不動産売却で高く売りたいなら!これだけは知っておくべき!

不動産を高値で売却するためには、実際の販売を行う担当者の実力が重要になります。売り手と買い手の利害を調整することが担当者の役割ですから、最終的な販売価額の決定に大きな影響を及ぼすことになるのです。

 

担当者を上手に使いこなすためには、報酬として別途手数料を担当者に支払う方法を検討してみましょう。担当者のモチベーションが上がれば、「売り手のために頑張ろう!」という気持ちで積極的に販売に取り組んでくれるはずです。

 

不動産を売却する際には知識や経験が豊富な担当者がいる業者を選ぼう

不動産業者に売却を依頼する際には、できるだけ知識や経験が豊富な担当者がいる不動産業者を選択することをおすすめします。特定の担当者を指名することは難しいかもしれませんが、売却を依頼する際に「できるだけ優秀な担当者の方にお願いします!」と希望することはできますので、積極的にお願いをしてみましょう。

 

また一部には「値下げをすれば買い手が見つかりますよ!」と提案する担当者などもいるようですが、安易な値下げを提案する担当者は営業マンとしての交渉力が不足している可能性がありますので、くれぐれも注意をしてください。

 

自宅などを訪問して物件の査定を提案する不動産業者などが存在するのですが、依頼をしていないのに訪ねてきて営業や勧誘などを熱心に行う不動産業者はあまりおすすめできません。また顧客の獲得を目的として、相場よりも割高な査定額を提示する不動産業者なども存在するようです。

 

そのような不動産業者に売却を依頼しても買い手を見つけることは難しくなりますし、最終的には値引きをして安売りをすることになってしまいますので、不動産の売却を依頼するのであれば安心して売買を任せることができる、信頼できる不動産業者を選ぶことを心がけてください。

 

仲介手数料を値引きしてくる業者には注意が必要

近年では不動産業者同士の競争が激しくなっているため、仲介手数料の値引きを行う不動産業者が増えています。しかし実際には仲介手数料の値引きを行う不動産業者については、くれぐれも注意が必要になるのです。

 

不動産業者は仲介手数料により利益を得ていますので、仲介手数料の割引を行った場合にはその他の方法で利益を獲得することが必要になります。多くの場合には仲介手数料の割引分を補てんするために物件の広告宣伝費用を減らすことになりますので、結果的に売り手が損をしてしまうのです。

 

今回は「高値で物件売却するために別途手数料で営業マンを賢く使いこなす!」「値下げで悩むより担当者への報酬の方が得になる可能性あり」「簡単に仲介手数料を割引く業者には要注意」「売却するためには不動産知識が豊富な営業マンのいる業者を選ぶこと」などの項目についてご紹介しますので、信頼できる不動産業者の担当者を選ぶための参考として活用してみてください。

 

営業マンの使いこなし方がカギとなる?のカテゴリー内容
  • 高値で物件売却するために別途手数料で営業マンを賢く使いこなす!
  • 不動産をできるだけ高値で売却したいという場合には、営業マンに別途手数料を支払う方法を検討してみてください。不動産の売買は売主と買主の合意により成立するのですが、実際には両者の間で利害を調整する不動産業者の営業マンの働きが大きく影響することになります。

     

    一般的な営業マンは不動産業者の社員ですから、別途手数料を支払うようにすれば直接報酬により営業マンのやる気を引き出すことができます。営業マンのモチベーションが高まれば物件の売却にさらに熱心に取り組むことになりますので、物件の高値での売却を期待することができるのです。

     

    >>高値で売るためには、売却前のリフォームは必要?の詳細はこちら

     

  • 値下げで悩むより担当者への報酬の方が得になる可能性あり
  • 不動産の買主がなかなか見つからないという場合には、売却希望価額の値下げを検討することが必要になります。ただしこの時には安易に値下げを検討するよりも、不動産業者の営業マンに別途手数料を支払う方法を選ぶことが有利になるかもしれません。

     

    例えば担当者に「○○○○万円以上の価格で売れた場合には差額の金額を報酬として差し上げます」と提案をすれば、できるだけ高値で売却するためにより熱心に販売に取り組んでくれるはずです。また買い手の側の担当者に報酬を支払うという方法もありますので、交渉が得意な売主は積極的に検討してみてください。

     

    >>値下げで悩むより担当者への報酬の方が得になる可能性ありの詳細はこちら

     

  • 簡単に仲介手数料を割引く業者には要注意
  • 近年では不動産業者同士の競争が激しくなったことにより、顧客獲得のためのサービスの一環として仲介手数料の割引を行う不動産業業者が増えています。ただし安易に仲介手数料の割引を提案する不動産業者については、くれぐれも注意をしてください。

     

    不動産業者では手数料収入により利益を得ていますので、仲介手数料の割引を提案する不動産業者はどこか他の部分から利益を得ていることになります。多くの場合には広告宣伝費などを削ることで利益を補てんしていますので、結果的に安売りを強いられて売主は損をしてしまうのです。

     

    >>簡単に仲介手数料を割引く業者には要注意の詳細はこちら

     

  • 売却するためには不動産知識が豊富な営業マンのいる業者を選ぶこと
  • 不動産をできるだけ高値で売却するためには、不動産に関する知識が豊富な優秀な担当者がいる不動産業者を選ぶことが重要なポイントになります。一方でしつこい勧誘や営業などを行う不動産業者には、くれぐれも依頼をしないように注意をしてください。

     

    さらにこれまでの販売実績が豊富な不動産業者を選ぶようにすれば、信頼性が高く安心して販売を任せることができるはずです。販売後に不動産に関する不具合などが判明した場合には様々なトラブルの原因となる可能性がありますので、不動産に関するリスクやデメリットなどについてもしっかりと不動産業者に伝えるようにしましょう。

     

    >>売却するためには不動産知識が豊富な営業マンのいる業者を選ぶことの詳細はこちら

一括査定ランキング

一括査定ランキングはこちら

不動産を高値で売却することを希望するのであれば、実際に物件の販売を行う担当者を重視して不動産業者を選ぶようにしましょう。不動産の最終的な売却価額は売り手と買い手の合意により決まることになるのですが、実際には間に立ってお互いの利害を調整する担当者の実力が大きく影響することになるのです。担当者が売主の立場で熱心に販売活動に取り組んでくれれば、それだけ高値での売却が期待できることになります。担当者のやる...

売れない物件はないという格言があります。これは不動産の場合には、値下げをすれば必ず買い手が見つかるということを意味しているのです。しかし不動産販売のプロである不動産業者の担当者であっても、どれだけの値下げをすれば買い手が見つかるのかを正しく判断することは難しくなります。そのような場合には販売担当者のやる気を引き出すために、一定の報酬を支払う方法などを検討してみましょう。担当者のモチベーションが向上...

仲介手数料を安易に値引きする不動産業者については、くれぐれも注意が必要になります。宅建業法により仲介手数料については厳密に規定されています。さらに仲介手数料は主に不動産業者の宣伝費用に充てられることになるため、仲介手数料を値引きする不動産業者に依頼をしてしまうと物件のアピールが不十分になってしまう可能性が高いのです。まずはしっかりとした宣伝活動を行う不動産業者に売却を依頼して、買主に対してしっかり...

不動産の売買契約は、売り手と買い手の合意により成立することになります。ただし売り手は不動産をできるだけ高値で売却したいと考えていますし、また買い手はできるだけ安値で不動産を購入したいと考えていますので、実際には売り手と買い手の間で双方の利害を調整する不動産業者の担当者の実力が重要になるのです。不動産をできるだけ高値で売却するためには、優秀な販売担当者がいる不動産業者に売却を依頼することが必要になり...