宅ローンが残っている場合、売却方法は「一般売却」か「任意売却」のいずれかになります。

 

一般売却

一般売却とは、自分の意思だけで、所有する不動産を売る方法です。ですが、住宅ローンの残高が多い場合には、金融機関に抵当権を設定されています。そのため、任意売却を選択せざるをえません

 

任意売却

任意売却とは、債権者である住宅ローンの借入先の金融機関の同意を得るだけでなく、売却価格も債権者が決定するという方法です。急いで所有する不動産を売却したいなら、住宅ローンを借りている金融機関に相談のうえ、任意売却をすることをおすすめします。

 

任意売却専門の不動産会社がおすすめ

任意売却を決めたら、不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。このときも、任意売却専門の不動産会社に依頼することをおすすめします。

 

任意売却は、売却価格が市場価格を下回ることも多いです。そのため、所有している不動産の売却代金を住宅ローンの返済に充てたとしても、完済できるとは限りません。その場合、金融機関は残債を住宅ローンの名義人に返済するように求めます。

 

任意売却専門の不動産会社に依頼すると、こうした金融機関との交渉はもちろん、固定資産税の滞納金がある場合の交渉、引っ越しのタイミングなどのアドバイス、任意売却後の心理的なフォローなど、さまざまなサポートをしてくれることが多いのです。

 

不動産会社あればどこでも任意売却を引き受けてくれますが、その結果には大きな差があります。不動産一括査定サイトなども活用し、信頼できる不動産会社並びに担当者を探しましょう。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら