仲介手数料を安易に割り引く業者には注意が必要です

仲介手数料を安易に値引きする不動産業者については、くれぐれも注意が必要になります。宅建業法により仲介手数料については厳密に規定されています。さらに仲介手数料は主に不動産業者の宣伝費用に充てられることになるため、仲介手数料を値引きする不動産業者に依頼をしてしまうと物件のアピールが不十分になってしまう可能性が高いのです。

 

まずはしっかりとした宣伝活動を行う不動産業者に売却を依頼して、買主に対してしっかりアピールをして物件について知ってもらうことが重要になります。今回は安易な値引きを提案する不動産業者に依頼をしてしまうとどうなるのかについて、さらに詳しく解説してみたいと思います。不動産の売却で損をしないために、是非とも参考にしてみてください。

 

仲介手数料の値引きを提案するのは中小の不動産業者であることが多いようです

仲介手数料の値引きについては、特に中小の規模の小さい不動産業者が提案することが多いようです。大手不動産業者の場合には、仲介手数料の値引きを提案することは少なくなっています。

 

大手不動産業者の場合にはある程度の費用をかけて宣伝活動を行っていますし、さらに税理士やファイナンシャルプランナーなどの各分野の専門家との提携を行っていますので、収入源となる仲介手数料についてはしっかりと規定の金額を請求するのです。

 

仲介手数料を値引きした分だけ宣伝費用などが削られることになります

不動産業者は不動産の売り手や買い手からの仲介手数料により、自社の利益を確保しています。そのため仲介手数料の値引きをした場合には、その分だけ不動産業者の利益は減少してしまうことになります。

 

ただし実際には不動産業者では宣伝費用などを削ることにより、自社の利益をしっかりと確保しています。仲介手数料の値引きをした分だけ売り手に対するサービスが減少するため、結局はしわ寄せにより売り手が不利になってしまうのです。

 

仲介手数料の値引きを提案する不動産業者に依頼をすると結局は売り手が損をしてしまうことになります

仲介手数料の値引きをする不動産業者に依頼をしてしまうと、結果的に買い手を見つけることが難しくなります。仲介手数料の値引きをする不動産業者ではその分だけ宣伝費用を削っていますので、買い手に対するアピールが不十分になって物件に関する情報が伝わらなくなってしまうのです。

 

仲介手数料の値引きをする不動産業者は一見するとお得で有利に思えるのですが、実際には仲介手数料の値引き分以上に物件の販売価格を値引きすることが必要になりますので、最終的には売り手が損をしてしまうことになるのです。

 

仲介手数料の値引きを提案する不動産業者にはくれぐれも注意が必要になります

今回は安易な値引きを提案する不動産業者に依頼をしてしまうとどうなるのかについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容を簡単にまとめてみると、以下のとおりとなります。

 

  • 仲介手数料の値引きを提案するのは中小の不動産業者であることが多いようです
  • 仲介手数料の値引きを提案する不動産業者は宣伝費用などを削ることで自社の利益を獲得しています
  • 仲介手数料の値引きを提案する不動産業者に依頼をすると結局は売り手が損をしてしまうことになります

 

不動産を高値で売却するためには、広告宣伝に力を入れている不動産業者に依頼をすることが必要です。広告宣伝に力を入れている不動産業者に売却を依頼すれば、それだけ多くの買い手に物件のことを知ってもらうことができます。広告宣伝に力を入れている不動産業者を探すためには、インターネットの不動産一括査定サイトを活用してみてください。

 

不動産一括サイトを活用すれば複数の不動産業者に同時に見積もりを依頼することができますので、査定額や担当者の対応などを参考にしながら最適な不動産業者を選ぶことができるのです。買い手に対して物件をしっかりとアピールすることができれば、それだけ物件を高値で売却できる可能性も高くなるはずです。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら