担当者への報酬は安易な値下げよりもお得かもしれません

売れない物件はないという格言があります。これは不動産の場合には、値下げをすれば必ず買い手が見つかるということを意味しているのです。しかし不動産販売のプロである不動産業者の担当者であっても、どれだけの値下げをすれば買い手が見つかるのかを正しく判断することは難しくなります。

 

そのような場合には販売担当者のやる気を引き出すために、一定の報酬を支払う方法などを検討してみましょう。担当者のモチベーションが向上すれば、物件を高値で販売するために積極的に取り組んでくれるはずです。今回は販売担当者に報酬を支払うことで得をするための方法について、さらに詳しく解説したいと思います。値下げをするよりもお得になりますので、積極的に検討をしてみてください。

 

相場価格よりも割高な売却希望価格を設定する売り手が多いようです

不動産を売却する際には、高値での売却を希望する売り手が多いようです。売り手は売却希望価格を自由に決めることができるのですが、売り手には売却を希望する物件に対して様々な思い入れなどがありますので、実際の相場価格よりも割高な売却希望価格を設定することが多くなります。

 

しかし相場価格が2500万円程度の物件を3000万円で売り出してもなかなか買い手は見つかりませんし、さらに買い手は売り手が考えるよりもさらに厳しく価格をチェックしてしますので、売買契約を成立させるためには値下げを検討することが必要になるのです。

 

高値で売却するために一定の報酬を販売担当者に支払う方法を検討してみましょう

そのような場合には値下げを検討するだけではなく、一定の報酬を販売担当者に支払う方法についても検討してみましょう。「○○○○万円以上で売れた場合には報酬として差額の金額を差し上げます」などと担当者に提案をすれば、担当者はできるだけ高値で売却するために積極的な販売に取り組んでくれるはずです。

 

値引きをすれば早期の売却が期待できるのですが、担当者に報酬を支払う方法であれば高値での売却が期待できますので、結果的に売主にとっても有利になることが多いのです。

 

買い手の側の販売担当者に報酬を支払うという方法もあります

さらに買い手の側の担当者に報酬を支払うという方法もあります。買い手の側の担当者は買い手のためにできるだけ物件を安く購入しようとするのですが、売り手からの報酬が期待できるのであれば高値での売買契約の成立のために協力してくれるかもしれません。

 

ただしこの方法では難易度が高い交渉が必要になりますので、あまり自信がないという人はくれぐれも慎重に判断するようにしましょう。交渉ごとに自信がある人や、積極的な販売に取り組んでみたい人などは、ぜひともチャレンジしてみてください。

 

報酬として別途手数料を支払うことで営業マンを賢く使いこなすことができます

今回は販売担当者に報酬を支払うことで得をするための方法について解説しましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容について簡単にまとめてみると、以下のとおりとなります。

 

  • 割高な価格での売却を希望する売り手が多いようです
  • 一定の報酬を販売担当者に支払う方法についても検討をしてみましょう
  • 買い手の側の販売担当者に報酬を支払うという方法もあります

 

固定給で仕事をしている販売担当者の場合には、物件が売れても売れなくてもどちらでもかまわないという気持ちになりがちです。別途手数料を報酬として販売担当者に渡すようにすれば、売り手のために頑張ろうという気持ちで物件の販売に取り組んでくれるでしょう。

 

販売担当者の仕事に対するモチベーションが大きく向上すれば、それだけ高値での物件の売却が期待できることになります。信頼できる担当者がいる不動産業者を探すためには、インターネットの不動産一括査定サイトが役立ちます。担当者の対応などを実際に確認することができますので、販売に熱心に取り組んでくれそうな担当者がいる不動産業者を選んでみてください。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら