営業マンへの別途手数料という方法もあります

不動産を高値で売却することを希望するのであれば、実際に物件の販売を行う担当者を重視して不動産業者を選ぶようにしましょう。不動産の最終的な売却価額は売り手と買い手の合意により決まることになるのですが、実際には間に立ってお互いの利害を調整する担当者の実力が大きく影響することになるのです。

 

担当者が売主の立場で熱心に販売活動に取り組んでくれれば、それだけ高値での売却が期待できることになります。担当者のやる気を引き出すためには、報酬として別途手数料を支払うことが効果的です。今回は別途手数料で営業マンを賢く使いこなすための方法について、さらに詳しく解説したいと思います。物件の売買契約を成立させるための参考として活用してみてください。

物件の売却のために最も効果的な方法は値下げです

住宅を早期に売却するためには、「値下げ」が最も効果的な方法になります。これまでにまったく問い合わせがなかったという物件であっても、値下げをした途端に問い合わせが集まることが多いのです。物件がなかなか売れないという場合には、売却希望価格が高すぎることが原因となっています。買い手が魅力を感じる価格に値下げをすれば、売買契約が成立する可能性は高くなります。

 

報酬として別途手数料を支払うことで営業マンのやる気を引き出すことができます

不動産業界には「売れない物件はない」という格言があります。これはどのような物件であっても、ある程度の値下げをすれば必ず買い手が見つかるという意味なのです。ただし実際にどの程度の値下げをすれば買い手が見つかるのかについては、不動産売却のプロである不動産業者であっても正確に予想することは難しいようです。

 

そのような場合には別途手数料を報酬として支払うことで、営業マンのやる気を引き出すことができます。担当者のモチベーションが不動産売買の成否を大きく左右しますので、住宅を高値で売却するためには別途営業マンに手数料を支払う方法が有効になります。

 

営業マンのモチベーションが向上すれば高値での売却が期待できることになります

固定給で仕事をしている営業マンの場合には物件が売れても売れなくても給料は同額になりますので、「売れても売れなくてもどちらでもかまわない」といった気持ちになってしまうかもしれません。そのような場合に報酬として別途手数料を営業マンに渡すようにすれば、売り手のために頑張ろうという気持ちで物件の販売に取り組んでくれるはずです。

 

一般的な不動産の売却の際に不動産業者に支払う仲介手数料は、ほとんどの場合には多くても100万円程度になります。営業マンにわたるのはそのうちの10万円程度になりますので、さらに別途手数料を受け取ることができれば仕事に対するモチベーションが大きく向上することになるのです。

 

報酬として別途手数料を支払うことで営業マンを賢く使いこなすことができます

今回は別途手数料で営業マンを賢く使いこなすための方法について解説しましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容について簡単にまとめてみると、以下のとおりとなります。

 

  • ほとんどの不動産は値下げをすることで買い手が見つかります
  • 別途手数料を支払うことで営業マンのやる気を引き出すことができます
  • 営業マンのモチベーションが高まればそれだけ高値での売却を期待することができます

 

信頼できる担当者がいる不動産業者を探すためには、インターネットの不動産一括査定サイトを活用しましょう。不動産一括査定サイトでは物件の見積もりを複数の不動産業者に一度にまとめて依頼することができますので、査定額や担当者の対応などを実際に比較しながら最適な不動産業者を検討することができるのです。

 

特に担当者の対応などを重視するようにすれば、売り手の立場に立って販売をすすめてくれる不動産業者を選ぶことができるはずです。安心して販売を任せることができる担当者がいる不動産業者を、積極的に探してみてください。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら