不動産売却で高く売りたいなら!これだけは知っておくべき!

不動産を高値で売却するためには、まずは自分が売り手であるということをしっかりと自覚するようにしましょう。物件を購入してくれる買い手は「お客様」であり、物件の売却を希望する売り手は「買っていただく」立場なのです。

 

不動産を売却する際には不動産業者に仲介を依頼することが一般的ですから、自分が物件の売り手であることをついつい忘れてしまいがちになります。買い手は大切なお客様であるということを、くれぐれも忘れないようにしてください。

 

買い手からの質問には丁寧に答えるようにしよう

内覧の際には買い手から様々な質問を受けることになります。買い手からの質問に対しては、売り手は正直に回答することを心がけてください。例えば「普段の買い物はどこでしているのですか?」「周辺環境の雰囲気はどうですか?」「交通について不便に感じることなどはありますか?」などのように質問をされた場合には、「スーパーまでは若干距離があるのでまとめ買いをしています」「駅までは徒歩で30分程度ですが近所のバス停を利用することができます」などのように丁寧に答えるようにすれば、買い手の印象は大幅にアップするはずです。

 

内覧の際には買い手に失礼がないように!

買い手を内覧で物件に案内する際には、買い手に対して失礼がないようにくれぐれも注意をしてください。片付けや掃除などを行って、室内をできるだけきれいな状態にすることを心がけるようにしましょう。室内が汚れた物件を積極的に購入したいと考える買い手はいませんし、場合によっては購入を敬遠されてしまうかもしれません。買い手の第一印象は、売買契約の成否を大きく影響することになります。お客様をおもてなしするような気持ちで買い手に丁寧に接することが、高値で物件を売却するための重要なポイントなのです。

 

ハウスクリーニングで物件をきれいにしよう

不動産を売却する際には、ハウスクリーニングが効果的です。売り手が自分自身で室内の清掃を行うこともできるのですが、可能であればプロの業者にハウスクリーニングを依頼することを検討してみてください。ハウスクリーニングでは清掃を専門の教育を受けたスタッフが行いますので、物件は驚くほどきれいになります。

 

実際になかなか買い手が見つからなかった物件に、ハウスクリーニングを行ったことですぐに買い手が見つかったという事例なども多いようです。かかった費用以上の効果が期待できますので、ハウスクリーニングの積極的な活用をおすすめしたいと思います。

 

今回は「買主は『お客様』を自覚して売主としての心構えを3つ忘れないこと」「家の中をキレイにしておくなど買い手には失礼のないように」「購入希望者からの疑問・質問にはしっかり回答する」「購入申込書は購入の意思を示すための書類です!」などの項目についてご紹介しますので、買い手を内覧に案内する際の参考として活用してみてください。

 

売主として押さえておきたい心構え3つのカテゴリー内容
  • 買主は『お客様』を自覚して売主としての心構えを3つ忘れないこと
  • 不動産の売却を希望する売主は、まずは買主は「お客様」であるということを認識するようにしてください。不動産の売買契約は売主と買主の合意により成立するのですが、実際の売買を決定する権利は買主の側にあるのです。買主に予定や意向などがあるという場合には、売主はできるだけ合わせるようにしましょう。

     

    買主からの内覧の申し込みについては、原則として全て受け入れるようにしてください。中には冷やかしの人などが含まれているかもしれませんが、実際に内覧をしてもらうと気が変わることが多いようです。買い手に物件を見てもらうことが、売買を成立させるためには重要なのです。

     

    >>買主は『お客様』を自覚して売主としての心構えを3つ忘れないことの詳細はこちら

     

  • 家の中をキレイにしておくなど買い手には失礼のないように
  • 実際に物件を見てもらう内覧の前には買主に気に入ってもらえるように、物件をできるだけキレイにしておくことを心がけてください。不動産の売買契約の成立には物件の第一印象が大きく影響することになりますので、物件のイメージアップに積極的に取り組んでみましょう。

     

    物件をキレイにするためには売主自身が掃除をしてもよいのですが、予算に余裕があればプロの業者にハウスクリーニングを依頼することをおすすめします。ある程度の出費が必要になりますがビックリするほどキレイになりますので、かかった費用以上の効果を期待することができるはずです。

     

    >>家の中をキレイにしておくなど買い手には失礼のないようにの詳細はこちら

     

  • 購入希望者からの疑問・質問にはしっかり回答する
  • 物件の購入を検討する買主からの疑問や質問などに対しては、できるだけ丁寧にしっかりと回答することを心がけてください。不動産は多くの人にとって人生で最も高価な買い物になりますので、買主は売主が考える以上に不安などを感じているのです。

     

    物件を売却する理由については、買主が安心して購入できるようなポジティブな理由を考えておくようにしましょう。また物件の不具合などのネガティブな情報については、隠したりごまかしたりせずに確実に買主に伝えるようにしてください。くれぐれも買主に納得をしてもらった上で、売買の契約を交わすようにしましょう。

     

    >>購入希望者からの疑問・質問にはしっかり回答するの詳細はこちら

     

  • 購入申込書のチェックポイントとは?
  • 不動産の内覧をして購入の意思が固まった買主は、物件の売買を仲介する不動産業者に購入の意思を伝えることになります。この時には購入を希望する意思表示として、購入申込書を作成して申し込むことが一般的です。購入申込書は購入の意思を示す書類であり、買い付け申込書と呼ばれることもあります。

     

    購入申込書は正式な売買契約書とは異なりますので、さらに条件の良い物件が見つかった場合などには買主にはこれを取り下げることが認められています。売主は購入申込書が提出されたからといって安心することなく、できるだけ早期に正式な売買契約を締結するようにしてください。

     

    >>購入申込書は購入の意思を示すための書類です!購入申込書のチェックポイントを確認してみましょうの詳細はこちら

一括査定ランキング

一括査定ランキングはこちら

不動産の売却を希望する場合には不動産業者に売買の仲介を依頼して、購入を希望する買い手に実際に物件を見てもらうことになります。現在はインターネットなどを活用すれば物件の情報をかなり詳細に知ることができるのですが、やはり実際に物件を見てもらうのとでは大きな違いがあるようです。今回は売却を希望する物件を実際に見てもらうことの重要性について、さらに詳しく確認してみたいと思います。買い手はお客様であるという...

内覧などで買い手を物件に案内する際には、売り手は買い手に失礼がないようにくれぐれも注意をしましょう。室内がきれいになるように、掃除や片付けなどを積極的に行ってください。汚れた部屋を見せられた買い手は物件を購入したいとは考えませんし、場合によっては気分を害してしまうかもしれません。買い手の第一印象は売買契約の制約を大きく左右しますので、あくまでもお客様をおもてなしするような気持ちで丁寧に対応すること...

買い手にとって不動産は人生最大の買い物になりますので、購入の際には物件に関する詳細を慎重に確認することになります。また売り手が物件を売却する理由について強い関心を持っている買い手が多いのですが、これは様々なトラブルを事前に避けたいと考えていることが理由なのです。内覧の際には買い手から様々な質問を受けることになりますので、売り手は誠実に回答することを心がけてください。今回は買い手が物件に関して感じる...

物件の内覧をした買い手が購入を希望する場合には、仲介を担当する不動産会社に対して購入を申し込むことになります。この時に不動産業者では買い手に対して、購入の意思を書面にして提出することを求めるのです。この書類は「購入申込書」または「買い付け申込書」などと呼ばれているのですが、この購入申込書はあくまでも購入の意思を示す書類になります。正式な売買契約書とは異なりますので、売り手は購入申込書が提出されたか...