賃貸に出す方法とそのリスクについて理解しておこう

すでに所有している不動産の住宅ローンを完済していて、借り手が見つかりやすい立地に持ち家があり、転勤期間が明確な場合は、賃貸物件として他人に貸すという方法がおすすめです。

 

特にマンションの場合は、一戸建てより需要があるでしょう。とはいえ、自分の所有する不動産を賃貸に出すことにはリスクも伴います。合わせて、所有する不動産を賃貸に出す方法についても、お話ししておきましょう。

 

所有する不動産を賃貸に出す方法とは?

転勤で引っ越しすることになり、購入したマイホームが空き家になるのを避けたいときには、賃貸に出すという方法があります。ただし、大前提として、賃貸に出せるのは、すでに住宅ローンの返済が終わっている不動産に限られます。

 

これは、住宅ローンの契約条件に、「居住物件であること」という項目があるからです。転勤期間が1年以内などと短く、住宅ローンを借りている金融機関の同意を得られれば、所有する不動産を賃貸に出せる可能性はありますが、海外赴任の場合は、「国内に居住していること」という条項に違反することになるので、住宅ローンの一括返済を求められることもあります

 

住宅ローンが完済されている持ち家を賃貸に出す際には、不動産会社に仲介を頼みましょう。不動産会社であれば、所有する不動産を貸し出す場合の家賃の目安を教えてくれます。少しでも高く家賃設定をするためには、室内の状態をよくすることがポイントです。

 

そして、転勤期間が明確で、いずれ持ち家に戻ることを想定しているときには、契約期間の設定にも注意が必要です。自分が戻りたいタイミングと、貸し出す期間にずれがないよう、賃貸契約を結ぶときに項目を設けておくとよいでしょう。その際、定期借家契約にしておくと安心です。

 

また、持ち家の状態を良好に保ちたいなら、入居者に条件を設けておくという方法もあります。ペット不可はもちろん、入居者をシングルあるいは夫婦二人に限定し、子どもが生まれたら退去するように明文化しておくのです。そうすれば、所有する不動産が汚れずに戻ってくる可能性が高くなります。

 

所有する不動産を賃貸に出すリスクとは?

所有する不動産を賃貸に出す際には、リスクを伴うことも覚えておく必要があります。それは、空き室期間があれば家賃収入は入らないこと、居住者がいても家賃の滞納などのトラブルが発生する可能性があることです。

 

そして、入居者をシングルや夫婦二人に限定したとしても、傷一つなく戻ってくることはありえません。生活をしている中で、多少の痛みや劣化が起こるのは当たり前のことです。さらに、故意の破損や汚損でなければ、賃借人に修理代金を請求することはできません。そうしたリスクも理解したうえで、所有する不動産を賃貸に出しましょう。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら