空き家のまま維持するメリットとデメリットは?

マイホームを購入した後で転勤の辞令が下り、引っ越しを余儀なくされた場合、空き家のまま維持する、賃貸物件として他人に貸す、売却するという3つの選択肢があります。ここでは、空き家のまま維持するメリットとデメリットについて、考えてみたいと思います。

 

所有する不動産を空き家のまま維持するメリットとデメリット

空き家のまま維持するメリット

まず、所有する不動産を空き家のまま維持するメリットには、以下のものがあります。

 

  • 転勤が終了したら、すぐに持ち家に戻ることができる
  • 購入した不動産を資産として持ち続けることができる

 

空き家のまま維持するデメリット

一方の所有する不動産を空き家のまま維持するデメリットは、以下のものがあります。

 

  • 窓を閉め切ると家が傷みやすい
  • 定期的に通気や換気をするために、親族や管理会社に管理を任せる必要がある
  • 不法侵入などが起こるリスクがある
  • 空き家にする期間が長期化する場合、住宅ローンの債権者である金融機関から残債の一括返済を求められることがある
  • 固定資産税や持ち家の修繕費などの維持費がかかる

 

こうしたメリットとデメリットを考慮して、所有する不動産を空き家のまま維持するかどうかを決める必要があります。

 

所有する不動産を空き家のまま維持するのがおすすめのひとは?

所有する不動産を空き家のまま維持するのがおすすめなのは、転勤期間が短期間なこと、その後に持ち家のある地域に戻ってこられることがわかっているひとです。また、住宅ローンを借りている金融機関に、短期間空き家にすることを了承してもらう必要もあります。

 

というのも、住宅ローンの借り入れ条件に、「居住用不動産であること」と明記されていることがほとんどだからです。そして、住宅ローン控除も、持ち家に住み続けなければ受けることができません。

 

その点を考慮しても、所有している不動産の地域の開発が進んでいるなど、持っていることで資産価値が上がることが予想できていれば、持ち続けるという選択肢もあります。自分にとってベストな選択かどうか、よく考えてみましょう。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら